プラン作成

2017.06.29 Thursday

0

    JUGEMテーマ:建築・設計・デザイン

    この2週間、実現予定の建物や実現の可能性は低い建物を含め、

    5軒のプランを行っている。

    会社員時代を含め、この短期間に5軒分もプランをやったのは初めてだ。

     

    カフェで手書きでプランや室内空間の計画を検討中。

    法律の勉強もプランの検討も基本的にカフェで作業を行う。

    家や事務所では同じことをやろうとしても集中力が続かない。

    大学の頃から集中して行う作業的なことはカフェでいつも行っている。

    程よい雑音と周りに人がいる中でだらけることができないからだと思う。

    ただ、昼時の時間帯や土日には行かないようにして、

    一応はカフェ側にも気を遣っている。

     

    昨日はカフェ2軒をはしごして、

    プランはすでにおおよそ決まっている方の

    室内計画を練っていた。

    今日はカフェ3軒をはしごして、新規のプランを完成させ、

    さらに構造設計者との打合せまで行ってきた。

    2日でカフェ5軒は過去最高だ。

     

    また、プランや検討をする際には最近は必ず手書きで行うようにしている。

    最終はパソコンのCAD上で仕上げるので、

    最初からCADで行った方が効率が良いし、以前はそのようにしていた。

    ただ、どうしてもパソコン上のみで検討、作図すると

    空間のボリューム感が掴みにくく、やっつけ仕事になりがちだった。

    今はいかに質の高い建物を設計できるか、が何より重要と考えているので、

    時間の許す限り、手書きで検討を十分に行った後、パソコン上で仕上げのみ行っている。

    事務所開設から1年を過ぎ、手書きで検討していても良い期間、

    模型やCGで検討・確認をするタイミング等、

    自分なりの流れが作れていっている気がする。

    それぞれの作業の精度を上げ、より設計の仕事の質を上げていきたいと思う。

    仕上げ工事の途中

    2017.06.28 Wednesday

    0

      今日も進行中のリフォーム工事の現場確認に行ってきた。

      工事監理としては来週が最終となる。

       

      玄関正面のアクセントの木製パネル。

      壁や建具は白い色が多いので、

      完成時にはきっと映えるだろう。

       

      LDKも家具工事で家具を設置する所以外はクロスがほぼ仕上がった。

      今日は天気は悪かったが、

      やはり石膏ボードの時よりも部屋が明るく感じられた。

       

      パントリーの様子。

      今回の内装はチェリー、ウォールナット等のやや濃い目で色合せをしている。

      そのため、造作の棚や棚板も近似色で統一している。

      また、素材感を出すために塗装もオイルステイン系の

      木目を多少感じられる仕上りにしている。

       

      トイレや洗面室の人工大理石のカウンター。

      ボウルも一体成形で作っているため、

      見た目もすっきりしているが、

      何より掃除もし易いと思う。

       

      2階の各部屋の様子。

      今回、2階は洗面、便器の更新と

      壁・天井のクロスの更新を行っている。

      施工前は壁や天井が一部変色したり、

      クロスが剥がれている部分もあって

      築年数を感じさせる状態だったが、

      クロスを張り替えるだけでも美観性はかなり増した。

       

      建物工事完了後に外構工事もすぐに始まるが、

      来月上旬には建物の施主検査を行うので、

      そこでいったんの区切りを迎える。

      その後すぐに建築主の引っ越し等も控えているので、

      まずはそこまでがスムーズに進むように段取りしていきたい。

       

       

       

       

