大阪新美術館プロポーザル

2017.02.03 Friday

0

    JUGEMテーマ:建築・設計・デザイン

    今日は大阪新美術館の第二次審査の公開プレゼンテーションがあった。

    去年、私自身初めてプロポーザルに応募したことと、

    私が一番好きな建築物が谷口吉生氏設計の豊田市美術館ということもあり、

    今後の勉強になるようにと思い、拝聴させて頂いた。

     

    会場は大きなホールだったが、ほぼ満席の状態で

    高い注目度であることが伝わってきた。

     

    プロポーザルに参加したのは68組で

    第二次審査に進んだのは5組である。

    その中でも槇総合計画事務所のプレゼンを楽しみにしていた。

    そして、最初のプレゼンが槇総合計画事務所だった。

    槇文彦氏は今年89歳なので、事務所の別の方がプレゼンするものと思っていたが、

    ご本人がしゃべり始めたので驚いた。

    さらにご本人には失礼だが、年不相応に滑舌も良く、

    アーバンキューブ、パブリックスペース等のキーワードを通して、

    非常に分かり易く、かつ、ご自分の知識、経験を基に話されていたので、

    説得力のある内容だった。

    大学時代に槇氏の著作を読んだことがあるが、

    その著作同様に力みのない話し方で完成後の建物のイメージも出来、

    その建物に可能性を感じることもできた。

     

    その後、大手の組織設計事務所のプレゼンが続いたが、途中で退席してしまった。

    プレゼン資料やパースの質では槇総合計画事務所よりも上であったし、

    別の配置案での工事費の比較等を用いて詳細に検討していることは伝わってきた。

    しかし、一番重要な「何故その建物の提案なのか」という根幹部分では

    「美術と街をつなぐ」「その方法は楽しくない」「そうしないとつらい状態になる」等

    非常に感情的かつ抽象的な説明が多く、大学の設計演習の発表会を聞いている気分になってしまった。

    あれだけのプレゼンの準備ができるから、きっと彼らは優秀な人達だと思う。

    ただ、設計案の説明は詩的な表現ではなく、論理的な説明を行うべきだと思った。

    建築というものは抽象的な概念から始まり、最後は避けようがないぐらい具体的になる。

    だからこそ、人に説明する段階では感情的かつ抽象的な所からは一歩前に進まないと相手に伝わらないように思う。

     

    予定よりも早く会場を後にしたので、ついでに大阪新美術館の計画地を見に行った。

    計画地はシーザー・ペリ設計の国立国際美術館の北側だった。

    敷地の周りは高層ビルが立ち並んでいたが、そこだけぽっかりと穴が開いたように

    空き地が広がり「大阪新美術館建設予定地」の看板が弱弱しく物寂し気に立っていた。

    実際にプロポーザルの公開プレゼンテーションを拝聴し、

    いろいろと思う所はあったが、その舞台にさえ立っていない自分がその看板のように思えた。

    早く彼らと同じ舞台に立てるだけの実力を身に着け、美術館の設計をしてみたい。

    スポンサーサイト

    2020.05.20 Wednesday

    0
      関連する記事
      コメント
      コメントする