原点とは

2017.11.25 Saturday

0

    JUGEMテーマ:人生論

    先日、同じ設計をしている知り合いから連絡があり、

    会社の仕事を手伝ってほしいとの話があった。

    現状は忙しく手伝う余裕がないことを伝えたが、

    まずは来て話をしようとのことで、

    その知り合いが勤めている会社へ向かった。

     

    話としては、住宅の設計図書作図や申請を下す等で単発で手伝ったり、

    さらには、週の半分を契約社員のように来てお客様と打合せも行い、

    それに対してある程度の給料並みのお金も払うことを伝えられた。

    その知り合いの手帳を見せてもらったが、

    1週間分の予定が休日以外はびっしりと打合せで埋まっていた。

    また、参考に現在打合せ中の方の図面や着工中の図面も見せてもらったが、

    この図面でよく建つな、と思える程度の図面精度で

    その人の設計力を考えれば図面を書く時間もないぐらいに

    本当に困っていることが伝わった。

    ただ、給料は良いらしく大変ながらもなんとか踏みとどまっている感じだった。

     

    帰り道にいろんなことを考えた。

    去年の春から自分の設計事務所を始めて

    ありがたいことに常に忙しい状態が続いている。

    ただ、頭の片隅では仕事に対しての入出金や銀行の貯金額の計算を

    大げさではなく毎日している。

    常に不安が付きまとう。

    当たり前の話だが、仕事が入ってこず、貯金がなくなれば

    事務所を継続することができない。

    それで終わりだ。

    それが怖いから紹介やコンペ等で私の事務所が主体の仕事をメインに考えつつも、

    単発で知り合いの会社の手伝いで下請けとして設計をしているのも事実である。

    もちろん下請けだからといって手を抜くことはないが、

    私の事務所が主体の仕事に比べ、いろいろな条件が決まっているので、

    勝手なことはできない。

    さらに下請けレベルの対価しかもらえない。

     

    知り合いから提示のあった給料並みのお金は毎月もらえるので、

    毎日の不安から解放されるのはうれしいとも思った。

    ただ、週の半分をある種のルーティーンに費やしても良いのだろうかとも思った。

    お金面で安心はできても、いろいろなことを勉強し挑戦する時間もかなりなくなってしまう。

    迷った時は原点に戻る、ということで、そもそも私が設計事務所を始めた理由を考えた。

    ホームページにも書いているが、

    「建築のプロフェッショナルとして、新たな価値観を提案する」ことを目標として事務所を始めた。

    ただ、これはこれで本当にそう思っているが、さらに根源を考えてみた。

    一つは設計に限らず、今までの人生経験上、自分の行為で他人に喜んでもらうのは

    とても幸せな気分になるということである。

    老人に席を譲ってお礼を言ってもらった、バイトでおいしいコーヒーをいれてお客さんが笑顔になった、

    自分なりに納得いく設計を行い建築主に褒められた、等。

    そして、設計を志したのは確か本屋で立ち読みしたインテリア雑誌で

    椅子とか建物とか設計するのはかっこいいな、と思ったことがきっかけだったと思う。

    その後、設計事務所はこじんまりとしている所が多いけど、

    自分のペースでこつこつと仕事をしていることを知り、

    そんな仕事の仕方も憧れるなと思った。

    結局、かっこいいと思える仕事で人に喜んでもらえることに憧れたから

    今の自分がいるのだと思った。

     

    話は変わるが、今年はまだ終わっていないが、今年一番悔しく思ったことがあった。

    参加要件の厳しくないプロポーザルには積極的に参加しようと考えているが、

    先日、要件が厳しくない、木曽町役場本庁舎・防災センターの設計プロポーザルがあった。

    しかし、自分の仕事としてのプレゼンの数が多く、

    また着工の準備等でそれどころではなく提出することを断念していた。

    ただ、1次審査通過者の名前を見ると、坂茂氏を始め、

    以前から注目していた有名な設計者達の名前が連なっていた。

    もちろん、提出した所で全く歯が立たなかった可能性の方が大きかったとは思うが、

    そんな人達と競うことができなくて本当に残念だと思った。

    そして、そういうことに悔しがっている自分に対して

    安心やルーティーンではなく、常に挑み、戦い続けることに価値を見出しているのだと思った。

     

    結局、その知り合いからのお誘いは断ることにした。

    不安は軽減できただろうが、そんな仕事をしている自分がかっこいいとは思えないし、

    挑み、戦い続ける時間を確保する方を優先したかったからである。

    また不安な日々と付き合うことにはなったが、

    改めて、何故、自分が設計事務所をしているかの再確認や

    何が好きでどうして行きたいのかを再発見することができて良かったと思う。

    不安を笑い飛ばし、表情も変えずに挑み、戦い続けていく自分に早くなれるように

    努力を積み重ねていきたいと思う。

     

