建物完成後の模型

2020.09.19 Saturday

0

    JUGEMテーマ:建築・設計・デザイン

    新築の計画時には打合せ途中で1/100の白模型を作ることが多い。

    リノベーションの場合は内部がメインなので作ることはほぼないが、

    新築の場合は建築主も外観のイメージが付きにくいと思うので、

    出来る限り模型を作ってイメージを膨らませてもらうようにしている。

     

    去年完成したある建築主との打合せ時に白模型を作ってそれで打合せしたが、

    非常に喜んでいた。

    作った私ですら模型を見ているとわくわくするので、建築主ならなおさらだろう。

    ただ、その時はその後、計画内容の変更がいくつかあったので、

    その模型と完成した建物は多少異なっていた。

    そして、その建築主が後日申し訳なさそうに、

    「完成した建物で再度模型を作ってもらえませんか。」笑みを含みながらおっしゃった。

    模型はあくまで打合せの材料でしかないので、

    完成後に改めて模型は作ったことはなかったが、

    その建築主の打合せを通してのうれしい気持ちがこちらにも伝わってきたので、

    「また、後日作って渡しますね。」と快諾した。

    完成写真の撮影時に渡そうと思って何度か撮影の日程調整を行ったが、

    その度にコロナウイルスの感染者数が増え、

    完成からすでに1年以上が経過してしまった。

     

    模型を製作中。

    この模型はいつ渡すことができるだろうか。

    コロナウイルス等で完成写真が延期になっていた他の2件は年内に撮影する目処がたった。

    この模型の家も年内に撮影したいと思うが、まだ未定だ。

    まだお伺いする日時は決まっていないが、この家の建築主が喜ぶ顔を思い浮かべながら

    夜な夜な模型の完成に向けて作り続ける。

    リノベーションの相談

    2020.09.06 Sunday

    0

      あるご夫婦からリノベーションの相談があり、現地を見させてもらって、

      その後、場所を移して、要望や考えをお聞きした。

      ご夫婦の知り合いに施工者がいるので、

      事前にいろいろとやり取りがあったようだが、

      それでも疑問や分からないことがあり、

      それについて話を聞きつつ、私の方でお答えできることを一つずつ

      私の経験や知識を交えて説明していった。

      そして、私の方から今後の道筋や計画内容のいくつかの提案を行い、

      予算や計画内容も含め、ご夫婦で今後の展望がぼんやりと浮かんできていたようなので、

      こちらとしてもなんとなく状況を前に進めることができたような感じがあった。

      ご夫婦間の調整やその他諸事情がある程度整理できた段階で

      またお会いすることを約束し、その場を後にした。

       

      今年はコロナ禍があり、その後もいろいろな人とお会いしてきたが、

      良くも悪くも時間に余裕があり、いろいろと考える時間もたくさんあった。

      そのため、日々のすべきことに集中することもできたが、

      反面、自分でもよく意味が分からない時間を多く過ごしたように感じていた。

      そして、今日、まだ相談段階ではあるが、

      建築・設計に関して問題を抱え困っている方から相談を受け、

      専門家である私がそれに対して助言やアドバイス等を行う、という

      いたって当たり前のやり取りを行い、

      その問題が多少解決する方向に進めることが妙にうれしく感じた。

       

      設計は仕事であり、商売でもあるが、

      違う側面で言うと、困っている人を設計の知識や経験を通して

      その問題解決に尽力することができ、

      かつ、最後にはさらに喜んでもらえるという部分もあり、

      私は設計はその部分に重きを置いている。

      自分の行為が他人の役に立ち、さらに喜んでもらえるのは人として単純にうれしい。

      正直、この半年は日々に対しても設計に対してもネガティブになる時が多々あったが、

      今日はいたって当たり前のやり取りをして、

      このご夫婦がリノベーションした家を人生の新たな拠点として

      楽しく過ごしていることが具体的にイメージできて

      かつ、実際にそうなってほしいと強く思えた。

      改めて設計というものはこういうことだし、設計ってやっぱりいいなあと感じた。

      建築主からの言葉

      2020.08.31 Monday

      0

        JUGEMテーマ:建築・設計・デザイン

        去年の年末にリノベーション工事が完了した建築主の別件の仕事を最近手伝っていた。

        その仕事のやり取りでメールが届いた。

        前半は仕事の内容だったが、後半は仕事とは関係ない別の内容が書かれていた。

        「田中さんに設計監理してもらった家はとても快適に過ごせています。

        早くまた田中さんの設計した建築物で笑顔になる人が出てくるようにと思っています。」

        と書かれていた。

        前触れもなく突然そんな内容が書かれていて、とてもうれしくなった。

        コロナの影響で仕事状況は大変だということも立ち話で話題に挙げていたので、

        それを気遣って勇気づけようとしてくれたのかもしれない。

         

