予備試験

2016.09.16 Friday

0

    JUGEMテーマ:法律

     

    予備試験は司法試験を受けるための大検のような試験である。

    以前は特に資格要件等はなしに誰でも司法試験を受けることができたが、

    現在は法科大学院を卒業するか、予備試験を合格するかが必要となる。

     

    私は高校卒業後、高校で文系だったこともあり、世の中を知るためには

    法学部に行った方が良さそうだということで法学部に入学した。

    ただ、卒業後は建築学科に編入し、建築士として社会で働きたいと考えていたので、

    法律の道は特に考えていなかった。

     

    法学部を卒業後、全国の大学の建築学科への編入試験を受けていく中で

    どの大学も筆記と面接があり、面接の中で必ず法学部を

    卒業したことの意義を尋ねられ、なんとなくの回答しかできなかった。

    しかし、そういうやり取りをしていく内になんとか法律の知識も

    建築士の仕事の中で生かしたいと考えるようになった。

    いろいろ調べると建築士の資格を持って活躍されている弁護士の方は

    少数ながらいる。

    たが、弁護士資格を持って建築士として活躍されている例は

    見つけることができなかった。

    よって、弁護士等の資格を持っている法律に強い建築士がいても

    おもしろいのではないかと思うようになった。

     

    編入試験合格後、半年程余裕があったので、手始めに行政書士試験を受験、合格した。

    この調子なら司法試験もなんとか受かるのではないかと思って約15年。

    現状はその手前の予備試験の択一試験ですら受かったことがない。

    これまでに一級建築士試験の受験もあり、設計事務所で働く中で

    毎日終電で休みが数か月取れなかったり、

    帰宅が早くて22時でそれから勉強を始めたりで

    十分な時間が取ることが難しかった。

    過去、予備試験を3回受験したが、10000人中、7000番前後を彷徨っている。

    現状、予備試験に合格する人はほとんどが社会人ではなく学生が多い。

    しかし、少数ではあるが、社会人の方も志しを曲げず、

    時間のない中で見事合格されている方もいる。

     

    この3回の受験で順位がほとんど変わらないのは、

    結局、表面をなでるだけで「理解」ができていないことが分かった。

    来年の5月の試験まではあれもこれもと手を出さずに

    司法試験の過去問とテキストのみをひたすら理解するまで繰り返そうと思う。

     

    スポンサーサイト

    2019.11.14 Thursday

    0
      コメント
      コメントする