ある日の土曜日

2017.05.20 Saturday

0

    今日はリフォームを検討中の友人の2回目の現場見学を行った。

    友人の奥さんは用事で来れなかったが、

    義理のお義母さんは今回も参加で

    友人夫婦以上に設計や現場に興味があるようだった。

     

    友人は仕事が設計なので、話はもちろん合うが、

    お義母さんの方も以前に自宅を購入する際に

    一部現場とのやり取りをしたことがあるようで

    私と話す時も的を得た質問等が多かった。

    何事も経験者は違うなと思った。

     

    中央の壁に簡易な掃除道具置き場を設けている。

    これはどの現場も共通だが、

    きれいに片づけられている現場は

    仕上りもきれいである。

    逆に現場が汚いと仕上りも汚いことが多い。

    ほぼ外れることがないので、これは法則だと思う。

     

    他の部屋の様子。

    事前に片づけるように言った訳ではないが、やっぱりきれい。

     

    何気なしに大工さんの写真。

    「かっこよく撮ってくれよ」と冗談を言っていた。

     

    全く関係ない話だが、今日見学に来ていたお義母さんと話していると、

    なんと私が卒業した和歌山の同じ中学、高校の先輩だった。

    さらに、この大工さんは先日、私が深夜バスで行った

    プロポーザルの計画地の愛媛県八幡浜市の出身だった。

    それぞれの思わぬ驚きが覚め有らぬまま、帰宅後、刑事訴訟法のおさらいをした。

    明日は朝から丸一日、予備試験。

    状況は厳しいにしろ、この1年がんばってきた努力を吐き出せるようにしたい。

    スポンサーサイト

    2020.09.19 Saturday

    0
      関連する記事
      コメント
      コメントする