年明けからバタバタ

2020.01.11 Saturday

0

    JUGEMテーマ:人生論

    去年末にリノベーション案件が完成した。

    ただ、開業1年目以来、初めて工事中の現場がなくなった。

    また、年末に話を頂いた案件も敷地内増築の計画だが、

    いろいろと調べていくと一部解体はするが、

    それでも建築主の要望通りに建物を建てようとすると

    建蔽率オーバーになることが分かった。

    さらにその他の案件は申請待ちの案件であったり、

    ローン待ちの案件であったりで仕事が止まってしまっている。

    年明けからの状況を考えると俺、大丈夫か、という不安な気分になってきた。

    ただ、以前に友人から「仕事がなくなってきても、

    しっかり仕事をしている設計事務所は

    不思議と仕事が入ってくるよ。」と言われた。

    そんなうまい話なんてあるのかな、と思いながら、年を越した。

     

    年が明けて今週初めに建蔽率オーバーの件で打合せに行った。

    この話は流れてしまうのだろうなと思いながら話していると、

    打合せをする中で建物規模は当初よりは小さくなるが、

    建築主も要望を変え、計画を進めていくことになった。

    また、知り合いから久しぶりに連絡があり、

    1年以上前に止まっていた案件が

    急遽、動き出すことになった。

    さらに申請待ちだった案件が1年越しでようやく申請が下りてきた。

     

    今年度の予備試験の願書。

    正月に願書郵送を依頼して早速届いた。

    また、長いこと、参加したいと思える建築関係のセミナー等もなかったが、

    今日送付されてきたDMメールで非常に興味があるセミナーがあった。

     

    去年の年末には来年の私は大丈夫だろうかと不安な気持ちでいっぱいだったが、

    年明け早々に逆にこの忙しさは大丈夫だろうかと思えるほどに

    急に状況が変わってきた。

    これから動いていく設計の案件はどれも一筋縄では行かない、

    難易度の高い内容だが、やる気が溢れている。

    それに加えて、予備試験やセミナー等、さらに取り組むべきことはあるが、

    することがなくなっていく不安感に比べれば大したことはない。

    時間を味方に付けて、一つ一つをしっかり取り組んでいきたい。

    スポンサーサイト

    2020.03.27 Friday

    0
      コメント
      コメントする