    RC造事務所のプレゼン依頼

    2017.11.23 Thursday

    0

      JUGEMテーマ:建築・設計・デザイン

      先日、知り合いから連絡があり、

      その知り合いの勤めている会社が

      RC造事務所の建設計画を進めているとのこと。

      その会社の社長とも話す機会を頂き、

      簡単な要望を伺い、後日プレゼンすることになった。

       

      計画敷地の確認。

      中央のタイル張りの古家を解体し、

      RC造5階建ての事務所の計画を行う。

       

      今年は夏から住宅以外の特殊建築物のプレゼンは

      プロポーザルや紹介等も含め、6件目である。

      ただ、まだやり取りをしている案件もあるが、

      未だ契約に至った案件はない。

      住宅に比べれば、規模も大きいし、その求められている用途を

      素早く理解し、最新の動向も押える必要があるので、

      プレゼンとは言え、かなりの労力と時間がかかる。

      もちろん徒労に終わる可能性の方が高い。

      だが、やっていて一番思うのは、良い勉強にはなる。

      今回は夏から連続する6回目のプレゼンということもあって、

      条件を見ただけでボリュームと工事金額は大体想像がつくようになった。

      今は結果は出なくても、いつか腕を振るうべき時のために

      予行演習として手を抜かずにしっかりプレゼンに臨みたいと思う。

      埋蔵文化財の試掘

      2017.11.22 Wednesday

      0

        JUGEMテーマ:建築・設計・デザイン

        今日は朝から埋蔵文化財の試掘の立会いのため、

        先日更地になった現場へ向かった。

         

        建物の建つ位置を計測して、掘る準備をしている所。

        埋蔵文化財が埋まっている可能性がある所は

        自治体が試掘、発掘していることは知っていた。

        しかし、建物は100棟以上建ててきたが、

        今回が初めての該当案件だった。

        また、試掘は敷地全体を掘り返すものと思っていたが、

        地盤改良等の工事で深い位置まで土を掘り返したりする所だけで、

        建物が建つ真下のほとんどは調査すらしないとのこと。

        敷地全体で言うと、試掘範囲は10%以下の範囲ではないだろうか。

        考え方としては、地中に埋まっている文化財が工事で壊されないようにすればよく、

        その他はまたいつか別の機会に、ということらしい。

        日本の埋蔵文化財が全て発掘されるのは遠い未来の話である。

        ただ、文化財が出たきた場合は本格的に発掘作業をするので、

        1〜2か月は着工することができない。

        役所からの報告を待つしかない。

         

         

        良いことも悪いことも

        2017.11.17 Friday

        0

          JUGEMテーマ:建築・設計・デザイン

          役所に出している届出の追加書類として

          計画地の登記簿謄本を提出してほしいと連絡をもらった。

          朝から計画地近くの法務局へ向かった。

           

          法務局に到着。

          つい先日も来たばかりだ。

          今回計画地も土地が広く、別途申請が必要なまでの土地面積ではないが、

          本来必要ないが念のため、登記簿謄本を出してほしいとのこと。

          ちなみに、登記簿及び公図を取得するには費用がかかる。

          こちらからすると、提出要件に当てはまらないことに対して、

          ある意味、悪く言うと趣味に付き合わされて、

          さらにお金までむしり取られている気分。

          なんだかやり切れない。

           

          午後から現在着工中の現場へ向かった。

           

          基礎の配筋がほぼ完了。

          地鎮祭の地縄時点で十分大きく感じたが、

          予想通り、配筋時点の方がより大きく感じた。

          ぱっと見た感じは集合住宅が建つのではないかと

          思うぐらいに大きい。

          配筋のピッチ、重ね等もきっちりしてもらっていて、

          仕上がりもとてもきれいだった。

          床下点検口と配管スリーブ位置が被っていたので、

          そこだけ是正してもらった。

           

          地鎮祭の時の鎮め物が丁寧に納められている。

          なんとなく、基礎屋さんがそこへ丁寧にそっと置いた情景が

          イメージできたので、

          改めてこちらもしっかり工事監理をしていかなければ、と思った。

           

          夕方から午前中に手に入れた登記簿謄本を手に役所へ向かった。

          その課とは別の課にも書類を提出する必要があったので、

          先にその課へ向かった。

          「先日、ご指示のあった書類をお持ちしました。」

          「ありがとうございます。

           では、この書類も出してもらって良いですか。」

          「?!。また、来る必要があるということですか。」

          「そうですね。お願いします。」

          「この次回持ってくる書類のことを早めに言って

           もらうことはできなかったんですか。」

          「順番があるので、都度都度、お知らせするしかないんです。

           申し訳ないですね。」

          前回、今回、そして、次回持ってくる書類は内容からすると

          最初に全て言ってもらっていたら、

          こちらからすると1回で話が済む書類である。

          そんな順番通りに仕事をしているのが、

          ある意味、可哀そうにも思い、羨ましくも思った。

           

