年末年始

2019.01.03 Thursday

0

    JUGEMテーマ:人生論

    先日電話連絡頂いた方からは

    そもそも仕事として依頼もしてもらっていないし、

    依頼してもらったとしても完成する見込みも不透明だが、

    たまたま年末に期限切れの切符を持っていたのと、

    来年以降の仕事を考えた時にふと見に行くべきと思い、

    年も押し迫った12/31に敷地を見に行った。

     

    計画敷地に向かう途中でなんとなく見たことがあると思ったら、

    SUPPOSE DESIGN OFFICEの案件だった。

    HPの印象より実物はかなりローコストな建物の印象だった。

    建物の仕上がりうんぬんよりも縁のない大阪に

    住宅ではない建物を建てる機会を持つことができる能力に感心した。

     

    この年末年始は約7年ぐらい使ったパソコンを新しく買い替え、

    パソコンのデータの入れ替えや不要なデータの整理を行っていた。

    事務所を始めてもう少しで3年だが、

    データを整理しているとプレゼンで終わった案件や

    ある程度打ち合わせを進めたが結局、着工しなかった案件を含め、

    今までで約35件ぐらいのフォルダがあった。

    1年で約12件程度。

    また、今まで勤めてきた設計事務所の図面等も見返していた。

    何かの役に立つかもしれないと思い、部分的に残していたが、

    そのプレゼン案件等も含め、全て削除した。

    100GB程度はあっただろうか。

    結局、ほぼ役立たなかった。

    改めて考えると自分の目指す設計をしようと思うと過去の内容は

    あまり役立たないことが分かった。

     

    また、この3年もそうだが、去年は特にいろいろと苦労する場面が多かった。

    ただ、事務所を始めて間もないし、

    多少、きな臭くてもまずは精一杯仕事として取り組むことで

    何かしら見えてくるものがあるのではないかと考えていた。

    それが12件/年程度のプレゼン案件に繋がっていると思う。

    実績や人脈があれば良いのだろうが、

    それがない私はまずはチャンスがあれば精一杯やることしかできない。

    建築主からすればどんな仕事をしてくれるか分からない設計者に設計を依頼する以上、

    プレゼンという方法でしか設計者の在り様を伝えることができない。

    それでも時間は有限だから、このプレゼン量を少なくする必要があると思った。

     

    そして、この3年で見えてきたことは

    「一つ一つのことに対して手を抜かないこと」はとても重要だと改めて思った。

    当たり前のことだが、それがきっちりできている人は少ない。

    12/31に依頼もされていない敷地を見に行ったのは

    その姿勢を改めて自分自身が確認するためだった。

    仕事に対して絶対に手を抜かないと決めた上で

    有限な時間を有効利用するためにはよりシビアな判断力が必要だと思う。

    それを身に付けないと自分の目指す場所へは辿り着けないことははっきり分かってきた。

    まだ自分の事務所を始めて3年も経っていないのだから、

    すぐに状況が変わる訳ではないが、

    しっかりと軌道修正しつつ、その目指す場所を見据えて進んでいきたい。

     

     

    突然の連絡

    2018.12.29 Saturday

    0

      先日、作図作業をしていて夕方も過ぎた頃に電話が鳴った。

      建材メーカーの営業売り込みかと電話に出ると

      「HPを見てご連絡したのですが、

      お話を聞いて頂けますでしょうか。」とのこと。

      話を聞くと、狭小地でのRCビルの計画を検討中で

      その設計者を探しているとのこと。

      予算が厳しく、他の設計事務所にも問い合わせたが、

      話が噛み合わず諦めかけていたと仰っていた。

      電話のみでは計画内容もよく分からないのと、

      私の性分として、面と向かって話をしないと

      いろんな情報がつかみきれないので、

      まずは会って話を聞くことになった。

       