      平成29年司法試験予備試験短答式結果

      2017.06.27 Tuesday

      0

        JUGEMテーマ:法律

        今日、予備試験の短答式の結果通知があった。

        結果は分かっていたが、多少落ち込んでいる自分に驚いた。

        今年は270点満点中、160点以上が合格で

        平均点は130点、私は112点だった。

        受験者数は毎年増加していること考慮すると

        わずかながら今回の4回目の受験が一番良かった結果だった。

        しかし、毎年自分なりに工夫してやってきてはいるが、

        実際に結果を目の当たりにし、なんとも言えない憂鬱な気分になった。

        ただ、法学部の時の友人三人が学生もしくは無職の専業受験生で約10年勉強してきて、

        その内、一人しか受からなかったことを考えると、

        自分の設計事務所を立ち上げ、その業務でバタバタしている中で、

        すぐに結果が出るのではと考えること自体、土台無理がある。

        11か月後にはまた試験がある。

        今の状況に合わせた勉強方法、内容、手段でやっていくしかない。

        まだ落ち込むだけの前へ向かう意思があるだけましかもしれない。

        まずは、芦部信喜「憲法」を一から読んでいく。

        何事も基本を大切に、一歩ずつ。

         

         

        大工工事終了、仕上げ工事へ

        2017.06.21 Wednesday

        0

          現場確認及び外構工事の打合せのため、今日も現場へ向かった。

           

          一部の造作工事を除き、石膏ボード張り工事は終わり、

          クロス屋さんのパテ処理が行われていた。

          ぱっと現場を見渡す限り、精度よく作ってもらっている感じなので、

          クロス張りも作業をし易いと思う。

           

          キッチンの全景。

          右側の独立壁にはモザイクタイルを張る予定。

          タイルに半端ものが入らないように

          約2.5cmのタイル割りに合わせた寸法で下地を作ってもらっている。

          カウンター周囲と天井はウォールナットの板材。

          今ではウォールナットに似せた

          プリント合板やシート材は各メーカー出しているが、

          これは本物のウォールナットの木を薄く削いだものを

          表面に張り付けている。

          シート材等の製品を使った方が予算は抑えられるし、

          施工も楽だが本当の素材感のあるものを使った方が

          やはり空間の質は上がる。

           

          定例会後、各職人さんが自分の持ち場に戻って作業する様子。

          今日は塗装仕様・箇所等の質疑回答を行い、

          工務店からの質疑はこれでほぼ出尽くした。

          あと3週間程度でリフォーム工事が完了する。

          今回、リフォーム設計を初めて行った。

          現地調査から始まり、工事範囲確定、解体、構造検討、納まり検討、と

          短期間でばたばたしたし、不慣れな内容もあったが完成が見えてきた。

          新たな知識を手にすることが出来たし、

          新築とは勝手が違ったが、リフォームはリフォームなりの流れを掴むことができた。

          過去、自分なりに設計がうまく行っている時、

          工事監理時にわくわくするような気分になることがあったが、

          今日はその気分がふつふつと湧いてきたので、

          きっと良い仕上がりになるだろう。

           

           

          プロポーザル提出

          2017.06.16 Friday

          0

            募集していたプロポーザルの提案図書を今日提出してきた。

            本当はもっと余裕を持って提出するつもりだったが、

            結局、一昨日、昨日はほぼ徹夜で

            さらに提出がぎりぎりになってしまったので、

            週末も配達してくれる神戸中央郵便局まで行ってきた。

            こんなに徹夜をしたのは卒業設計以来だろうか。

             

            提出前の提案図書。

            プレゼンソフトとして、Photoshop・Illustrator・Shadeを使っているが、

            久しぶりにプレゼンするにあたって、

            自分のソフトの使いこなせていない状態に愕然とした。

            また、今回このプロポーザルをやって思ったのは、

            住宅以外の用途を急にプランしてもうまく行かないことや、

            ちゃんとしたプレゼン自体に慣れていなくて、

            どのようにまとめて良いかがよく分かっていないことに気付いた。

             

            今回のプロポーザルは全国から700組の応募があるらしい。

            その中から1組だけ選ばれるので、倍率は700倍だ。

            今時そんな倍率の事柄自体、思い浮かばないが、

            そんなわずかな可能性に目がけて700組も応募していることに驚いた。

            お金にもならないことにそれだけの応募があることに

            この業界も捨てたもんじゃないように思った。

            慣れないことをすることでいろんなことに気付かされたので、

            時間も労力もかかるが、これからも挑戦していきたいと思う。