チーク、レッドシダー・・・

2016.09.21 Wednesday

0

    JUGEMテーマ:建築・設計・デザイン

    今日は2週間ぶりにお客様と現場確認。

    昨日の台風の影響が心配だったが、特に問題はなかったとのこと。

     

    チーク無垢材の床張り。

    大工さんが一枚ずつ丁寧に張っていた。

    打合せの中で予算を抑えるために

    フローリングは仕様を落とすしかないか、と

    お客様と一緒にあきらめムードになっていた。

    しかし、お客様自身がいろいろと調べてくれて

    チークを手頃な価格で手に入れられるルートを

    見つけ出してきて頂いて、叶えることができた床。

    本当にありがたかった。

    ただ、それでも塗装品は高かったので、無塗装品。

    ご主人が完成後にそれぐらいは自分で塗ると宣言していた。

    頭が下がる思いです。

     

    玄関ポーチの軒天はレッドシダー仕上。

    外壁の一部にもレッドシダーを採用している。

    打合せの最初からレッドシダーを使うことは決まっていたが、

    どのメーカーのものを使うかはかなり難航した。

    3,4回サンプルを取り寄せ、いったん決まっても

    再度検討したりしたがお客様と一緒に

    悩んだ分だけきれいな仕上がりに見えた。

     

    2階バルコニーの鉄製の手摺。

    お子さんが小さいので、桟の間隔をもっと密にする話もあったが、

    意匠性、安全性をいろいろと話し合った結果、写真のような最終形になった。

    アルミの既製品とは一味違う感じになった。

    今は仮囲いで外側からは見えにくいが、

    完成時には建物の外観のアクセントになるだろう。

    完成が楽しみだ。

     

    スポンサーサイト

    2019.11.14 Thursday

    0
      コメント
      コメントする