43条第2項第2号許可申請

2020.02.15 Saturday

0

    先日、知り合いから依頼されていた、

    道路の許可申請の事前協議書を提出してきた。

     

    つい先日も訪れた法務局に再び訪れた。

    提出に必要な土地の登記簿謄本等はすでに取得していたが、

    公図の取得がまだだったので、取りに行った。

    つい先日にも別件で公図を取得したが、

    たくさんある依頼用紙のどれに記載すればよいか迷ったので、

    職員の方に聞きながら提出した。

    頻度が少ないので、なかなか法務局での段取りが身に付かないことに

    なんとなく不甲斐なさを感じた。

     

    その後、先日協議をした課へ事前協議書を提出しに行った。

    着くと、たまたまその課への来客が多く、20分程待ったが、

    無事受け付けてもらった。

     

    今回申請した書類は建築基準法上の道路が敷地に接道していないが、

    現状、実際には敷地まで道路があり、

    それを建築基準法上の道路として役所に許可してもらう申請である。

    この申請は以前にも一度提出したことがあるが、微妙に名称が変わっているので、

    よくよく調べると建築基準法が改正されたため、変わったらしい。

    以前は、43条但書の許可申請、と呼んでいたが、

    今は、43条第2項第2号の許可申請、である。

    建築基準法の改正内容の概要はある程度チェックしているが、

    この内容は今回まで知らなかった。

     

    話は変わるが、ネット記事で3Dモデルソフトのライノセラスとグラスホッパーが

    世界の設計事務所では一般化している、とあった。

    私もかなり前からそのソフトの名前は聞いたことはあったが、

    改めて調べるとアルゴリズムによる調整が可能でいろんなシミュレーションができるとのことだった。

    その記事を読みながら、アルゴリズムって何だ、と思ったが、

    簡単に言うと、通常は3Dモデルでも屋根の傾斜を変えようとすると

    その度に元のデータを修正する必要あるが、

    アルゴリズム、もしくは自分でパラメーターを作れば

    カーソルを動かすだけで屋根の傾斜を変えられる。

    さらには日射のシミュレーションも連動したりする優れものである。

    私自身もそうだが、記事内容によれば日本の設計事務所は世界の潮流からすれば

    10年は遅れている、とのこと。

    私もようやく、AutocadやRevitを使い始めて四苦八苦しているが、

    さらに使いこなさなければならないソフトが増えたなと思った。

     

    法務局の申請、建築基準法の改正、許可申請の提出、3Dモデルソフト、等、

    常に分からないことや知らないこと、馴れないことが現れて、

    その理解と習得に時間はかかるが、それを面倒くさがらずにしっかり身に付けていくことが、

    良い仕事をすることに繋がっていくと信じている。

     

    スポンサーサイト

    2020.07.09 Thursday

    0
      関連する記事
      コメント
      コメントする