        コロナ禍以降、プレゼンする機会が多かった。

        そして、事務所開設後から今まで多くのプレゼンをしてきたが、

        わくわくする気持ちがある反面、もやもやすることも多い。

        紹介や直接連絡、ネット上での募集等、いろいろなパターンでプレゼンするきっかけがある。

        プレゼンの依頼があれば費用をもらってプレゼンする設計事務所もあるが、

        私の事務所はまだまだ無名の設計事務所だから、

        間口を狭めて設計依頼を頂くチャンスを少なくするよりは

        少しでも多くの人と接する機会が持てるようにプレゼンは無料で行っている。

        ただ、無料だからといって手を抜くことはなく、

        最低でもプラン検討に数日、プレゼン図面作成に数日はかかる。

        その他に法的制限を調べたり、可能な限り、敷地も直接見に行くようにしている。

        私としては依頼頂ければそれに越したことはないが、

        他社と競合して他社のプランが優れていたのであればまだ諦めがつく。

        ただ、プレゼン図面の提出後に一切連絡が取れなくなったり、

        そもそもプレゼン内容ではないことで依頼先が決まったりすると

        なんのために手間と労力をかけてプレゼンしたのかが分からなく、

        もやもや、いらいらしたりする。

        また、建築主の要望も考え出すと捉え方が難しく、

        要望通りにプランしてプレゼンすると物足りないと言われたこともあるし、

        逆に要望を前提に私なりの提案を加えると要望と合っていないと言われたこともある。

        建築主の性格と本当に求めていることが初対面で見抜ければ

        そこまで悩む必要もないかもしれないが当然そんなことはできないので、

        結局、出たとこ勝負しかできない。

        だが、実際に100件以上の打合せや工事監理、そして完成までを一通り経験してきた立場から言うと、

        最初の要望通りに建築物が建った試しはない。

        打合せの中で建築主が求めているものは変化していくし、

        私自身は打合せの中で建築主自身が考えているイメージを突き詰めていくこともするが、

        そのイメージとは異なるものもあえて提案する。

        何故なら、本当の意味で建築主が望んでいるものは建築主自身が気付いていないことも多いからである。

        建築主が抱くイメージとはあえて異なるイメージに接してもらうことで建築主自身が建築主に出会うようなイメージである。

        だが、それがうまく行く時もあれば、最初のプレゼン段階でその意図が裏目に出ることもある。

        それでも私としてはイメージ通りに設計するだけでは建築主にも申し訳ないし、

        そのイメージ通りに建ってしまった建築物自体にも申し訳ないから

        そのやり方は崩さないだろう。

         

        また、このコロナ禍中に以前から悩んでいることに答えが出た。

        今まで大きな枠組みで言う「仕事」をしてきて自分なりの流儀、

        もしくは、仕事上の自分の常識というものがある。

        例えば、建築主だけがお客様ではなく、施工してくれる施工会社も私のお客様であると考えているし、

        建築主を始めとする関係者への報連相は仕事を進めて行く上での最低限のマナーとも考えている。

        また、ワンパターンの設計はできるだけせず、

        建築主や施工者の意見に真摯に耳を傾け、

        最後の最後までより良い建築物の完成を目指すように心がけている。

        ただ、それはあくまで私自身の常識なので、

        私以外がそれに反することがあったとしても

        それはそれでしょうがないと考えている。

        だが、社会人なら守るルール、もしくは、誰しも納得する決まり事、

        例えば、話を聞く、問いかけに応える、内容を確認する、等が守られないことがあると

        意味が分からなかった。

        建築の専門的なことではなく、人と人とのやり取りの最低限がなされずに

        誰かしらが困ったことになると何故なんだろうと不思議に思っていた。

        私の方で改善できることはあるのだろうか、

        何か意味があるのだろうか、等と考え続けていた。

        知り合いからは、お前は考え過ぎだ、まで言われたが、

        それでも考え続けて自分なりに答えが出てきた。

        結局、答えとしては、意味はない、ということだ。

        私の常識ではなく、社会の常識や当たり前と考えていたことも結局、私の常識の範疇ということに気付いた。

        同じ人がいないように人それぞれの常識があり、人それぞれの考える社会人としての常識がある。

        そもそもそんなことを考えていない人もいるだろう。

        社会人としての常識はある程度共通しているものというイメージがあったが、

        事実を見つめればやはり所詮イメージであって、

        人それぞれの異なる常識があるのだから仕方がない。

         

