最終のプレゼン

2017.08.13 Sunday

0

    JUGEMテーマ:建築・設計・デザイン

    今日は先日直接お会いして聞き取りをしたお客様に

    最終のプレゼンをするために滋賀へ向かった。

     

    電車からの眺め。

    街中を離れ郊外へ。

    前回お会いした時点で10数社の設計事務所の依頼先候補があり、

    その中で4社程度に絞っているとお話しされていた。

    今日のプレゼンで最後の1社になるかどうかと考えていたので、

    決まらなくても当たり前と考え、精一杯プレゼンをやり切れるように

    車内でも再度プレゼン内容の確認をしていた。

     

    帰りの電車待ちのホーム。

    夏のからっとした空が眩しすぎて、頭がくらくらしていた。

    プレゼン結果はと言うと、今日の時点で最終候補の2社になった。

    ただ、駅に着いてお会いしての第一声が

    「謝らなければならないことがあります。」とのこと。

    滋賀まで来たけど別の設計事務所に決まってしまったのかと思ったが、

    今月末には土地契約が完了する予定だったが、

    仲介業者の対応がいろいろといい加減らしく、

    結局、土地の契約を取り止めたとのこと。

    申し訳ないですが再び土地を探す所から始めます、と恐縮しながら話してくれた。

    本来なら今日で良くも悪くも結果が出るつもりでプレゼンに臨もうとしていたので、

    多少拍子抜けしてがっかりした気持ちもあり、

    しかし、10数社から最後の2社まで残ったことをうれしくも思い、複雑な心境だった。

    さらに帰りはJRの得意技である人身事故で

    エアコンは効いていたが、止まった列車に1時間半閉じ込められていた。

    今日はいろんな意味でお腹いっぱいな感じだったので、

    車窓を無言で眺めながら電車に揺られて帰路に就いた。

     

     

     

    意外なところで

    2017.08.10 Thursday

    0

      JUGEMテーマ:建築・設計・デザイン

      現在打合せ中の方の概算見積が先日工務店より出てきたが、

      全体的に予想よりも高く、特にフローリングが高かった。

      今日は以前にお世話になったフローリング等の無垢材を

      主にネット販売している会社の方と打合せを行った。

       

      こちらからの要望で準備してもらったナラ材のエージング加工しているフローリング。

      次回の打合せで建築主にも確認してもらうが、

      おそらく希望する仕様の無垢材だった。

      金額も2〜3割は当初仕様よりも安くなりそうなので、

      他の仕様との兼ね合いもあるが、採用可能性はありそうだ。

       

      打合せも終わり、雑談をしていると、

      「田中さんのブログ、見てますよ。」とのこと。

      その方とは以前に1回しかお会いしていないが、

      私のブログを見ていることに驚いた。

      そして、「他の設計事務所に比べて、

      お客さん対応や現場をきっちり監理されてますね。」と褒めてもらった。

      その方は設計事務所はもちろん、個人の一般ユーザーともやり取りしているので、

      話は上手で接客にも慣れているので、お世辞の部分もあると思うが、

      設計事務所と工務店とのやり取りの大変さや、

      建築主との共通理解を作ることの重要性、等

      この業界を知らないと分からない、いろいろな苦労を踏まえた上で褒めてもらった。

      意外な所で意外な人からの励ましだったが、

      私なりに筋を通して仕事をしていることが他人にも伝わる実感を持てて

      なんとなくうれしい気持ちになった。

       

      木造耐震診断資格者講習

      2017.08.08 Tuesday

      0

        JUGEMテーマ:建築・設計・デザイン

        去年は、熊本地震で実家が全壊し、

        また、築30年の家のリフォームをする機会があり、

        それらを建築的に解決する方法を探していた。

        その中で日本建築防災協会が発行している

        「木造住宅の耐震診断と補強方法」という本にたどり着いた。

        さらに、耐震診断士という資格があることも知った。

        耐震診断士の講習会は関西では年に1,2回程度しか行われておらず、

        去年は気付いた時点でその年の分は終わっていた。

        今年はいつから募集するかを事前に調べ、

        今日、その講習に行ってきた。

         

        大きなホールだったが、約200人以上が講習に来ており、

        ほぼ満席だった。

        設計者のみならず、施工者らしき人も来ていた。

         

