最終のプレゼン

2017.08.13 Sunday

0

    JUGEMテーマ:建築・設計・デザイン

    今日は先日直接お会いして聞き取りをしたお客様に

    最終のプレゼンをするために滋賀へ向かった。

     

    電車からの眺め。

    街中を離れ郊外へ。

    前回お会いした時点で10数社の設計事務所の依頼先候補があり、

    その中で4社程度に絞っているとお話しされていた。

    今日のプレゼンで最後の1社になるかどうかと考えていたので、

    決まらなくても当たり前と考え、精一杯プレゼンをやり切れるように

    車内でも再度プレゼン内容の確認をしていた。

     

    帰りの電車待ちのホーム。

    夏のからっとした空が眩しすぎて、頭がくらくらしていた。

    プレゼン結果はと言うと、今日の時点で最終候補の2社になった。

    ただ、駅に着いてお会いしての第一声が

    「謝らなければならないことがあります。」とのこと。

    滋賀まで来たけど別の設計事務所に決まってしまったのかと思ったが、

    今月末には土地契約が完了する予定だったが、

    仲介業者の対応がいろいろといい加減らしく、

    結局、土地の契約を取り止めたとのこと。

    申し訳ないですが再び土地を探す所から始めます、と恐縮しながら話してくれた。

    本来なら今日で良くも悪くも結果が出るつもりでプレゼンに臨もうとしていたので、

    多少拍子抜けしてがっかりした気持ちもあり、

    しかし、10数社から最後の2社まで残ったことをうれしくも思い、複雑な心境だった。

    さらに帰りはJRの得意技である人身事故で

    エアコンは効いていたが、止まった列車に1時間半閉じ込められていた。

    今日はいろんな意味でお腹いっぱいな感じだったので、

    車窓を無言で眺めながら電車に揺られて帰路に就いた。

     

     

     

    スポンサーサイト

    2020.09.19 Saturday

    0
      関連する記事
      コメント
      コメントする