すごい人

2017.03.31 Friday

0

    JUGEMテーマ:人生論

    中学3年の受験を控えた期末テスト期間中のある日。

    クラスで友人達と雑談をしていると

    今日のテストのために昨日何時間勉強したかの話になった。

    私は当時、部活だけやって勉強をしてこなかった焦りもあり、

    1日3時間は勉強するようになっており、そのことは自分の中で

    自信をもっている所だった。

    みんなが口々に1,2時間勉強したかを言い始めたので、

    ここで自信満々に言ってやろうと待ち構えていた。

    言おうとした直前に現在アメリカでスピーカーの研究をしている

    今でもやり取りをしているある友人が暗い顔をして

    「10時間しか勉強できなかった」と言った。

    彼の性格からして、自慢しようとかではなく、自分を恥じて

    言っていることが伝わってきた。

    私は口を開けたまま、恥ずかしさ、くやしさ、情けなさ、等の

    いろんな感情が駆け巡り、何も言えなかった。

    あれから何十年も経つがいまだにそのことは鮮明に覚えている。

     

    話は変わって、先日、大阪新美術館の公開プレゼンテーションを

    拝聴しに行った。

    残念ながら選ばれることはなかったが、以前から敬愛の念を抱いていた

    槇文彦氏のプレゼンテーションを一番の楽しみにしていた。

    若い時からこの業界の先頭を走り、

    高齢になった今もなお、先頭を走り続けている。

    そして、たまたま昨日、本屋で建築の本を物色していると、

    槇氏のインタビュー記事が本に掲載されており、

    よく見るテレビ番組が「情熱大陸」、「プロフェッショナル」とおっしゃっていた。

    !?

    私と全く同じだ。

    設計の能力は天と地ほどの差があることは分かっているし、

    見るテレビ番組が同じだから何なんだという所もあるが、

    設計に関して敬愛する人と同じ方向を向いているような気がして

    とてもうれしかった。

     

    世の中にはすごい人達がいる。

    そして、彼らは彼らの居場所で彼らなりの最大限の努力をしている。

    私のできることはたかが知れている。

    だが、そんなすごいと思える人達にいつか追いついて、追い越して行きたい。

    そんなことを日々、考えている。

    内部解体工事1

    2017.03.29 Wednesday

    0

      JUGEMテーマ:建築・設計・デザイン

      今日は進行中のリフォーム工事の内部解体工事の初日である。

       

      外部の外構やアプローチタイルの解体工事は完了。

      大きな庭石や古いカーポート等があったが、

      きれいさっぱり解体撤去されていた。

       

      解体予定の部分が赤ペンキで印をしている。

      図面内容や工務店さんとの打合せ通りになっているか、

      家の中を確認していった。

       

      一番奥の和室の解体風景。

      和室から解体が始まっており、

      壁の中が一部見える状態になっていた。

      計画時には情報が確認申請に提出されていた図面と

      現地調査の資料しかなかったので、

      その内容を元に計画を進めていた。

      ただ、点検口等もなかったので、

      天井、壁、及び床の中は分からない状態だった。

      図面通りに筋交いが入っていたが、やはり30年前の物件なので、

      金物補強はなされていなかった。

       

      内部解体後に構造設計者と現地で打合せし、

      構造補強等を計画のまま進めていってよいかを検討した上で

      工事を進めていく予定である。

       

      工事前の事前確認

      2017.03.22 Wednesday

      0

        JUGEMテーマ:建築・設計・デザイン

        今週後半からリフォーム工事の解体工事が始まる。

        先日、建築主・設計者・施工者の3者で現地で

        打合せをし、現場に置いている家具等の扱い等を決めていたが、

        その通りになっているか、さらに解体前の全体の確認のために現地を訪れた。

         

        処分する家具、保管する家具等。

        建築主側で打合せ通りまとめて頂けていた。

        しかし、置く場所が打合せ内容と一部違っており、

        また、処分するのか保管するのか

        分からない家具もあった。

        念のため、建築主にそれぞれ内容を確認し、

        その旨を工務店に伝えた。

         

        設計者の仕事はあくまで図面を書くことである。

        そして、図面通りに現場が進んでいるかを確認することである。

        しかし、建築主と施工者の中間の立場にいる設計者が

        影ながらの努力をすることで完成した建物が

        きっとより良いものになると私は信じている。

         

        次回来る時は外構部分の解体が終わり、

        内部の解体が始まっている頃である。

        毎日は来れないが、より良い建物になるように

        自分のできることを一つずつしっかりやっていきたい。

         

        家具屋巡り1

        2017.03.19 Sunday

        0

          JUGEMテーマ:建築・設計・デザイン

          これから着工するリフォーム工事の建築主より

          計画の内装に合う家具をコーディネートしてほしいとの要望を頂いた。

          建築と家具は非常に近い関係ながら、

          これまで私の方でアドバイスをすることはあっても選定したことはなかった。

          これは家具を知るのに良い勉強の機会、と思い、

          今回の計画に合い、かつ、気になる家具屋を調べ、

          何回かに分けてそれぞれの店に足を運ぶことにした。

           

          今日は神戸で2店舗に足を運んだ。

          まず1店舗目に足を運んだが、店に入ることなくそのまま立ち去ってしまった。

          ネットでその店のページを見る限り、とても印象が良かったが、

          実際に店の前に立って見渡す限り、

          量販店の家具の多少良くなった程度の家具しかなく、

          やはり足を運んで実物を見てみないと怖いと思った。

           

          2店舗目は「BoConcept」

           

          ダイニングテーブル、ソファ、チェア。

          今回のリフォームの計画はほぼ1階の内装のみである。

          また、木やタイルの素材感を感じられるように計画している。

          そのため、家具も素材感が感じられるようなものを今回探している。

          北欧のメーカーだけあって、デザインはシンプルながら

          素材感も感じられ、モダンな印象であった。

           

          選択できるファブリックやレザーのサンプル。

          一部の家具はイメージに合わせて仕上げを選択できるので、

          内装の計画に合わせることができ、これは長所だと思う。

           

          一通り、見学させて頂いたが、全体の印象として

          都市部の高層マンションの眺望の良い部屋のイメージが湧いた。

          今回のリフォームは戸建てなので、やや方向性が違うかなとも思ったが、

          候補として考えたいと思う。

          今後、訪れる家具屋とイメージ、金額、素材感等を比較した上で決定していこうと思う。

           

          リフォーム工事の準備

          2017.03.16 Thursday

          0

            JUGEMテーマ:建築・設計・デザイン

            以前に遠方にお住まいのお客様からリフォーム工事の依頼があり、

            メールや電話を主な手段として打合せを進めていた。

            そして、去年末の時点で設計も終え、工務店との契約も締結済であったが、

            この1年以内ぐらいにご主人の異動の辞令があるので、

            それに合わせて工事を行うように予定していた。

            しかし、諸事情により今月から工事を始めることになった。

             

            現場で図面を拡げてお客様に計画内容の最終確認。

            今日は工事を始めるにあたって、近隣挨拶を行い、

            現場で建築主・設計者・施工者が一同に会し、

            計画内容の確認を図面や主な部分のパース等を見ながら

            確認していった。

             

            LDKの全景。

            築30年で空家になって約3年。

            こまめに空気の入れ替え等をして頂いていたので、

            建物の傷みはあまり見られないが、それでも全体的に古びた印象である。

            これから工事が始まるが、お客様は次に現場を見るのは完成後。

            通常はこまめにお客様と現場を確認していくことが多いが、

            今回はそれが難しいので、いつも以上に丁寧な仕事をしていこうと思う。