        ただ、内容はほぼテキストを読んでいく感じで、

        朝から夕方まで同じペースだった。

        去年、実際の建物で、手掛かりが本だけの状態で四苦八苦して

        理解して耐震診断した私からすると、

        あまり新たな発見もなく、多少物足りなかった。

         

        私は意匠設計を専門にしているので、

        今後もあまり構造に関わることはないかもしれない。

        しかし、木造の場合は全部が全部、構造設計者に依頼できない場合もあるだろうし、

        一般の方からすると、一級建築士なら意匠、構造、設備のことを知っていて

        当たり前とも思われているかもしれない。

        私の建築士としての幅をもっともっと広げたいと思う。

        外構工事完了

        2017.08.02 Wednesday

        0

          JUGEMテーマ:建築・設計・デザイン

          建物のリフォーム工事が完了し、

          建築主の引っ越しも終わった現場の外構工事が完了した。

           

          道路側からの庭の全景。

          シャッターや門扉を取っ払うことで

          閉じていた庭を開放的なものに変更した。

           

          和風の庭はやめたいというのが一番の建築主の要望で

          かつ、予算内にとのことで、かなりシンプルだが、

          ほぼウッドデッキのみという外構になった。

           

          約5.4m×3mのウッドデッキ。

          室内の幅よりもウッドデッキの方がより幅広なので、

          室内がさらに広がる感じがする。

          シンプルではあるが、これはこれで気持ちの良い外構になった。

           

          今日でこのリフォーム工事も一段落した。

          今のところ、不具合等もないとのことだ。

          心配の種のエアコンも問題なく動いているとのこと。

          次回は今月中旬に写真撮影で再びお伺いするので、

          その時に再度の確認をしたいと思う。

          エアコン、エアコン、エアコン・・・

          2017.07.30 Sunday

          0

            JUGEMテーマ:建築・設計・デザイン

            引き渡し済のお客様がご自分でシンボルツリーを植えることになっていた。

            夏前には既に植えられていたが、梅雨明けに見せて頂くという話になっていた。

            今日はその植栽を見に約半年ぶりにご自宅へ伺った。

             

            打合せ中にはいろんな樹種の候補が出たが、最終的にはアオダモになった。

            野球のバットの素材にも使われるアオダモだが、

            ご自身が野球を今もされていて、息子さんが将来野球はしないとしても

            シンボルツリーとして植えたいとのことだった。

            このお客様らしいご意見だと思った。

            まだ、2m程度で小さいが、あと数m成長すれば

            この家に彩りを与える存在になりそうである。

            外壁のレッドシダーもまだ半年しか経っていないが、

            すでに当初の赤身がかった木の色が薄まって白っぽくなっていた。

            ここ数年で徐々に灰色になってくるはずである。

            塗装をすればある程度の美観性は復活するし、

            その経年劣化を味わえるのは自然素材ならではだと思う。

             

            すでに乾燥していて分かりにくいが、中央に水浸み跡。

            今日は植栽を見に行くのも目的であったが、

            それ以上の目的が今週に起きた水漏れの状況確認である。

            今週の晩に突然、施主から連絡があり、

            「1階の天井から水が滴っており、エアコンが原因のようです。」との連絡があった。

            まずは工務店に連絡し、翌日、エアコン設置業者にも連絡をし、

            その日の内に原因が分かった。

            エアコンの排水ドレインの接続不良、とのことだった。

            排水の管がちゃんと接続されていなければ、当然、水は漏れてくるが、

            そんな初歩的なミスは今までに聞いたことがなかった。

            引き渡し前にもエアコン設置業者のブローイング不足で不具合があったが、

            半年経って、水漏れし、しかもその原因が接続不良とは。

            さらにそのエアコン設置業者はお客様からの連絡に対し、

            「こちらの設置は問題ないのだから、工務店の方で対応してもらってください。」

            と言ったらしい。

            一連の話をお客様から聞いているうちに、心底腹が立ってきたが、

            お客様としては原因が分かってちゃんと対応してもらえる、ということで

            エアコン設置業者にはこれ以上何も言わない、とのこと。

            このエアコン設置業者はこのお客様に足を向けて寝ないでほしいと本気で思った。