      後日、コーヒーショップで待ち合わせて簡単な打合せを行った。

      ただ、確かに予算に対して、RCで計画した場合にかなり厳しいのは容易に想像できた。

      今まで依頼していた設計者は高齢のため、新たに設計者を探しているという。

      その後、いろんな話をする中でとても建築が好きらしく、

      「塔の家」や「街並みに貢献したい」等、この人は建築学科出身だろうかと思うぐらいに

      建築に対しての造詣が深く、話していて非常に興味が湧いた。

       

      建築設計は突き詰めると、予算との戦いである。

      デザインや利便性が良くても予算を超過していては意味がない。

      そして、規模を大きくし、仕様を良くすれば工事費は膨れ上がっていく。

      設計者も魔法使いではないから、

      建築主の望む予算と要望を最初から100%満たすのは不可能である。

      ただ、建築主が本当に望むものは何なのか、

      それを実現する選択肢は他にないのか、

      そういったことを建築主と設計者が繰り返し、

      打合せ、検討を行うことで

      当初にそれぞれが考えていたものとは違うものになるかもしれないが、

      それぞれが納得するものに変容していくものだと思う。

      そして、その大前提としてお互いの信頼感が必要になる。

      さらにはその完成するであろう建物に対しての熱意も必要であるし、

      究極的にはそれぞれの人間性に寄る所が大きいと思う。

       

      今回頂いた案件は予算が厳しいのは分かっているが、

      建築主と話をする中で何かしらの可能性を感じた。

      人間性は打合せを繰り返す中で、

      そして、予算のせめぎ合いの時にしか

      分からないことではあるが、

      多少なりの可能性を感じることができたなら、

      共に戦っていきたいと思う。

      嫌な予感

      2018.12.25 Tuesday

      0

        以前に道路許可で相談頂いた案件が二転三転し、

        結局、道路と敷地の間に高低差があるために

        道路からスロープを設けて敷地へアクセスするような話になった。

         

        道路と敷地の間に歩道橋があり、その下をくぐって、

        せり出した歩道部分にスロープを設ける予定。

        普通に考えると、ちょっと難しそうだが、

        建築主と役所との先の折衝でそれは可能とのこと。

        そして、私はその技術的な折衝及び申請等をすることになった。

         

        ただ、二転三転して気づいていなかったが、

        この時点で気づいた。

        建築工事ではなく、土木工事に関して役所と折衝し、申請する。

        この構図は今年最も苦しんだ、福祉施設の開発届出と同じ構図ではないか。

        今後の不慣れな図面の作図や役所の細かく融通が利かないやり取りが

        具体的にイメージできて、一気に暗い気分になった。

        しかし、こういう内容は大手の設計事務所では対応しないだろうし、

        小規模な設計事務所では対応能力もないだろうし、

        建築主からすると良い人を選んだのかしれない。

        他人事のような感じだが。

         

        ただこう考えよう。

        全ての仕事は将来、私がすべき重要な仕事のための準備のための仕事であると。

        しっかり勉強させてもらうつもりでがんばりたいと思う。

        20年後の自分

        2018.12.20 Thursday

        0

          JUGEMテーマ:人生論

          先日、知り合いから紹介してもらった案件を

          その知り合いと私の共通の知り合いの工務店に依頼しようということになり、

          その知り合いの工務店の担当者と今後の流れや諸々のすり合わせのため、

          久しぶりに会うことになった。

          そして、駅で待ち合わせ、まずは一緒に計画敷地を見に行くことになった。

           

          計画敷地からの風景。

          まだ初回のプレゼン図面を書いてもいないのに、

          この敷地を訪れるのは今日で3回目。

          何か縁があるのだろうか。

           

          その後、打合せも兼ねて、その知り合いと昼食をとることになった。

          昼食をとりながらお互いの近況を話していると、

          私のブログを見ているという。

          特に宣伝もしてないけど、いろんな人が見ているんだなと思った。

          そして、「あのブログ、悲壮感が漂ってるぞ。」と言われた。

          そりゃ、精一杯がんばってるから悲壮感も漂うのもしょうがない、等と話していたが、

          改めて考えると、このブログ、元々、私のように不安の中、設計事務所を始めようとか、

          社会人になったけど司法試験を目指してます、とか考えている人の参考になればと始めたが、

          さらに改めて考えると、20年前の自分に書いているような気がする。

           

