内部下地工事1

2017.05.17 Wednesday

0

    JUGEMテーマ:建築・設計・デザイン

    今日は工事の進捗の確認と

    前回の構造検討に基づく工事が

    適正になされているかの確認を行った。

     

    床下地、壁下地が造られていた。

    天井下地は今週後半からとのこと。

    2階は今回工事では壁クロスを更新する程度だが、

    一部給気口や換気扇、コンセント等も更新するので、

    その取り合いを電気屋さんと打合せを行った。

     

    手前の梁下に合板を重ね張りをして補強している。

    現時点では梁の下面は板材しか見えないが、

    元々、間柱を入れやすいように細かな切込みがたくさんあった。

    しかし、この梁の両端の柱位置を移動しているので、

    その切込みが広がる可能性もあるので、補強しておいた方が良いとの

    構造設計者のアドバイスから、気持ち程度ではあるが、梁下補強を行っている。

    それ以外にも構造補強等を行う箇所を構造設計者と共に確認していった。

    一部耐力壁の納め方が工務店さんなりに考えて施工されていたが、

    構造設計者的には不十分という箇所があったので、

    工務店も交え検討し、別の方法で補強することになった。

     

    構造設計者は原則、意匠設計者からの相談内容を図面等に基づいて検討し、

    現場まで足を運ぶことは少ない。

    現場へ来たとしても検討前後の1回程度である。

    今回は検討前に現場に来てもらい、

    リフォーム現場ということもあり、

    念のため、検討後にも現場確認をしてもらった。

    また、施工者も人によっては設計者の指示通り、

    もしくは図面通りに施工する場合がほとんどである。

    それはそれで良いのだが、施工者からの提案が欲しい時もある。

    今回はこちらの悩みを相談し、工務店さんの経験も踏まえ、

    工務店さんなりの納まり等を提案してもらった。

     

    いろんな現場を経験して思うことは、

    やはりその計画に携わる関係者がそれぞれ為すべきこと、

    さらに次へのもう一歩を努力すると

    その計画もさらに良い物になるという実感である。

    スポンサーサイト

    2020.07.28 Tuesday

    0
      関連する記事
      コメント
      コメントする