内部解体工事5

2017.04.22 Saturday

0

    今日は私と構造設計者との検討内容を基に

    現場で工務店と共に打合せを行った。

     

    構造設計者から工務店への注意事項説明の様子。

    よくあることだが、図面上でどんなに設計者が検討を行っても、

    現場で実際に工事する施工者と話しているうちに

    その設計者の案よりも良い案が出てきたり、

    無理のない案に変化する。

    もちろん、図面上でできる限りの検討を行うことが前提である。

     

    水道業者と工務店の打合せの様子。

    今日は工務店の他に水道と電気の職人さんにも現場に来て頂いた。

    図面の質疑応答や実際施工する場合の問題点等を打ち合わせた。

    現場を動かすにあたって工務店や設計者を

    頂点として末端に各職人さんがいる。

    ピラミッド型の組織構造である。

    これは私の考えだが、その末端の職人さんの技量や考えで

    建物の仕上がりが大きく左右される。

    結局、作る人は各職人さんなので、

    その職人さんがいい加減であれば残念な仕上がりになるし、

    誇りを持って仕事をされている職人さんであれば、

    やはりそれに見合った仕上りになる。

    今日は各職人さんからいろいろと質問があったので、

    仕事に対しての真摯な姿勢が感じとれたので、

    今後の工事に対しても多少ほっとした。

    気を抜かずに工事を進めて行きたい。

     

    スポンサーサイト

    2020.09.19 Saturday

    0
      関連する記事
      コメント
      コメントする