          話は変わるが、私の祖母は私が二十歳になる前に亡くなった。

          とても優しい祖母で、夏休み冬休みに帰ると、

          いつも私が大好きな赤飯をたくさん作って待っていて、

          百貨店で何か催し物があれば連れていってくれて、

          子供ながらに感謝と愛情を感じていた。

          祖父も私には優しかったが、戦争帰りの祖父だったので、

          子供ながらに祖母への当たりが強かったような気がした。

          祖母は特にそれに対して文句を言うこともなかった。

          そして、祖母が亡くなった時に一番思ったのが、

          「おばあちゃんは、自分の生きたいような人生を送っていたんだろうか。」

          という思いだった。

          その思いがあったから、私自身、同じ大学を3回受験したり、

          建築士になるために建築学科に行く必要がある、

          文系から建築学科に行くにはどうすればよいかと考え、

          日本全国の大学を調べて建築学科に編入したり、

          40歳を過ぎても弁護士になる、という思いを持ち続けていたりする。

          祖母の死の時に沸き上がった気持ちが今でも継続しているから、

          こんな人生を送っているのだと思う。

          建築主や施工者にまでその重い悲壮感を感じさせたくはないが、

          私自身、自分の人生を精一杯生き切ってやる、ぐらいの気持ちで仕事等に臨んでいるから、

          その知り合いの工務店担当者には「悲壮感」のようなものを感じさせたのかもしれない。

          そうであれば、自分の人生をしっかり生き切っているのかもしれない。

           

          昼食後、別案件で役所へ調べものがあるので、そこで下ろしてもらった。

          その案件は土地が広く、開発許可が必要になる可能性があった。

          いろいろ話していると、開発課の担当者の口から

          「この場合だと近隣協議が…」と出てきたので、

          その瞬間、今年最も苦しんだ福祉施設での開発届出の苦しい日々が蘇ってきた。

          最後まで話を聞くと、その最悪な流れは回避できそうなので、

          ほっと胸をなでおろした。

           

          日々の日常は役所に行っていらいらしたり、

          一日中、パソコンに向かって、数ミリの寸法を調整したりで

          見方によっては地味でつまらない日常かもしれない。

          ただ、20年前の自分に言ってあげたい。

          「20年後も今と同じで悲壮感を漂わせて、もがいているけど、

          一歩ずつ前には進んでいるよ。」と。

          連続でプロポーザル

          2018.12.19 Wednesday

          0

            一昨日、プロポーザルの計画案を郵送し終わった所だが、

            続けざまに、かなり規模も小さく、ほぼアイディアコンペだが、

            毎日通る場所が計画敷地のプロポーザルの募集があったので、

            ぜひこれは出すべき、と思い、申し込みを行った。

             

            敷地周辺の現況写真。

            神戸に住み始めて10年以上が経ったが、

            住み始めた頃に比べて、廃れた気がする。

            日本を代表する都市ではあるが、

            都市部なのにこの10年以上、ほぼ新陳代謝がなく、

            何も更新されていない気がする。

            新しく建物が建っても、

            坪単価の安さが伝わってくるような建物が多い気がする。

            せっかく神戸に住んでいて、しかも設計という仕事をしているから、

            この街に何かしらの変化を与えられる案を考えたいと思う。

             

            計画敷地は本当に小さく、アイディアコンペ風な時点で

            予算もかなり限られていることが予想されるが、

            以前、大学時代の友人が言っていた。

            「住宅1軒の設計でも、その設計でその街並みを変えるんだ、

            ぐらいの気持ちで設計はやるべき。」だと。

            おっしゃる通り、そんな気持ちでこのプロポーザルも

            それ以外の設計もがんばりたい。