工事再開

2017.05.10 Wednesday

0

    GW前に解体後の構造再検討及び方向性の確認を

    建築主、意匠設計者、構造設計者、工務店、

    それぞれとやり取りを行った。

    そして、その決まった内容に基づいて

    GW明けから大工さんも現場に入り、工事が再開した。

     

    他の柱、梁に比べて白く見える柱や筋交いが新設した構造補強の部分である。

    解体が終わった時点で新築時に作成していた確認申請図面と

    実際の筋交いや柱の位置が図面といろいろと異なっていたので、

    頭を抱えていたが、構造設計者と工務店と

    検討、現場確認、等々を粘り強くやってきたおかげで

    当初計画していた内容も大きな変更もなく、

    かつ、既存よりも構造耐力をアップすることができた。

    一部、既存の柱を検討の上、抜いているが

    特にたわみ等の増加も見られない。

    まずは安心した。

     

    今日は現場で私と現場監督と大工さんと

    工事内容の相談や他愛もない雑談をしていたが、

    私の経験上、雑談をあえてすることで

    施工側の器量や性格が分かる瞬間がある。

    私の基準からすると、彼らは合格点だったので、

    さらに安心した。

     

    今日は現場確認を終えた後に税務署へ足を運んだ。

    建築主よりリフォームローンの減税措置に対しての相談があったためである。

    自分なりにいろいろと調べ、書類のみでは分からない内容があったので、

    税務署に直接聞きに行った。

    聞く限りは私の予想していたやり方でローン控除がある程度使えそうなので、

    建築主に良い報告ができそうだ。

     

    ローン控除等に関して得意な設計者はあまり多くないと思う。

    ただ、私はたまたま去年度、自分で確定申告をしたり、法律を勉強中であったりするので、

    あまり抵抗なく税務に関して理解できた。

    私も決して得意ではないが、得意ではないからといって何もしないのは良くないと思う。

    このブログでもたびたび書いているが、何事も面倒くさがらずに

    一つ一つしっかり解決していく気持ちさえあれば、

    それはきっと仕事の信用にも繋がるし、

    巡り巡ってプラスのものを自分に運んでくれると信じている。

     

     

    スポンサーサイト

    2020.07.28 Tuesday

    0
      関連する記事
      コメント
      コメントする