外構業者に見積依頼(つづき)

2016.09.10 Saturday

0

     

    現在着工中の案件の外構の見積依頼をしていたが、

    半数以上から辞退の連絡があった。

    理由が分からないので、それぞれに確認すると、1社から回答を頂いた。

    以下の理由であった。

    「まだ直接お会いしていないので、あなたを信用できるか分からない。

     提案した計画、見積を他社に持っていかれてしまい、

     無駄な作業になるかもしれないので、辞退したい。」とのこと。

     

    確かに建築設計の世界でも同様のことはある。

    以前に知り合いから聞いた話で、お客様がすでに土地は購入しており、

    その上に建てる住宅を検討しており、その住宅のプレゼンを行った。

    プレゼン資料を渡して連絡を待っていたが、

    連絡もないしこちらから連絡をしても繋がらない。

    後日、別の会社で、その知り合いがプレゼンした住宅のまま建っていた、とのこと。

    その知り合いはその話をしながら、怒り狂っていた。

     

    住宅を購入しょうと考えているお客様は

    自分達が望む住宅はどこの誰にお願いすれば良いか分からないし、

    仮にこの会社、この人にお願いして本当に良いのか、不安感が大きいと思う。

    ただ、設計をするこちらからしても同様で

    前述のようにいろいろ検討してプランを考え、プレゼンしても

    その労力や熱意を受け取ってもらえるお客様なのだろうか、など。

    どちらにしても卵が先か、鶏が先かの論議になってしまうので、結論が出ないと思う。

     

    現在、私の事務所で動いている案件は全て紹介の案件で、

    私のことを以前から知っている方もいるし、

    初めてお会いした方もいる。

    ただ、不思議なことにどのお客様からも私に対しての信頼感を感じるし、

    こちらも毎回の打合せが非常に楽しい。

    根拠のない結論だが、それぞれの人の日頃の考え方や行動に見合った

    仕事や人と縁ができるのではないかと思う。

    今後も真摯に設計に向かい合いたいと思う。

     

     

    スポンサーサイト

    2019.11.14 Thursday

    0
      コメント
      コメントする