お疲れ様

2020.08.17 Monday

0

    JUGEMテーマ:法律

    3か月延期になっていた予備試験を受験してきた。

     

    今年は感染症対策のためか、試験会場はいつもの西宮市の関西学院大学ではなく、

    京都府京田辺市の同志社大学。

    いつもの倍以上の距離なので、

    久しぶりに朝の5時台に起きて、電車に揺られながら試験会場へ向かった。

     

    駅から試験会場は近かったが、朝の8時でもかなりの暑さ。

    試験室に入ってもまだ暑い。

    感染症対策で教室の戸が開け放たれていて、

    席に座っていても教室の入口から熱風が入ってくる。

    そして、いざ試験開始前になると試験官の方が

    「では、マスクを付けてください。」

    あーーー。

    そんな気はしていたが、マスクを付けながらの受験。

    付けた瞬間に額や口回りが汗が流れだす。

    空調は効いているが、汗が流れ続け、この状態では無理だと思い、

    試験官の方に温度を下げるか、風量を強くするかをお願いすると

    個別の設定ができないとのこと。

    試験開始の朝から終了の夕方まで汗が垂れ流れていた。

    8月の受験は初めてだったが、ここまで過酷とは思わなかった。

    気を緩めると暑さにやられそうだったので、

    必死に集中して各教科を黙々と解いていった。

     

    試験終了後の大学構内の帰り道。

    人混みの中をさらにマスクを付けて歩くのは無理だと思い、

    ほぼ人がいなくなってからゆっくり帰路に就いた。

     

    コロナウイルスの影響もあり、この2,3か月はいつも以上に

    法律の勉強に時間を割くことができた。

    その甲斐もあって、初めてといってもいいぐらい、

    問題文を読んでどの内容を聞かれているのか、

    どの判例を問うているのかを理解しながら問題を解くことができた。

    帰りの電車でネット検索しているとすでに解答速報が載っていたので、

    人もまばらな電車内で答え合わせを行った。

    予想はしていたが、やはり次のステージである、論文試験には進めそうになかったが、

    短答試験の合計点としては過去最高の点数となりそうだった。

    特に憲法はほぼ満点だった。

    会社員時代は平日は終電で帰って週末も出社して、

    試験直前でも夜の23時から近くのマクドナルドに行って

    夜中1時まで勉強できればまだ勉強した、という感じだった。

    今年は試験の直前は週の半分は6時間程度は勉強時間を確保できたので、

    その確保できた時間分だけ手応えがあったという感じだった。

    当たり前だが、やはり勉強時間を確保しないと合格には近づけないと改めて思った。

     

    今までいろんな試験を受けてきたが、合格まで人一倍時間がかかる。

    特に予備試験は今回で7回目。

    今回は勉強したからこそ、合格までの道のりを近くに感じつつも

    まだ時間がかかることを実感した。

    法律に関しても建築に関しても自分なりの目指す場所があるが、

    努力は続けているものの、まだまだ道のりは長い。

    ただ、亀の歩みのように遅いが、着実に進んでいることは確かだ。

    そして、私自身が諦めない限り、その目指す場所に到達できる気がする。

    頑張っても結果が出ない時は落ち込むこともあるが、

    それは頑張っているからこそ、避けては通れないのかもしれない。

    とりあえず試験が終わって、自分自身にお疲れ様と言ってあげたい。

    そして、明日はプレゼン提案するプランをしっかり検討し、

    明後日は憲法の人権の部分から勉強を再開する。

    千里の道も一歩から、だ。

    スポンサーサイト

    2020.09.19 Saturday

    0
      コメント
      コメントする