建築と法律

2020.07.09 Thursday

0

    JUGEMテーマ:法律

    仕事が少し落ち着いたので来月の予備試験に向けて勉強を再開している。

    来月の予備試験は短答だから本来は短答の勉強をすべきだが、

    この何年も短答の勉強をメインに勉強してきたが、

    一向に身に付いていない感覚なので、論文の勉強をメインに進めている。

    短答に受からないと論文の試験すら受けることができないが、

    それでも論文の勉強が重要だと確信するに至っている。

     

    また、答案構成をして解答例を確認するような勉強の仕方をしていたが、

    それも結局、身に付いていない感じがあるので、

    時間はかかるがしっかり手を動かして解答するようにした。

    1科目に解答するだけでも2時間は最低かかる。

    これも効率性の観点からは悩む部分もあるが、

    しっかり手を動かし、頭を動かし、解答する勉強方法を取っている。

     

    そんな勉強方法を取っていて、ふと思った。

    設計の仕事と同じだ。

    設計の仕事も敷地があり、要望があり、

    それらを過去の経験や設計の作法とも言うべきやり方で煮詰めていく。

    ただ、検討に時間をかけ過ぎると図面を書く時間がなくなってくる。

    かと言って、検討をおろそかにすると作図段階で手戻りが多くなり、

    納得いかないままで図面を完成させざるを得なくなる。

    設計に関して、すべきことは設計の知識を身に付け、

    実際の案件を実際に見て、あとはひたすら手を動かすことである。

    ひたすら見ていて設計の力がつく人は稀だろう。

    どんな人でもひたすら手を動かして、自分らしい設計が身に付いていくものだと思う。

     

    司法試験の範囲は広い。

    まともに基本書を読んで、過去問を解いて、それを一つずつやっていっても

    憲法、行政法、民法、商法、民事訴訟法、刑法、刑事訴訟法、その他科目を1周するだけでも

    1年で終わらずに次の試験日を迎えてしまう。

    だから、今まで効率性を如何に上げて、早く回すかを考えていた。

    この半年ぐらいに改めて思ったが、

    この試験に受けるには基本書や過去問を読んでいるだけではだめで

    ひたすら手を動かして、頭を使いつつ、自分自身に染み込ませていく必要がある。

    そのためには丁寧に一つずつをこなし、早くそれを実行していく必要がある。

    さらっと効率よく回していくだけでもだめだし、

    一つに時間をかけ過ぎてもよくない。

    両方が必要なのだ。

    建築であろうと法律であろうとそれ以外の内容であっても結局すべきことは同じなのかもしれない。

    丁寧さと効率性を両立させるその分野に合ったやり方で継続していく以外に道はないのだろう。

     

    論文の勉強をメインに据えて、今まで気付かなかったことに気付くようになった気がする。

    この感覚に至るまでに何年かかったことか。

    それでも自分なりの型を見出せたなら、

    結果はすぐに出なくても、愚直にその方法を実行していくことが一番の近道かもしれない。

    それが正解かは分からないし、正解が何かも分からないが、

    自分なりに気付くことはとても価値のあることだと思う。

    また違う何かに気付いて、違うやり方をし出すのかもしれないが、

    それでも最低限、今の自分が正解と思えるやり方でやっていくことは重要なように思う。

    スポンサーサイト

    2020.07.28 Tuesday

    0
      コメント
      コメントする