今週も

2019.11.22 Friday

0

    今週も毎週恒例のリノベーション現場で現場確認を行った。

     

    現場監督と建具屋との打合せ風景。

    1階は全て製作建具なので、建具金物や建具の納め方を1か所ずつ確認していった。

    図面上に寸法は記載しているが、

    当初の現場調査時の寸法が大元になっているので、

    建具屋さんに1か所ずつ今の現場状態で現場採寸してもらった。

    また、図面では吊金具はほぼ見えてこないので、

    その色までは指定していなかったが、

    把手等の色からこの色が合うのでは、逆に建具屋さんから提案があり、

    こちらの意図を汲み取ってくれていたので、その内容での製作をお願いした。

     

    玄関廻りの風景。

    工事も佳境を迎え、大工、建具、塗装、等、

    いろいろな職人さんが入り乱れて作業を黙々と進めていた。

    私の方も彼らの邪魔にならないように

    現場監督と細かな内容を黙々と打合せしていった。

     

    屋根と外壁の取り合い部。

    今回工事では工事範囲に含まれていないが、

    先日、かなり前に雨漏りしたらしき部分の外壁が脆くなっていたので、

    その他の部分も含め、建築主と現場監督、私とで足場があるこのタイミングで

    全体を確認していった。

    全体を確認したが、経年劣化の割れが一部あるものの、

    雨漏り等で割れている部分はなく、

    しっかり庇が守ってくれているようなので、

    脆くなっていた部分のみの補修を行うことになった。

     

    現場確認を終え、以前から建築主より相談のあった

    空き地の土地利用の考えを聞くために

    その土地に一緒に向かった。

    その敷地は私自身もなんとなく見覚えのある土地で立地がかなり良い。

    また、話を聞いていてこちらもわくわくするような計画内容だった。

    ただ、予算はかなり限られている。

    まともにいけば私も魔法使いではないから予算と計画内容が合致しない。

    それでも、その計画内容を楽しげに話している建築主を見ながら

    魔法を使うように楽しいプランを提案しようと心に決めた。

    目指す先は遥かに遠い

    2019.11.19 Tuesday

    0

      JUGEMテーマ:人生論

      もう少しでいつもの午前3時。

      早く寝ようとするが、何故かこの時間になってしまう。

      申請書を取りまとめていて、

      日が変わる前に終わらせるつもりが、

      この時間になってしまった。

       

      この取りまとめていた申請書も

      もう少しで2年やり取りしている申請には負けるが、

      約1年かかって明日ようやく提出できる。

      以前に設計事務所で大規模な建物の申請を何回も出していたが、

      長くて半年ぐらいの記憶しかないから、

      ここまで時間がかかるのが謎だ。

       

      明日は打合せ等がないから

      午前中に行政法論文の答案構成を行い、

      午後からは来月頭締め切りのプロポーザルの原案を取りまとめる予定。

      したいことができるのはありがたいが、

      今年はまだ終わっていないが振り返ると仕事の依頼がしばらくない。

      先日急ぎということでプレゼン案をすぐに取りまとめて提出したが、

      まだ返事はない。

      また、今年は特にプレゼン案を提出しても

      返事が結局なく、まだ検討中かどうかの問合せをしても

      その回答すらないことが多かった。

      半年先、1年先は大丈夫だろうかと不安が募る。

       

      たまに他の設計事務所のHPを見ることがある。

      ブログ等をしている事務所もあるので覗いてみると、

      現場報告の内容は当然として、

      ふらりと訪れた海がきれいだった、とか、

      家族旅行の紅葉がきれいだった、等の内容もある。

      私は建築もして、法律も勉強しているから時間が人より少ないのは当然としても

      同じ設計事務所なのになんだか優雅だなと思ってしまう。

      必死に建築の本を読み込んだり、

      夜中まで申請書を取りまとめたりして、

      不安と常に隣り合わせの自分と対比して

      うらやましくも思い、その余裕は何なんだろうと疑問にも思う。

       

      小学生、中学生の頃を振り返っても

      体育の授業で徒競走をすればクラスで後ろから数えた方が早かったし、

      受験前の学年テストの順位も後ろから数えた方が早かった。

      ただ、その状況の自分に気付いて悔しく思って

      必死に努力しているうちに気付けば前の方に来ていた。

      自分自身でも思うが、

      建築と法律に関して私の目指す先は遥かに遠い。

      なかなか結果は出てこないだろうし、

      ひょっとすると私の望む結果まで行きつかないかもしれない。

      それでも私の望む結果に結びつく可能性のあることを

      一つずつしっかり実行していきたい。

       

