みんながプロフェッショナルを目指しているわけではない

2017.12.21 Thursday

0

    設計者は建物を建てるに当たって多くの人と協力して完成を目指す。

    以前にも述べたように大前提として、

    建築主・設計者・施工者の3者が同じ方向を向いていかないと

    完成という目的地にはたどり着けない。

    そして、細かい所に目をやれば建物を構成するいろんな建材や部材も

    それぞれのメーカーや職人さんの協力を得ないと結果は同じである。

     

    現在着工中の案件もたくさんのメーカーの人や職人さんとやり取りをしている。

    そして、こんなことがあった。

    あるメーカーの商品は規格品では計画上、うまく収まらないので、

    特注品で発注する必要があった。

    その部分の周辺の寸法を細かく決めていき、

    その商品の寸法も夜中までかかってきっちり決めて

    そのメーカーにその内容を伝えた。

    そして、そのメーカーから発注図があがってきた。

    そのメーカーが発注を急いでいたのと

    私自身も夜中までかかってきっちり寸法を決めて安心していたので、

    そのまま発注した。

    だが、その1週間後にその発注図を元に再確認のため、

    その周辺を含めた図面を作図していると私から指示した寸法になっていない。

    急いでそれを相手方に伝えたが、一部はすでに作り始めていたので、

    結局、作り直すことになった。

    私が決めた寸法を反映しなかったのは相手方の責任だが、

    発注図を再度確認していないのは私の責任なので、

    結構な額をそれぞれ負担することになってしまった。

     

    また、別の内容でこの案件は所謂普通の家ではないので、

    いつもの感じでは収まらない所が多々ある。

    そして、それを踏まえてあるメーカーにこちらの考え方や決めた寸法を伝えていたが、

    それを早め早めに発注図としてあげてはくれるが、

    いっこうに最終の発注図までに至らない。

    何回もやり取りしているうちにようやく気付いた。

    言われたことだけに対応しているだけで

    自分なりに考えようとしていないのである。

     

    私は建築のプロフェッショナルとして設計をしている自負はある。

    だが、反面、一生かかっても本当の意味でのプロフェッショナルに

    なれるだろうかという恐れも抱いている。

    現時点ではその目指すプロフェッショナルになるには

    「手を抜かないこと」が最も重要だと考えている。

    また、設計では仮にプロフェッショナルだとしても

    先程も述べたように建物を建てるに当たって多くの人と協力する必要があり、

    特にいろんな建材や部材に関してはそれぞれのメーカーや職人さんがその道の

    プロフェッショナルと考えていたし、彼らの知恵を借りることで

    より良い完成へ向けて進んでいけると考えていた。

    しかし、たまたま続いたメーカーとのやり取りで

    シンプルで当たり前のことに気付いた。

    「みんながプロフェッショナルを目指しているわけではない」ということに。

    それぞれがプロなのだから、

    それぞれが自分の仕事に手を抜かずに、

    より高みを目指すものだと勝手に思い込んでいた。

    もちろん、彼ら自身は手を抜いたつもりはないだろう。

    所属する会社で割り当てられた仕事をきっちりやっていたと思う。

    しかし、こちらからすると、彼らにとっては

    たくさんの仕事のうちの一つに過ぎないかもしれないが、

    私は、そして、建築主からすれば、これまでもこれからも唯一の仕事である。

    そんな思いを共有して仕事をしていたとは思えない。

    今は夜中の3時半だが、そんなシンプルで当たり前のことに気付いて

    途方に暮れている。

    今後、どうしていけば良いのだろうか。

    簡易耐震診断員

    2017.12.19 Tuesday

    0

      去年、熊本地震で実家が全壊した。

      自分の設計事務所を始めたタイミングだったので、

      私がどうにかしなければと思い、

      いろいろと調べるうちに既存建物の耐震改修を業務とする、

      耐震診断員という資格があることを知った。

      去年は応募に間に合わなかったが、

      今年の夏に登録資格者講習を受け、

      そして、今日、簡易耐震診断員の認定説明会に参加してきた。

       

      兵庫県の簡易耐震診断員の認定説明会会場。

      説明会は約1時間で終わり、晴れて耐震診断員として認定された。

      ただ、その資格を取得するきっかけとなった実家は

      結局、今年の秋に解体され、まだ現地は確認していないが、

      すでに更地になっている。

      資格を取ったはいいが、微妙な気持ちだった。

      しかし、今年のリフォーム工事の時と実家のリフォーム検討時には

      実際にその耐震診断で用いる計算で検討を行ったのだから、

      すでに役立ってはいる。

      建築の知識・経験も多少なりとも増えたはずだ。

      どこかのタイミングでこの資格が役立つことがあることを信じる。

      八幡浜再び

      2017.12.16 Saturday

      0

        今年は愛媛県八幡浜市に

        4月にプロポーザルの敷地を確認するために訪れ、

        8月にそのプロポーザルの最終審査のプレゼンをするために訪れ、

        そして、昨日に今年3回目となる八幡浜市を訪れた。

        というのも、ネット上で募集していた複合ビルの設計の案件があり、

        メールのやり取りやプレゼン提案の結果、

        設計依頼先候補の最終の2者に選ばれたからである。

         

        八幡浜駅の駅前。

        ここに縁やゆかりがあるわけでもないのに、

        今年だけで3回も来ていることに不思議な感覚だった。

         

