法定相続人

2020.03.31 Tuesday

0

    先日提出していた許可申請に関して

    役所から修正内容のFAXが流れてきていた。

    事前にある程度やり取りをしていたので、

    修正すべき内容は数行程度だったが、

    一つだけ今までに出てきていない内容があった。

    「署名した人と登記簿の関係が分かる資料を作成し、

    法定相続人全員の委任状を添付すること」

    んっ?何のことだ?

    登記簿に記載していた人の同意書は私ではなく、

    この申請の依頼主が取りに行ってくれていたので、

    改めてその資料を確認すると確かに数名、登記簿と同意した人の名前が違う。

    ただ、苗字は同じだが、下の名前が違う。

    しばらく考えて、意味が分かった。

    登記簿は土地の所有所が記載されているが、

    当然、その所有者が亡くなれば、

    民法、もしくは遺産分割協議に基づいて

    その土地の所有者も変更になる。

    普通に行けば、配偶者とその子供。

    そして、その変更した内容は法務局に据え付けられている登記簿の内容を変更しないと

    場合によっては法的には保護されない。

    法律の勉強をしていると嫌というほど、

    この登記に絡む裁判例が出てくる。

    それだけ問題が起きやすい内容なのである。

    ただ、反面、登記を変更するには個人でできないこともないが、

    ほとんどの場合は司法書士や土地家屋調査士に依頼することになり費用がかかる。

    そのため、登記が放置されていることも多い。

    今回はまさしくその状態の土地がいくつかあることが分かった。

     

    「負動産時代」(朝日新聞取材班)

    少し前に購入して読んだ。

    「不動産」ではなく、「負動産」

    現在の日本は空き家が年々増えているが、

    その本ではいくつか例を出して、

    現代の日本の状況と制度が噛み合っていないことで

    いろんな問題が出てきていることを指摘していた。

    一つの例。

    関東の主要都市の駅近くの一等地であるのに

    廃墟が建ったままの土地があるという。

    価値で言えば数億の土地。

    記者が調べていくと、土地の登記が放置されていたために

    法定相続人が100人近くいるらしく手付かずになったらしい。

    そうなると、法定相続人の誰かや行政がどうにかしようとしても

    その100人を把握すること自体が難しく、どうしようもない。

    少子化や経済格差等の問題も絡んで年々そんな土地が増えているらしい。

     

    役所からの修正内容を読んで、その本の内容が頭をよぎった。

    なんとなく、答えは分かっていたが、念のため、役所にその内容を確認した。

    役所からは、戸籍謄本を取り寄せて何人になっても委任状をもらってくるように言われた。

    それが100人でもですか、と聞いたが、基本的にそうです、との回答。

    ここ数年の役所とのやり取りで答えも分かっていて、

    かつ、それを冷静にやり取りできている自分を褒めたくなった。

    役所の回答は正しいと思うし、法規に沿えばその通りだと思う。

    ただ、現地は既に自治体の方で道路として使えるようにアスファルト舗装はしているし、

    その工事の時に土地の所有者と何らかのやり取りをしているからこそ工事が出来ているのだから、

    改めてこれから戸籍謄本を取り寄せて、その法定相続人の委任状をもらうことに意味を感じられない。

    分かり切っていることをこれから実行しなければならないことで気分が沈む。

    民間会社が宇宙旅行を企画するこの時代。

    日本の将来は大丈夫だろうか。

    スポンサーサイト

    2020.07.28 Tuesday

    0
      関連する記事
      コメント
      コメントする