どうにかならないものか

2020.05.20 Wednesday

0

    たまたま縁が合って申請業務の依頼があった。

    今のこのような時期だから、ちょっとした仕事でも有難いし、うれしい。

    同じ兵庫県内だが、行ったことのない地域なので、

    少し遠足に行くような気分で現地へ向かった。

     

    周りは見渡す限り、山と川の風景。

    遠くでうぐいすの鳴く声とカエルの鳴き声がする。

    この2か月ぐらいはほぼ家に閉じこもって作業ばかりしていたので、

    なんとなく気分的にほっとする感じがした。

     

    建築主にお会いして、申請業務の打合せをした。

    簡易な倉庫の申請なので、それほど難易度は高そうではないが、

    唯一、敷地が市街化調整区域にあるので、確認申請とは別に書類を作成する必要がありそう。

    打合せ後、その内容を確認するために役所へ向かった。

     

    兵庫県内ではあるが、この役所へは初めて行った。

    事前にある程度、申請に必要な確認事項や書類を準備してきていたので、

    それに関わる担当課へ直接向かった。

    最初に向かった担当課で市街化調整区域に関して

    2種類の書類が必要そうだということは事前に分かっていたので、

    その点を確認した。

    担当者の返答としては今回は建物は新築だが敷地内増築にあたり、

    以前に同様の書類を提出しているので、どちらも不要とのこと。

    その後、別の課へ向かった。

    別の課で聞きたかったことを確認していたが、

    なんとなく先ほどの課で確認した内容が怪しいような気がしたので、

    その内容を確認するとその二つのうち、一つの書類は提出が必要だと言う。

    うわっ、まただと思った。

    この数年、申請や届出で役所とのやり取りは本当に苦労したが、

    毎度、笑顔で落とし穴に落とすようなことをしてくる。

    確認したのに違うってどういうこと。

    その担当者が一緒に先ほどの課に確認に行ってくれるとのことなので、

    一緒に先ほどの課へ向かった。

    3人でそのやり取りをすると、

    先ほどどちらの書類も不要と言っていた担当者がそれは必要ですとのこと。

    思わず、冗談を言っているんですか、と言葉が出てしまった。

    こちらも今までの役所とのやり取りで二度手間三度手間を味わってきたので、

    私自身も相手も理解できなかったり、勘違いすることを前提に

    その該当書類を準備し現物を持っていって、

    かつ、行き違いや勘違いのないように、

    申請にいるかいらないかだけをシンプルに聞いたのにも関わらず、

    違う指示をもらうことになり、なんだかショックだった。

    さらにその書類一枚に担当課の印鑑をもらうために

    後日再度来る必要が出てきて、余計に暗い気分になった。

     

    その後、以前に提出していた許可申請が先週下りたとの連絡をもらっていたので、

    別の役所へ向かった。

    今の社会状況で、かつ、書類をもらいに行くだけなので、郵送できないかを聞いたが、

    受領印を押してもらう必要があるとのこと。

    担当課に向かい、受領印を押し、書類を受け取った。

    片道1時間以上かかったが、15秒ぐらいのやり取りだった。

     

    最近のニュースでもあったが、コロナウイルスの影響でテレワークが進んでいる。

    ただ、会社印や上司の印鑑をもらうために結局出社している人も多いらしい。

    ちなみに印鑑文化が根付いているのはアジア圏ぐらいで

    すでに日本以外はもうその文化もなくなりつつあるらしい。

    また、日本のPCR検査の陽性者の報告を手書きFAXで行っていたようだが、

    いろんな批判があったこともあり、ネットでの報告に変わったようだ。

    FAX文化の日本も進化していると皮肉めいたアメリカのニュースがあった。

    なんだか恥ずかしくて、情けない。

    印鑑と言い、FAXと言い、本当にどうにかならないものだろうか。

    理由は分からないが、私が会社員時代は社内の組織運営等で非効率だなとたまに思うこともあったが、

    特に自分で事務所を始めてからは仕事で役所とやり取りの中で、

    また、ニュースを見ていてもそういった内容がとても目に付くようになった。

    おそらく曲がりなりにも自分で経営しているから

    私自身に効率性という観点が加わったからなのではと思う。

    効率性が全てではないが、それでも無駄なことは続ける意味はないし、

    やり方は試行錯誤して改善していく必要はあると思う。

    そうしないと生き残れないからだ。

    時間は意識しないとあっという間に浪費するし、

    他人の時間ならなおさらだ。

    設計事務所で言うなら巡り巡って、

    売上は落ちるだろうし、完成する建物の精度も落ちる。

    今回のコロナショックは医療や経済に打撃を与えたことは間違いないが、

    できることなら社会の既存の生き方や考え、文化等に

    逆説的に良い影響をもたらすことになればうれしいなと思う。

    スポンサーサイト

    2020.09.19 Saturday

    0
      関連する記事
      コメント
      コメントする