      工事は進んでいく

      2019.11.14 Thursday

      0

        最近の毎週の仕事として、リノベーション現場へ向かった。

        今日も施工者に加え、建築主にも現場へ足を運んでもらって

        現場で説明し、いろいろなことを決定していった。

        現場で説明するのが一番分かり易いので、足を運んでもらえるのはありがたい。

         

        外壁の焼杉の一部を張り終えていた。

        焼杉の内側はシルバータイベックを採用している。

        一般的に住宅の断熱は断熱材のみの話になりがちだが、

        シルバータイベックは遮熱性があり、

        断熱の計算には数値としては出てこないが、実質的に断熱の効果が高い。

         

        一番手前の梁が元々の構造梁で

        それ以外は今回設置の化粧梁である。

        元々の構造梁は見た目がくすんでざらついた印象だったが、

        サンダー掛けをすることで印象がかなり変わった感じになった。

        計画では表面を突板で巻く等を考えていたが、建築主との相談の結果、

        このままで行こうということになった。

         

        新設の階段と鉄製手摺。

        階段は木製で明るさのことも考慮してストリップ階段とした。

        建物のコンセプトから手摺もシンプルな形状とした。

         

        現場へ毎週来ているが、

        来る度に建物が完成に向かっているのを感じる。

        建設業界も他の業界と同様に高齢化と人手不足で

        施工者も当初工程に合わせていくことですら苦労していたが、

        工程が遅れ気味になったり、取り戻したりしながら

        工事がここまで進んできた。

        元々、建築主の引っ越しを師走始めに予定していた。

        だが、シロアリの被害等もあって工事が始まってすぐに遅れてしまったが、

        なんとか年内には引っ越しまでは済ませることができそうだ。

        工事も後半だが、建築主と施工者の橋渡し役として、

        引っ越しされるまでしっかりその役目を果たしていきたいと思う。

        時間は何より大切

        2019.11.09 Saturday

        0

          JUGEMテーマ:人生論

          先月にようやく福祉施設の建物は完成したが、

          今月も引き続き、毎週、開発届出の協議で役所へ足を運んでいる。

           

          雪が積もっていた日もあれば、桜も咲いてた日もある馴染みある風景。

          来年の2月で丸2年が経とうとしている。

          ここまで来たら、いっそのこと、来年2月まで協議をしたいと密かに思っている。

          また、協議と言いつつも、こちらからするとほぼ協議する内容がないが、

          嫌がらせかと思うぐらいに呼び出されては図面を修正してを繰り返している。

          ただ、この長いこと協議をしていて分かったのは嫌がらせではないようだ。

           

          先日も電話連絡があり、図面内容に疑義があるという。

          以前から思っているが、電話で話していても空を掴むような話し方で

          私の理解力が足りないのか、もやもやと話が噛み合わない。

          そして、この課はメール、電話、FAXでのやり取りは認めていない。

          電話で呼び出されるだけしか方法がないらしい。

          それも場合による気もするが、一律にそうだということで

          仕方なく、打合せのために役所へ向かった。

           

          打合せを始めると図面の一部の配管設置予定位置がおかしいから

          再検討してほしいとのこと。

          打合せは1分もかからず終わった。

          このためだけに実質電車で往復1時間かけてきたのかと思うとげんなりした。

          私だったら、この内容ならFAX一枚と電話一本で終わるのにとも思った。

          今までもあまりに協議が長引いているので、

          何度か具体的な指示を求めたが、具体的な指示はできないと言う。

          逆に抽象的な指示に基づいて図面を修正すると

          その考え方では役所は納得しないと言う。

          とんちのようなやり取りで大げさでなく、

          30回以上は足を運んだだろうか。

          最初はそのやり方に腹が立っていたが、

          最近はこの人達はいろんな意味で大丈夫だろうか、と思うようになった。

          私はもちろん時間を取られて困っているが、

          その対応をしている彼らも同程度に時間を割いているはずである。

          しかも届出は申請の中では一番程度の軽い申請だから

          複雑な計算や検討は必要なく、ある要件を満たせば事足りる申請である。

          こちらも役所の意向に沿うつもりだから、役所から的確に指導をして

          早く終わらせた方がお互いの時間の節約になるはずである。

           

