滋賀・京都へ

2017.07.16 Sunday

0

    JUGEMテーマ:建築・設計・デザイン

    今日は朝から建築計画の相談で滋賀と京都へ向かった。

     

    駅で待ち合わせをし、早速、計画敷地へ同行した。

    周辺は住宅地だが、敷地はかなり広い。

    その後、ご自宅でご要望をいろいろとお聞きした。

    今までメールでのやり取りだったので、

    直接お会いして、直接話が出来たので、

    私なりにより具体的なイメージが出来つつある。

    設計事務所に依頼することは決めているようだが、

    どの設計事務所に依頼するかはまだ決めかねているとのこと。

    今日の話を前提に近日、プラン等を提案予定。

    依頼頂けるかどうかは分からないが、

    私なりにしっかり検討して納得の行くプランを提案したいと思う。

     

    約築30年の家のリフォーム計画。

    以前にも相談は受けていて、その時は地元の知り合いの方を通して

    リフォーム計画を進めていくことになっていた。

    しかし、その後、計画が思うように進んでいないとのことで

    再度、お宅にお伺いし、現状の予算や計画の内容を伺った。

    内容を確認させてもらったが、私からすると、

    計画内容と見積の内容が合致しない。

    予算はある程度、限られてはいるが、計画内容はまだいろいろな可能性の

    余地があるように思えた。

    ご家族は今までのやり取りで疲弊されていたので、

    今後は私が主導でゆっくり進めて行きましょう、ということになった。

     

    現在、実際に打合せをし、

    具体的に計画を進めているのは全て紹介案件である。

    建築主と私は直接の知り合いではなく、間接的な繋がりである。

    ただ、その仲介の方は私の人柄や以前の仕事ぶりを知っている方なので、

    私と建築主とは初対面でも、ある程度の信頼を確保できた上で

    打合せをすることができる。

     

    今日、お伺いした滋賀と京都の案件は、

    まだどちらも相談段階である。

    契約した訳ではないので、

    私の方で検討してそれで終わりになる可能性もある。

    ただ、今後のことを考えると、私の人柄や仕事ぶりを知らない人からも

    設計の依頼を頂けるようにならないといけない。

    設計の話を頂ける機会も限られているだろうし、

    話を頂いても実際にお会いできる機会も限られると思う。

    それでも、お会いできる機会を頂ける限り、

    短期間で私の人柄や仕事ぶりを相手に伝え、

    依頼して頂ける信頼を勝ち取る技量や技術を身に付けていく必要がある。

     

    スポンサーサイト

    2020.09.19 Saturday

    0
      関連する記事
      コメント
      コメントする