申請業務

2020.02.07 Friday

0

    建物の計画が確定し、工事を着工する前に

    建築基準法等に合致していることを確認するために

    通常、確認申請書を役所や民間の確認検査機関に提出し、

    チェックしてもらう。

    ほとんどの場合は設計が主で申請業務は従のことが多い。

    それでも規模が大きくなったり、いろんな条件が加わると、

    確認申請もいろんな法規が絡んで複雑になり、

    さらに各自治体の条例が絡んでより複雑になる。

    ここ数年はそれにかなり苦しんできた。

     

    そして、最近、申請業務がメインの仕事を依頼された。

    申請だけを依頼されることは稀だが、

    内容からすると設計事務所に依頼すべき内容だと思う。

     

    街中から近い距離だが、木々が覆い茂る敷地近くの風景。

    この申請は道路に見えている部分が道路ではない。

    言い方に語弊があるが、道路法上は道路だが、

    建築基準法上の道路ではない。

    設計の仕事を始めた頃は意味が分からなかったが、

    そんな道路は意外と多い。

    建築基準法上の道路に敷地が接道していないと建物は建てられない。

    この案件の場合、43条但書の許可申請が必要となる。

    まだ取り掛かり始めたばかりだが、

    役所と協議を進める中で実現可能かどうかがはっきりしてくる。

     

    この敷地は平坦で十分に広いが、

    建てようとしている建物が私も今まで設計したこともないし、

    見たこともない建物を建築主が建てようとしている。

    感覚的には問題ない気もするが、確認申請を提出して

    問題なくクリアできるかと考えると、何とも言えない。

    それでも、建築主がいろんな思いが詰まった計画なので、

    なんとか申請を通してあげたいと思う。

     

    申請業務だけを依頼されることは稀だし、

    私個人の思いとしてはやはり設計の仕事ありきで申請を行うことの方がうれしい。

    ただ、これら案件は建築主はどちらもよく知っている人で、

    かつ、目的がはっきりしているので、

    なんとか無事、申請が下りるように力を尽くしたいと思う。

    見方を変えれば、通常ではお目にかからないような申請内容なので、

    私にとっても経験値を上げる良い機会のように思う。

    いつかの時に役立つ経験かもしれない。

    たまたま目の前に来ただけの仕事かもしれないが、

    それでもしっかり取り組んで、何かしらのプラスのものを得たいと思う。

    都市木造シンポジウム

    2020.01.28 Tuesday

    0

      JUGEMテーマ:建築・設計・デザイン

      兵庫県主催の都市木造のシンポジウムに参加してきた。

       

      会場は広かったが、参加者はそこまで多くなかった。

      SALHAUSの日野氏等、パネリスト等は実務者だったので、

      話が実務に即した内容が多かったので、熱心に聞くことができた。

      2時間半の講演時間があっという間に過ぎた感じがして、

      非常に有意義な時間を過ごせた。

      参加者が少ないことがもったいないように思えた。

       

      最近はパリ協定やCOP25等でも話題だが、

      世界的に気候変動や温暖化の対策が本格化している。

      それに対応する方法として、この建築の業界で言えば、

      木造、もしくは、木質構造化が今後のキーワードになってくる。

      また、日本独自の理由として、木材資源が枯渇した頃に植林した木が

      すでに利用すべき時期に差し掛かっている。

      先日、中規模木造のプロポーザルを提出したが、

      その時に木造に関しての最近の動向等を知る機会があったので、

      今回のシンポジウムはより今後の木造に関してのイメージが具体化した感じになった。

       

      兵庫県林業会館。

      シンポジウムでも取り上げられたが、

      会場近くにあるので、帰り道に寄っていった。

      建物の構造としては鉄骨造だが、

      鉄骨フレームで建物重量を支持し、

      CLTで地震力を負担している。

      今までの木造がなくなることもないし、

      今までの鉄骨造がなくなることもない。

      だが、環境、コスト、意匠等の面から

      このような適材適所のハイブリッドの建物が増えていくかもしれない。

      今後の社会変化にも追従できる設計ができるように日々、勉強を続けて行こうと思う。

      プレゼン

      2020.01.24 Friday

      0

        設計の仕事を依頼頂く際はいきなり打合せが始まるのではなく、

        建築主を知り合いから紹介されたり、建築主から問合せがあったり、

        最近ではネット上で募集があったり。

        そして、その後、要望や資料のやり取りがあってから、

        まずプレゼン図面を作成して、それを建築主に提示することが一番最初の仕事となる。

        それを踏まえ、設計を依頼する先として特定されたり、実際に打合せが始まっていく。

         