          役所の帰り道に寄った本屋で購入した、

          今年度の司法試験過去問と建築の本。

          司法試験手前の予備試験の勉強も細々と続けている。

          択一問題を一問解いて終わる日もあれば、

          論文問題の問題文に目を通し、答案構成までして、関連する判例まで読み込む日もある。

          建築の本も設計の考え方から見積の数量の拾い方や納まり、紛争になった事例の本まで

          時間のある限り、建築に関連する本を片っ端から読み込んでいっている。

          さらに今まで使ったことのない、RevitやGimp等の建築に関わる新しいソフトを

          マニュアル本を読みながら少しづつ使えるように練習している。

          プロポーザルも参加したいと思えるものが年末に一つ、年明けに一つ、

          最近募集があった。

          もちろん、現在、打合せをしていたり、申請していたり、現場が動いている案件を

          最優先に日々仕事に取り組んでいる。

           

          働き方改革等が叫ばれて久しいが、

          私は事務所を開設してから休みも取らずに働いている現状に悩んでいた。

          休みを取らないと良い仕事もできないのでは、と考えていたが、

          今思うのはどうせいつかは死ぬのだから、

          したいと思うことが目の前にあるのなら、

          休みを取るかどうかは関係なく精一杯やりたいと考えている。

          そして、興味があるからとは言え、自分のしたいと思うことが

          やってもやっても終わらないぐらいの量がある。

          だからこそ、時間が何よりも大切だと思っている。

          また、その時間の使い方で結果が変わってくるとも思う。

          役所の全てが今やり取りしているような人達とも思わないが、

          時間に対する考え方のギャップが大きくて毎回びっくりする。

          いろんな人間がいて、いろんな考え方があるから

          どれが正解というのはないと思うが、

          今後の日本社会を考えた時に時と場合をそれぞれの人が理解し、

          今まで通りのやり方に固執せずに目の前の人が望んでいるやり方を

          実行していくことが必要だと思う。

          毎週来ます

          2019.11.08 Friday

          0

            意図せず、毎週通っているリノベーション現場へ向かった。

            今日は建築主にも時間をずらして現場へ足を運んでもらい、

            いろいろと確認作業をする予定になっていた。

             

            既存の丸太梁を残して勾配天井を作っている。

            ぱっと見は分からないが、丸い梁とボードの取り合い部が施工者泣かせの納まりである。

            丸太は自然の形だから真っすぐなように見えて真っすぐな部分があまりない。

            そこに天井のボードを当てていくが、相手が真っすぐではないので、

            どのように納めるかが難しい。

            施工者と相談しながらその妥協点を話し合った。

             

            1階LDKの床のヘリンボーン仕上げ。

            先週時点で大工さんが頭を抱えていたが、

            1週間後の今日にはほぼ張り終えていた。さすがだ。

            ヘリンボーンは無垢材で、かつ、一つ一つのパーツが小さい。

            1年を通しての膨張収縮、パーツごとの微妙な誤差、等、

            それらのいろんな要素を加味しながら張っていく必要がある。

            全くの隙間なく、全くの軋みなく張るのは不可能だと思うが、

            それでもプロに任せた以上、ある程度の品質、仕上りが期待されるので、

            建築主が住み始めた時にそれがはっきりしてくると思う。

             

            施工者との現場打合せ後、建築主も現場へ到着し、

            外構に関してのやり取りや照明関係の確認、クロスのサンプル確認等を行っていった。

            一つずつこちらも丁寧に説明していったが、

            建築主もそれを必死に理解したり、検討したりしてもらえたことで

            懸案事項が一つずつ解消されていった。

            施工者との打合せ、建築主も交えての打合せをそれぞれ数時間ずつ行ったが、

            いろいろと決定したり、今後の具体的課題が見えたりして充実した打合せとなった。

            現場を立ち去る時に答えは分かっていたが、念のため、現場監督に聞いた。

            「来週も現場打合せはありますか。」

            「そのつもりですが。」

            今日の打合せでほぼ懸案事項もなくなっていたので、

            次は何の打合せを行うのか疑問にも思ったが、

            現場監督のやる気の裏返しと私としては捉えているので迷わず答えた。

            「毎週来ます。」と。