          いらいらしながら、次の課へ向かった。

          その課へ行くと、事前に電話を入れていたこともあって

          その担当の方がすぐに対応してくれた。

          まだ若い方のようだが、私とのやり取りをしつつ、

          もう一人ともやり取りをしつつ、電話の応対もしていた。

          年配の人達は窓口に並んでいる人に気付いているのかいないのか、

          黙々と机に向かって作業していた。

           

          最近は忙しいので、目の前のことをやりながら、

          次そしてその次にすべきことをイメージしながら

          仕事に取り組んでいる。

          毎日、綱渡りしている気分で働いている。

          今日は法務局も含め、官公庁3課を廻ったが、

          法務局では受付に用事で来ている人が2人ぐらいで

          内部の人は10人ぐらいいて、そのうち6人ぐらいは奥で雑談をして笑っていた。

          役所の一つ目の課では私とやり取りしてくれた人ものんびりしたことを言ったが、

          また、奥ではソファーに座って数人が談笑していた。

          最後の課では窓口の方はバタバタと忙しそうだったが、

          それ以外の人は窓口に人が待っていようがお構いなしな感じだった。

          完全な愚痴だが、今の私の忙しい状況もあって、

          久しぶりに今日出くわしたいろんな人の働き方に腹が立って腹が立ってしょうがなかった。

          もちろん、それぞれの組織のやり方があるし、いろんな事情もあるのだろうが、

          早くAIとIoTの普及をこの日ほど願った日はない。

          煙たがられる意見だとは思うが、

          業種に関わらず、それぞれの人がプロ意識を持って働いてほしいと思う。

          それはみんなのためでもあり、その人自身のためにもなると思う。

          今日は現場でわくわくした気分になれたことが救いだった。

          こんな日もあるよな。

           

           

          信じる者は救われる

          2017.11.11 Saturday

          0

            JUGEMテーマ:建築・設計・デザイン

            先日プレゼンし他の設計事務所に決めたという

            お断りの連絡を頂いた方から再度電話連絡があった。

            とりあえず出てみると、

            「本当に申し訳ないです。こちら側の勘違いでした。

             一度お断りしたのですが、いったん決めた方と田中さんの

             どちらかに依頼したいと考えています。

             一度来ていただけませんか。」との内容だった。

            概算見積の意味合いや設計者と施工者の関係等、

            いろいろと私の知っている限りの話をした上で

            概算見積の金額のみで判断されてしまったので、

            話が通じなかったと完全にあきらめていた。

            ただ、電話の内容のままなら、何故か候補にまだ残っている。

            頭は混乱したまま、今日、建築主宅へ打合せへ伺った。

             

            話を伺うと予算が厳しいので、

            概算予算がちょっとでもオーバーしている設計事務所ははじいて決めたとのこと。

            また、詳細は分からないが、それを選ぶ時に私が話した内容が伝わらないまま、

            決まってしまったとのことだった。

            ただ、今日の時点では概算見積の意味合いやその他の話も相手方で共有されており、

            話が通じてほっとした。

            さらに話を聞くと工事金額を予算内に収めることができれば私に依頼したいと告げられた。

            一番の決め手は多くのプレゼン提案の中で私の案が一番優れていたから。

            さらに建築主の担当銀行員の方が建築学科卒だそうで、

            全部の案に目を通した上で私の案を推してくれたらしい。

            話が通じなかったことへの混乱や苛立ちがあったが、

            そこまで褒めて頂いたら今までの感情はどこへやらで、

            設計者ががんばって作ったプランを褒めることほど効果的なことはない。

            全てのもやもやが吹き飛んで、ただただうれしいだけだ。

            ただ、どちらにしろ厳しい予算なのは変わらないので、

            急ぎ見積が出来る程度の図面を仕上げ、

            知り合いの工務店に見積をあげてもらうことを約束し、

            建築主宅をあとにした。

             

            先日の段階ではプランの内容ではなく、金額だけで決まってしまう案件だったと後悔していた。

            ただ、それでも自分自身のこれまでの経験を経て、

            そのような案件の場合はお金ありきの馴れ合いで仕事を取ってくるのではなく、

            どんなに条件が良くても今後断るか、

            早い段階でそういう案件だと気付くようにしようと心に決めていた。

            金額ありきの仕事を続けていくと自分の中心の何かが腐っていくような気がするからだ。

            仕事を取ることが難しくなるかもしれないが、

            そう考え、信じている自分を信じようと考えていた。

            そして、今回はまだ依頼されたわけではないが、

            設計者の本分を信じた自分が間違っていないと証明されたと思った。

            いつもこうはならないだろうが、

            信じる者は救われると信じ、今後もそのスタンスのまま、進みたいと思う。