        そして、プレゼンの前段階で建築主に、えっ、と驚く質問だが、

        設計者はどのように選べば良いか、という質問を何度か受けたことがある。

        選ばれる側の私に質問されても答えに窮する質問だが、

        いつも同じ答え方をする。

        「まず要望を設計者に提示してプレゼンしてもらってください。

        プレゼンの良し悪しもありますが、プレゼン内容と同じぐらい重要ですが、

        その一連のやり取りでその設計者の人間性を確かめてください。難しいことですが。

        そして、最終的に依頼する設計者とは縁があるかどうかだけです。」と答えている。

        急に質問を受けて咄嗟に答えた内容だが、落ち着いて考えてもその通りだと思う。

        自分自身の今までの設計者としての経験からも思うが、

        設計者はデザイン性に優れていなければならない。

        人の話を真摯に聞く人でなければならない。

        言葉にならない言葉を理解し、確認し、発展させていかなければならない。

        建築の知識や経験が豊富でなければならない。

        建築や設計が好きでなければならない。

        設計者自身の人間性が豊かでなければならない。

        どんな時でも慌てず落ち着いて考え、行動する人間でなければならない。

        困難な状況でも前を向いて進んでいかなければならない。

        他者への寛容さを持ち合わせていなければならない。

        建築や設計に対しての自分なりの筋を通す意思の強さを持っていなければならない。…等

        ただ、過去に設計依頼を建築主から頂いた時のことを思い出すと

        一言、縁があった、というだけだ。

        建築主なりに理由はあったと思うし、設計者である私なりにも理由はあったかもしれないが、

        結局、縁があって設計の依頼を頂いたとしか言いようがない。

         

        プレゼン時のあれこれ、建築主の要望、自分の常識、他人の常識、

        設計者の選択、設計者の資質、

        いろいろと考え出すとよく分からなくなってくるが、

        今回建築主から頂いた言葉、

        また、先日も別の建築主から同様の言葉を頂いた。

        私自身、優れている所、まだまだ足りない所もあると思うが、

        今まで私なりに考え、最善を尽くしてきた結果としての

        その頂いた言葉であり、それはイメージではなく事実なのだから、

        よく分からないなりに進むべき方向性を向けているのかもしれない。

        先週は建て替えのプレゼン提案を行ってきて、

        今週はリノベーションの相談で建築主宅を訪れる。

        「縁」があった建築主からそのような言葉をもらえたのだから、

        今後「縁」のある建築主にも最善を尽くすことが私自身の使命だと考えている。

        お疲れ様

        2020.08.17 Monday

        0

          JUGEMテーマ:法律

          3か月延期になっていた予備試験を受験してきた。

           

          今年は感染症対策のためか、試験会場はいつもの西宮市の関西学院大学ではなく、

          京都府京田辺市の同志社大学。

          いつもの倍以上の距離なので、

          久しぶりに朝の5時台に起きて、電車に揺られながら試験会場へ向かった。

           

          駅から試験会場は近かったが、朝の8時でもかなりの暑さ。

          試験室に入ってもまだ暑い。

          感染症対策で教室の戸が開け放たれていて、

          席に座っていても教室の入口から熱風が入ってくる。

          そして、いざ試験開始前になると試験官の方が

          「では、マスクを付けてください。」

          あーーー。

          そんな気はしていたが、マスクを付けながらの受験。

          付けた瞬間に額や口回りが汗が流れだす。

          空調は効いているが、汗が流れ続け、この状態では無理だと思い、

          試験官の方に温度を下げるか、風量を強くするかをお願いすると

          個別の設定ができないとのこと。

          試験開始の朝から終了の夕方まで汗が垂れ流れていた。

          8月の受験は初めてだったが、ここまで過酷とは思わなかった。

          気を緩めると暑さにやられそうだったので、

          必死に集中して各教科を黙々と解いていった。

           