        今回初めて計画敷地を尋ねた。

        建築主とやり取りしている時は敷地の場所を教えてもらって

        Googleで周辺環境に当たりを付けていたが、

        念入りに見ていたおかげで実際に土地を見ても

        周辺環境や日の当たりや眺望もほぼ想定通りだった。

         

        敷地や周辺を30分程度ぶらついていると

        待合せ時間に建築主が現れた。

        その後、建築主ご夫婦とまだ小さいお子さんと一緒に

        近くのカフェで改めて建物の要望やイメージを聞かせて頂いた。

        お会いするのは今日が初めてだったが、

        メールから伝わってきた謙虚な人柄や建物に対する情熱は

        イメージしていたよりも強いものだった。

        帰りの電車の時間もあったので、

        打合せ時間は2時間程度だったが、

        話していて楽しく、まだまだ話し足りないという感じだった。

        その後、駅の改札まで見送って頂いて八幡浜を後にした。

        自宅に帰ってきてパソコンを開くと建築主から今日のお礼と

        「飾らない対応と真摯に受け止めてくれる姿勢に心動かされてい」ますと褒めて頂いた。

        もちろん最終依頼されるかは別として、

        そんな風に褒めてもらってただただうれしかった。

         

        私自身、設計という仕事をしていて思うが、

        誰にも真似できない設計を私ができるとも思わないし、

        接客で上手な立ち振る舞いや気の利いた一言を言える訳でもない。

        ただ、私が自信を持ってできることは

        現地まで足を運んで計画敷地を丹念に観察したり、

        建築主が要望している内容を建築主の立場になって必死に理解したりと

        誰もがしようと思えばできることを一つずつ愚直に真摯にやっていくことだけである。

        それこそ、八幡浜のプロポーザルの提案も特別な外観でもなくプランでもなかったが、

        現地まで足を運び敷地をしっかり観察し、

        また、島民の方の身になって親しんでもらえるような計画になるように必死になって考え、

        それを提案し、結果、評価して頂いた。

        そして、今回は建築主からそんな考えで設計に取り組んでいる姿勢を評価して頂いた。

        私の設計人生において八幡浜からいろんなことを教えてもらったような気がする。

        今回の設計案件が仮にうまく行かなかったとしても、

        どこかのタイミングでこの気持ちを思い出すためにまた八幡浜を訪れたいと思う。

        物置棟の上棟

        2017.12.01 Friday

        0

          JUGEMテーマ:建築・設計・デザイン

          今日は2,3週間前から手刻みで準備してきた

          物置棟の上棟だった。

           

          刻み終えた部材や込み栓。

          現場横に部材がずらっと並べられていたが、

          全てが手仕事で刻んでいるので、

          その手間と労力が一目で伝わったきた。

           

          最近の木造は上棟時には傍らに金物がたくさん置かれており、

          構造体を見ても金物だらけの状態だが、

          今日は込み栓や仕口だけで接合していって、

          金物がほとんど見当たらなかった。

          それでも現在の建築基準法では金物ありきの考え方なので、

          後日、ある意味仕方なく必要な箇所には金物は付ける予定である。

           

          夕方の上棟がほぼ終わった風景。

          私は昼過ぎには予定があり現場を後にしたので、

          建築主が連絡も兼ねて写真を送ってきてくれた。

          ここの担当大工さんは建築主の会社の若手のホープで

          今日の躯体の刻みや上棟の指揮も行った。

          ただ、他の大工さん達も手刻みの構造体で慣れない仕事だったので、

          多少ピリピリしていた。

          その中でその若手のホープが余計に不安そうな表情を浮かべながら

          黙々と上棟していく様子は

          微笑ましくもあり、職人さんらしいなと思った。

          設計者がどんなに良い図面を書いても

          それを現実に作り上げていくのは各職人さんである。

          そして、その職人さんが気持ちを入れて仕事をしてもらえたら、

          当然、完成具合も変わってくる。

          だからこの現場はきっと良い建物になると思う。

          手刻みの仕事

          2017.11.28 Tuesday

          0

            JUGEMテーマ:建築・設計・デザイン

            現在着工中の案件で住宅とその物置を建設中である。

            まだ基礎工事が終わったぐらいだが、

            この案件は建築主のこだわりで構造躯体を一部、手刻みで行っている。

            私も10年以上設計をしているが、恥ずかしながら初めての手刻みの案件である。

            先に物置の方を上棟するので、

            現在、急ピッチで毎晩、日が変わるぐらいまで手刻みを行っているらしい。

            そして、その建築主からその様子がメールで送られてきた。

             

            手刻み中の姿と手刻みした部材等。

            以前に写真送付頂いた時は加工前の木材そのままだったが、

            この2週間ぐらいで一気に仕上がってきた。

            動画も合わせて送ってきて頂いたが、

            現地からの熱のようなものを感じて、

            なんだかわくわくした。

            建築主の会社の若手がメインで手刻み加工を行っている。

            物置の方は四角い箱に近いが、それでも手刻みで全てをしようとすると、

            想像以上の労力と頭で考えながらの作業が必要になる。

            その若手の彼はかなり苦戦しているとのことである。

            物置が上棟すると、次は住居の方の手刻みが始まる。

            普通の物置の方で経験をさせて、

            見せ場の住居の方で本番という感じである。

             

            この案件は手刻み以外にもいろいろとこだわり所があるので、

            それに合わせてこちらも図面をさらに書いたり、

            現場へ足繁く通う必要がある。

            建築主の思いがいろんな意味で随所に詰まっているので、

            その思いに応えるべく、私もその思いに乗っかりつつ、

            より高みを目指して精一杯がんばりたいと思う。