2020.03.15 Sunday

0

    2件プレゼンする機会をたまたまもらったので、

    早速プラン検討することにした。

     

    設計事務所が仕事に取り掛かる時に一番最初にもらう情報は

    予算と要望である。

    ただ、経験上、建築主の要望を満たそうとすると、

    建築主の考えている予算通りになることはほぼなく、

    だいたい予算の1.5倍以上になることが多い。

    私の場合は最初のプレゼン提案としては

    まずは要望通りにプランしている。

    私が逆の立場で考えると、結果的にその予算では望んでいた建物の実現が難しいとしても、

    自分が望んでいた建物はどれぐらいの金額になるかを知りたいからである。

    全てに言えることだが、知らなかったことを知って違う考え方も可能だろうし、

    違う発想も出てくる可能性があるからである。

    それを理解してもらい、建築主と設計者で試行錯誤する時間が打合せだと思う。

     

    また、設計事務所が出す工事金額は概算のさらに手前の超概算である。

    計画建物の材料の数量を拾い出して、材料の単価の載っている本があるので、

    それらを組み合わせて工事金額を出すこともあるし、

    今までの経験上、構造様式や仕上げのグレードでおおよそ坪単価を知っているので、

    それを元に出すこともある。

    ただ、材料の金額は実際はその時々で変わるし、

    相見積をする時は施工会社によっては企業努力で

    全体の金額を相場よりも圧縮してくれることもあるので、

    結局、施工者に見積を取らない限りは金額は分からない。

    だから、設計事務所の工事金額はあくまで概算の手前の超概算の参考金額としかならない。

     

    そんなことを考えながら、プラン検討を始め、

    今日で1件でもある程度固まればと考えていたが、

    時間が経つのも忘れて、2件ともあっという間に終わってしまった。

    私は設計のいろんな作業の中でもプラン検討が一番好きだ。

    手を動かしながら、要望を元にいろんなイメージを頭の中で膨らましていくと

    無限の可能性を感じる。

    ただ、予算という制約があるが。

    どちらもプランし終わったが、どちらもいつものごとく、

    延床面積からすると予算の1.5倍以上はかかりそうである。

    要望をある程度修正したり、省いたりして、さらにプラン検討で

    5000万ぐらいかかるものを4000万ぐらいにすることは設計の力でも可能である。

    ただし、提示されている要望が外しにくい内容だったり、

    元々、予算と要望の関係が厳しそうという前提なのに、

    3000万するところを2000万に絞るのはかなり難しい。

    その2件とも外せない要望が多く、かつ、予算が要望に基づいて出てきたプランと合っていないので、

    どちらも実現はかなり難しいと分かり、落胆した。

     

    帰り道に歩道橋の上まで上りきると正面に虹が架かっていた。

    今月の11日の震災9年目のニュースで東北各地で虹がかかったと流れていた。

    多くの人達はその虹を見ながら何を思ったのだろうか。

    私は虹を見て思った。

    悪いこともあるけど前を向いて歩いていれば

    きっと良いこともあるよ、と言われているような気がした。

    スポンサーサイト

    2020.05.20 Wednesday

    0
      関連する記事
      コメント
      コメントする