        ただ、最初のプレゼン時はまだ契約した訳でもないので、

        プレゼンで終わる可能性もある。

        しかし、一口にプレゼンと言っても、計画敷地の情報を集めたり、

        建築主の要望を検討して建築計画をしたりで目には見えない形で

        多大な労力と時間が必要となる。

        そのため、プレゼンする時には必ず不安が付きまとう。

        必死に考えた計画案を建築主に適正に評価してもらえるのだろうか、

        こちらの意図が伝わらないまま、無駄な提案で終わるのではないか、等。

        実際、プレゼンをひたすら行っても、仕事として依頼されなければ

        労力と時間だけかかって、何も得られない。

        特にプロポーザル等は多くの設計事務所が応募しても

        選ばれる設計事務所は1者だけなので、なおさらである。

         

        プロポーザルは最たるものだが、それでも私は可能性を感じるものには継続的に応募している。

        一つ気を付けているのは、ただ計画して提出するのではなく、

        自分にとってプラスになるような提案をするようにしている。

        結果的に自分の設計に関する引出しを増やすためである。

        そう信じて、可能性を感じる計画に対しては積極的にプレゼンするようにしてきたが、

        昨日、ある建築主のプレゼンを行ったが、自分でも不思議な感覚で

        今までやってきたプレゼン内容から一つ上の段に上がったような気分になった。

        そして、建築主もそのプレゼン提案をかなり気に入ってくれているようだった。

         

        建築主がこれから始まる建築計画や設計事務所とのやり取りが不安なように

        設計者の方も設計の仕事を依頼される前も依頼された後も不安はある。

        経験上、建物が完成した頃に建築主はこんな人で、こんな建物を求めていた、と分かることの方が多い。

        プレゼン時はお互いのことはほぼ分かっていない状態と同じだと思う。

        それでも、不安な建築主とやり取りをし、建築主が望むことを把握し、

        建築主が無意識に考えていることまでも把握していって、

        さらに設計者もただプレゼンするのではなく、

        それすらも自分の力に変えていくことが

        設計のプロとして為すべきことのように思う。

        設計を始めて約15年経ったが、まだまだ知らないことも多いし、

        すべきことも多い。

        それでも、自分なりに必死に考えて、設計のプロとして一歩ずつ歩みを進めて行きたい。

         

        非住宅の改正建築物省エネ法

        2020.01.17 Friday

        0

          少し前に住宅の改正建築物省エネ法の講習に参加したが、

          今日は非住宅の改正建築物省エネ法の講習に参加してきた。

          事務所の規模が小さいので、携わる建物はほとんどが住宅ではあるが、

          私自身は積極的に非住宅の設計も行いたいと考えているし、

          ひいては住宅の設計にも役立つと考えている。

           

          前回の住宅の講習会と同様に会場は満員状態だった。

          非住宅ということもあってアトリエ系というよりも

          大手の組織設計事務所が多いのか、スーツ姿の人が多かった。

           

          講習に耳を傾けていたが、住宅の講習内容と大きくは変わらなかったので、

          参加したのは多少微妙な感じだった。

          それでも、意図せず、2回繰り返したことでどのような改正内容かは

          ある程度、掴めてきた気がする。

           

          講習が行われた建物内の廊下。

          この建物内には家具屋等も多く入っているので、

          何度か来たことはあるが、

          平日とは言え、長い廊下で人にすれ違うこともほぼなく、人気がなかった。

          来る度に思うが、こんな立派な建物がほぼ有効に使われていないのに、

          社会ではひたすら新たな建物を設計し、

          建設していくことはどうなんだろうと毎回思わされる。

          法務局

          2019.12.27 Friday

          0

            JUGEMテーマ:建築・設計・デザイン

            先日プレゼン依頼頂いた案件の土地資料を

            建築主が断片的にしかお持ちでないため、

            調査のため、法務局へ向かった。

             

            この法務局へ来るのは数年ぶりだろうか。

            設計する時に敷地の情報は大前提となる。

            建築主が土地を買って間もない時は

            その取得時に必要な書類等も渡されていることが多いので、

            その情報で事足りるが、

            かなり以前に購入した土地であったり、

            土地が広かったりすると確認申請以外の申請時に提出が必要であるために

            法務局へ調査や書類取得のため訪れる必要がある。

             

            法務局へ来ることがかなり久しぶりだったので、

            係の人にいろいろと質問しながら必要な書類の発行をお願いした。

            調べていくと土地が意外と細かく分かれており、

            思った以上の書類の枚数となった。

            約10枚で5000円程度。

            出費も思った以上になってしまった。

            やり取りしながら思い出したが、

            今はネットでも必要書類を発行できるが結局、費用がかかる。

            このご時世だからネットで無料で全て完結すれば無駄な人件費もかからないのに、と

            前回来た時も思ったことを思い出した。

            ただ、土地の情報は重要なので、しっかり調べて

            しっかりした計画案を提示したいと思う。