revitlt&twinmotion

2020.06.27 Saturday

0

    去年の秋に今まで使っていたCADに限界を感じ、

    BIMである、revitltを購入した。

    revitの廉価版ではあるが、構造や設備の設計者と連携をしない限りは

    特に機能に支障はない。

    ただ、案の定、日々の仕事等でなかなか習得する時間がなかった。

    また、去年の年末に情報を得て、twinmotionというレンダリングCGソフトが

    会社の買収に伴い、しばらく無料でダウンロードできるということで

    使うかどうかも分からなかったが、念のため、ダウンロードしておいた。

    こちらも同様に習得する時間の確保ができていなかった。

    しかし、コロナウイルスのため、良くも悪くも時間ができたので、

    その時間を使って、一から使い方を習得していった。

     

    3月に打合せ中だった仕事が吹き飛んで以降は

    プレゼンの依頼すらないような状態だったが、

    今月に提出したいと思えるプロポーザルがあったので、

    このコロナウイルスの期間中に習得の努力はしたものの、

    まだ使いこなせているとは言えないレベルではあるが、

    revitltとtwinmotionをその図面作成に使ってみることにした。

     

    revitltで作図した図面を3Dで立ち上げた画像。

    BIMであるrevitltは基本的にCADと同じように作図していくが、

    途中に高さ等のその他情報も追加することで3次元的な作図が可能になる。

    今まではjwcadで作図し、その後、CGが必要な場合はshadeを使っていたが、

    改めて一から作図し直すような感じだったので、とても時間がかかっていた。

    revitltの場合は2次元の図面を修正すれば自動的に3次元の情報も修正されるので、

    二度手間三度手間を減らすことができる。

     

    twinmotionのレンダリング画像。

    revitltはtwinmotionとの連携は基本的にはできないのだが、

    いろいろと調べていくとプラグインソフトがあり、

    revitltで作成したデータをtwinmotionに持っていくことができた。

    今までshadeで作図、レンダリングを経て作成していた時間と比べると

    その数分の一の時間で仕上り、

    さらに今までよりも簡単な作業で仕上りの質が上がったことで、

    我ながら驚いたし、うれしかった。

     

    月末までにはプロポーザルの図面関係を仕上げる必要があったので、

    先週頭ぐらいから図面作成作業に取り掛かっていた。

    ただ、不思議なことに3日連続ぐらいで

    以前からやり取りしていた方や知り合いから紹介されたりで

    3件のプレゼンを月末までに仕上げることになった。

    プロポーザルを含め、4件のプレゼンを急遽、今月末までに仕上げる必要が出てきたので、

    今まで暇だった分、急な忙しさで勘が戻るか自分自身に心配していた。

    しかし、この2週間ぐらいは毎日、朝から作業を始めて、

    寝るのも3時頃の日々で記憶もあやふやなぐらいの忙しさだったが、

    楽しい気分でrevitltとtwinmotionを駆使して、おおよそ4件のプレゼンに目処が付いてきた。

    また、いろんな建築の本を読み返し、処分したりすることで今までとは設計への姿勢が

    微妙に違う段階へと変化してきたように思う。

    なんとなくコロナウイルスに多少感謝したい気分になった。

    時間が経ってみないと分からないが、

    このコロナウイルスで休んでいた期間に設計への考え方を再構築したり、

    必要なソフトを習得したことは私にとってターニングポイントになるかもしれない。

    スポンサーサイト

    2020.09.19 Saturday

    0
      関連する記事
      コメント
      はじめまして。
      興味深いブログで大変楽しく拝見させていただいております。
      revitltで作成したデータをtwinmotionに持っていくプラグインがあるようですが、何というプラグインでしょうか?
      また、ダウンロード先を教えていただけますでしょうか?
      • by Onikudaisuki
      • 2020/09/06 4:46 PM
      コメント、ありがとうございます。
      このブログは日々思ったことをつらつら書いているので、
      見て頂いたのはお恥ずかしい限りです。
      さて、本題ですが、revitとtwinmotionはボタン一つで連携できますが、
      revitltとtwinmotionは連携しておらず、
      revitltで作成した3Dデータを拡張子fbxファイルに変換して
      twinmotionに持っていく必要があります。
      revitltの作図画面の右上にあるショッピングカートから入れる、
      autodesk app store、に入り、「fbx」で検索すると
      「FBX Exporter」という無料ダウンロードソフトがあります。
      インストールしてもらうと、revitltの3D画面でfbxファイルとして
      3Dデータを保存できるようになります。
      ご参考にしてください。
      • by 田中洋平
      • 2020/09/07 12:36 AM
      返信いただき有り難うございます。

      revitltからTwinmotionに持っていくには、FBXエクスポーターというものが必要に鳴るのですね。
      教えていただいた手順でインストールしてみたいと思います。

      ブログのアップされた際にはまた拝見させていただきます。
      • by Onikudaisuki
      • 2020/09/08 5:03 PM
      コメントする