工事前の事前確認

2017.03.22 Wednesday

0

    JUGEMテーマ:建築・設計・デザイン

    今週後半からリフォーム工事の解体工事が始まる。

    先日、建築主・設計者・施工者の3者で現地で

    打合せをし、現場に置いている家具等の扱い等を決めていたが、

    その通りになっているか、さらに解体前の全体の確認のために現地を訪れた。

     

    処分する家具、保管する家具等。

    建築主側で打合せ通りまとめて頂けていた。

    しかし、置く場所が打合せ内容と一部違っており、

    また、処分するのか保管するのか

    分からない家具もあった。

    念のため、建築主にそれぞれ内容を確認し、

    その旨を工務店に伝えた。

     

    設計者の仕事はあくまで図面を書くことである。

    そして、図面通りに現場が進んでいるかを確認することである。

    しかし、建築主と施工者の中間の立場にいる設計者が

    影ながらの努力をすることで完成した建物が

    きっとより良いものになると私は信じている。

     

    次回来る時は外構部分の解体が終わり、

    内部の解体が始まっている頃である。

    毎日は来れないが、より良い建物になるように

    自分のできることを一つずつしっかりやっていきたい。

     

    スポンサーサイト

    2020.05.20 Wednesday

    0
      関連する記事
      コメント
      コメントする