ありがとうございます

2020.05.08 Friday

0

    変わらず引きこもった生活。

    先月の上旬からほとんど家の外に出ていない。

    ただ、3月のコロナショックの始まった頃には

    打合せ中の案件が無期限延期や中止になって焦りと不安で頭の中が混乱していたが、

    家に引きこもりを始めた頃から逆に今がチャンスと、

    今までしようと思っていたことを実行している。

    建築基準法や木構造、過去の建築学会賞を受賞した建築作品等の本の熟読、

    行政法や刑事訴訟法の論文問題を解き、関連判例の読み込み。

    設計に関わるソフトであるRevit、Twinmotion等の基本操作の確認、等。

    日々、一生懸命やっているが、時間がいくらあっても足りないような感じがする。

    このタイミングで仕事が忙しくなると困ると思えるぐらいに

    まだまだしたいこと、すべきことが山積みである。

     

    また、去年は事務所を開業して最も多くの建物が完成した年だったが、

    コロナウイルスの影響もあって完成写真がほとんど撮りに行けていない。

    GW明けに1件、撮影に行く約束をしていたが、

    今の状況なので、連絡のやり取りをして、

    さらに延期して夏頃にお伺いすることになった。

    そのやり取りの中で建築主から以下のような内容でメール返信が来た。

     

    「こちらも外出自粛していますが、田中さん設計の家で外出自粛しているので、

    そんなに苦ではありません。」

    「コロナの影響で世の中が変化して、これから家を建てる人は家でどれだけ

    快適に満喫できるかを真剣に考え始めると思います。

    そんな時に田中さんのような方が設計してくれたら

    みんな満足が行くと思います。」等など。

    この方は心で思っていないことでお世辞を言う人ではないことは分かっているから

    なおさらうれしかった。

    大声でありがとうございます、と叫びたい気分になった。

     

    おそらく今回のコロナショック以降に不況になると思う。

    不況の時に建物を建てたいと思う人は少ないだろうし、

    その不況の中でも、まずは日々の生活の目処が付いた後で

    ようやく建築計画の話になるだろうから

    しばらくは設計事務所としては厳しい時期が続くように思う。

    それでも今回もらったような言葉をまた他の建築主からもかけてもらえるように

    こんな時だからこそできることを自分なりに組み立てて実行していって、

    しっかりと次に繋がる準備をしていきたいと思う。

    スポンサーサイト

    2020.09.19 Saturday

    0
      関連する記事
      コメント
      コメントする