          試験終了後の大学構内の帰り道。

          人混みの中をさらにマスクを付けて歩くのは無理だと思い、

          ほぼ人がいなくなってからゆっくり帰路に就いた。

           

          コロナウイルスの影響もあり、この2,3か月はいつも以上に

          法律の勉強に時間を割くことができた。

          その甲斐もあって、初めてといってもいいぐらい、

          問題文を読んでどの内容を聞かれているのか、

          どの判例を問うているのかを理解しながら問題を解くことができた。

          帰りの電車でネット検索しているとすでに解答速報が載っていたので、

          人もまばらな電車内で答え合わせを行った。

          予想はしていたが、やはり次のステージである、論文試験には進めそうになかったが、

          短答試験の合計点としては過去最高の点数となりそうだった。

          特に憲法はほぼ満点だった。

          会社員時代は平日は終電で帰って週末も出社して、

          試験直前でも夜の23時から近くのマクドナルドに行って

          夜中1時まで勉強できればまだ勉強した、という感じだった。

          今年は試験の直前は週の半分は6時間程度は勉強時間を確保できたので、

          その確保できた時間分だけ手応えがあったという感じだった。

          当たり前だが、やはり勉強時間を確保しないと合格には近づけないと改めて思った。

           

          今までいろんな試験を受けてきたが、合格まで人一倍時間がかかる。

          特に予備試験は今回で7回目。

          今回は勉強したからこそ、合格までの道のりを近くに感じつつも

          まだ時間がかかることを実感した。

          法律に関しても建築に関しても自分なりの目指す場所があるが、

          努力は続けているものの、まだまだ道のりは長い。

          ただ、亀の歩みのように遅いが、着実に進んでいることは確かだ。

          そして、私自身が諦めない限り、その目指す場所に到達できる気がする。

          頑張っても結果が出ない時は落ち込むこともあるが、

          それは頑張っているからこそ、避けては通れないのかもしれない。

          とりあえず試験が終わって、自分自身にお疲れ様と言ってあげたい。

          そして、明日はプレゼン提案するプランをしっかり検討し、

          明後日は憲法の人権の部分から勉強を再開する。

          千里の道も一歩から、だ。

          今年も届いた

          2020.07.28 Tuesday

          0

            JUGEMテーマ:法律

            今年もいつものものが届いた。

            予備試験の短答式の受験票だ。

            今年は例年に比べると約3か月遅れの実施となる。

             

            この約4か月は良くも悪くも時間があったので、

            平常時の数倍の時間を勉強に充てることができた。

            ただ、まともに勉強する時間ができて気付かされたことは

            頭では分かってはいたが、本当に膨大な量の内容の試験範囲だということだ。

            やればやるほどゴールが遠のいていくような感覚だった。

             

            過去の試験の成績表をお守り代わりではないが、常に手帳に挟み込んでいる。

            枚数を数えると6枚。

            だから、今回は7回目の受験となる。

            本屋に並ぶ予備試験や司法試験関連の本に目を通せば

            「以前の司法試験に比べれば今の司法試験の合格は簡単。」

            「コツを掴めば短期間の合格が可能。」等と書いているが、

            実際そんな人もいるだろうが、

            そんなことが言えるのはほんの一握りの人達にしか当てはまらない。

            法学部時代の友人で3人が約10年程、専業で司法試験を目指して

            そのうち1人だけが受かり、他の2人は諦め、違う道を目指していった。

            勉強している私が一番分かっているが、

            何年も死に物狂いに勉強するのが前提で、

            その上で受かるかどうかという試験である。

            ただ、設計事務所の仕事だけでも時間が足りなくて困っている所に

            さらにこんな難しい試験の勉強を続けているので、

            常に時間は足りない。

            それでもこんな状況でも続けている自分を不思議に思いつつも

            辞める気がないのはきっと私にとって大切なことだからだろう。

             

            今回は7回目の受験だが、法学部時代の友人達が費やした時間と労力と熱意に比べれば

            まだ私はそのレベルには達していないように思う。

            試験は水物だからあまり長期間には及ばない方が良いが、

            今の状況を考えると致し方ない。

            そして、試験に受かってもいない私は合格する方法を知っている。

            圧倒的な時間と労力と熱意を試験勉強に注ぎ込めば必ず受かる。

            試験まで残り3週間だが、それを忘れずに最後まで足掻きたいと思う。