分かっているつもり

2020.03.27 Friday

0

    JUGEMテーマ:人生論

    先日、知り合い二人と飲みに行った。

    その二人は会社の代表である。

    会社員時代は会社の人と月に数回は飲みに行っていた気がするが、

    事務所を始めてからは年に数回程度しか飲みに行っていない。

    特に飲みに行きたいとも思わないし、

    毎日、仕事か勉強の日々だが、なんとなく充実した感じがする。

    きっとこの生活が合っているのだろう。

     

    その二人と飲みながら、

    仕事の立場がら、やはり話題はコロナウイルスのことや

    今後の仕事の話がメインだった。

    いろんな話をしながら、私自身、設計事務所を始めてから

    思い悩んでいることを話して意見を聞いてみた。

    ある一人から言われたのは、

    「田中さん、考え過ぎですよ。本当に真っすぐな人やな」と言われた。

    言われて思ったが、この「考え過ぎ」「真っすぐ」という単語は今まで何人の人に言われただろうか。

    必死になればなるほど、この要素が顔を出してきて、私自身がぐるぐると混乱の状態になる。

    そして、言ってくれる人もこの発言をする時は大体、苦笑いをしながら言ってくる。

    私の解釈としてはそれらは私の長所であり、短所であり、

    人からすると苦笑いする感じの人間臭い部分なのかもしれない。

    設計事務所を運営する日々は私自身に合ってはいるが、

    唯一欠点はある。

    会社に所属している時ほど人といろんな話をする機会がないので、

    一人悩むことが多い。

    また、年齢的立場的にも上からアドバイスされることが少ない。

    特に必死になればなるほど、自分で解決しなければならないことが多いので、

    余計に思い悩むのかもしれない。

    ただ、分かっているつもりではいたが、その一言を言われ、

    なんとなく肩の力が抜けた気がした。

     

    コロナウイルスが流行り始めた時は世の中大変だなぐらいにしか思っていなかったが、

    気付けば遠い近いの違いはあるが、それが原因でいくつかの仕事が流れてしまった。

    他の設計事務所が出している書籍で以前のリーマンショックの時は大変だったと

    いろんな設計者が語っていたが、ふーんぐらいにしか感じていなかった。

    ただ、今回のコロナショックがまさしくそれだと身をもって体験させられた気分である。

    本当に大変だ。

    でも、こんな時だからこそ、すべきことがきっとある。

    実際、仕事がかなり忙しい時と同じぐらいにここ最近は忙しい。

    今仕事が忙しくなると困ると思うぐらいにすべきことがたくさんある。

    どんな時でも全てはより良い設計者になるために時間をつぎ込んで行きたいと思う。

    スポンサーサイト

    2020.05.20 Wednesday

    0
      コメント
      コメントする