木を見て森を見ず

2017.06.05 Monday

0

    JUGEMテーマ:人生論

    先日の予備試験以降、新たな勉強方法で勉強を始めていた。

    しかし、まだ1年後にも関わらず、

    ここ1,2週間の感覚からして、

    すでに自分の設定する到達点に

    辿り着けない可能性が高いことが直観的に分かり、

    ぼんやりと焦っていた。

     

    また、コンペの締め切りが近づいているが、

    今動いている設計や現場等の諸々のことをしているうちに

    作業がはかどっていなかった。

     

    そして、以前からちょっとずつ動いていた知り合いの紹介の

    設計の仕事の話があったが、急に2件が動くことになった。

    非常にうれしいことだが、良い建物を設計しようという

    期待と不安が入り混じった気持ちになっていた。

     

    そのような混沌とした状態で、

    それぞれをどのように進めれば良いか、

    どのような心の持ち様で行けば良いかをここ最近悩んでいた。

    特にここ数日は会社員時代にスムーズに仕事ができていたことと比べて

    今は何が異なり、何が原因で悩んでいるのかを悩んでいた。

     

    そして、出た結論は「木を見て森を見ていなかった」ということだ。

    会社員時代の仕事の仕方は何年もやっているうちに

    自分の型ができてくる。

    型が出来てくれば、全体を見渡す余裕が出てきて、

    どのような手段で、どこに力を入れれば良いかが分かってくる。

    そうなると、仕事の質も上がってくる。

    その逆に、やり始めて十分な時間も経たない不慣れなことは

    一生懸命やっているうちに全体を見渡す余裕がなくなり、

    手元ばかり見るようになる。

    結局、質は落ち、何を目的にしていたかさえ分からなくなってくる。

     

    そう考えると、予備試験の勉強はこの数年やってきているが、

    まだ、分かったという状況まで行けていない。

    そして、コンペは学生の時も含め、ほぼ応募したことがないが、

    去年から国内でも有力な設計者達に交じって応募し始めている。

    また、設計は自分の事務所を開設して以降、

    高みを目指すには知識も経験もまだまだ足りていないのを痛感している。

    要は、今やっていることはまだ不慣れで全体を見渡す余裕を失っていたにも関わらず、

    気持ちだけが焦っていることが分かった。

    ただ、それが分かれば、全体を見渡し、どのような手段でどのような目的を達成するかの

    検討に時間を掛け、あとはすべきことをしていけば良い。

    結論は当たり前の話だが、ここまで来るのに非常に時間がかかった。

     

    昨日は今後の予備試験の仕方を改めて考えていた。

    夜中から考え始めて結局朝方まで時間がかかった。

     

    去年1年で勉強していた本。主に予備校本。全ては読み通せていない。

    勉強方法を必死に考えていて、ふと今使っている本はどれぐらいだろうと全部積み上げたら

    明らかに1日3時間程度で1年がんばってもやりこなせない量だと分かった。

    また、予備校本に種類を絞っていたが、自分の本棚の設計の本の種類を見ていたら、

    大学の授業で使っていた本、官公庁が出版している本、インテリア雑誌等

    いろいろな本があった。

    そう考えると、何も一つの種類に統一する必要はないことに気付いた。

     

    今年1年で勉強しようと考えている本。基本書、予備校本などごちゃまぜ。

    基本書は10冊程度追加することになるが、

    去年まで使用していた本の量からすると2/3以下になる。

    これならまだ現実味が湧いてくる。

     

    どうしても結果を出したい、質を上げたいと強く思えば思うほど、

    視野が狭まり、全体を見渡すことがおろそかになる。

    そういう時はいったん立ち止まり、現状を把握し、

    焦った気持ちですぐに始めるのではなく、

    目的を明確にし、それを達成するためにどのような手段を選ぶべきかに

    しっかり時間をかけるべきである。

    そのことさえ忘れなければ、あとはその選んだ手段を実行していくだけである。

     

     

     

    スポンサーサイト

    2020.09.19 Saturday

    0
      コメント
      コメントする