施主検査

2017.01.05 Thursday

0

     

    昨日、事務所1軒目の施主検査を行った。

    「施主検査」とは建物が完成し、打合せ通りの仕様になっているかの確認を行ったり、

    傷や汚れがないか等を設計者と建築主が一緒に確認していくことである。

    通常は工務店検査を行い、1週間程度の補修期間を設け、

    その後、設計事務所検査を行い、1週間程度の補修期間を設け、

    そして、施主検査を行い、1週間程度の補修期間の後に引き渡しとなる。

    ただ、建物は完成してもその後に外構工事が始まるので、

    周辺に駐車スペース等がないと外構工事の完了後に引っ越しとなる。

     

    今回は建物完成が年末年始を挟むので、かなり引き渡しが伸びそうなことと、

    周辺に駐車スペースがあるので、住みながら外構工事を行うことが可能なので、

    通常の流れとは異なり、施主検査後、すぐに引っ越しの予定である。

     

    早めに現地に着き、全ての窓を開け、施主検査の準備をした。

    施主検査が終われば、打合せから工事までの一区切りが付くことになる。

    そんな気分を反映するかのように空は快晴だった。

     

    約1時間の施主検査を行った。写真はその内容の書き込み。

    今までいろんな方の施主検査を行ったが、

    どこの姑ですか、というぐらい、光の反射でしか見えない

    1mm程度の傷をあげつらう人もいれば、

    あまり細かいことを言うとせっかく一生懸命作ってくれた人に

    申し訳ないと言って何も言って来ない方もいる。

    私の意見としては、気になる内容があれば遠慮なく言ってほしいと考えている。

    ただし、工事中を見てもらっていれば分かるが、

    工場のクリーンルームで電子機器を作るのとは異なり、

    何もない空き地にいろんな職人さんが入れ替わり立ち替わりで来られ、

    徐々に作り上げていく。

    雨の日もあれば、雪の日もある。

    そんな場所でこの建物を作り上げてきたことを想像して頂ければ

    自ずとどの程度の精度で、どの程度のことを言うべきか決まってくる。

    ただ、その建物を建てるにあたっての建築主の経済的、精神的負担を考えると、

    私が上記のようなことを言うのもおこがましいので、

    建築主の良心を信じながら、施主検査を行うことがほとんどだ。

     

    建築主が帰宅後、事務所1軒目ということで、

    現地に残り、私自身で1軒目の反省会を行った。

    良かった点、改善すべき点、施主検査で指摘を受けた内容の確認等、

    家の中を図面を片手に歩きまわって

    約5時間かけてそれを行った。上記写真はその内容。

    施主検査の内容の倍以上になってしまった。

     

    個人で設計事務所を始めるということは

    別の観点で考えると何の後ろ盾もなく個人事業主になるということ。

    私自身、去年の春から始めてまだ1年も経ってないが、

    毎日が不安である。

    ブログの最初の投稿からいまだ変わらず、希望と不安が渦巻いている。

    個人ということは私が倒れればそれで終わりだし、

    営業の者がいるわけでもないので、自分で仕事を確保しなければならないということである。

    もちろん、厚生年金はもらえないし、ボーナスもない。

    学生の頃から頭の中で自分の設計事務所を運営することを

    シミュレーションしてきたがほぼその通りになっている。

    ただ1点そのシミュレーションから想定外だったのは、

    基本を忠実に行うこと、つまり、目の前の人の話をまじめに聞く、

    困っている人がいれば助ける、自分勝手な考えで行動しない、等

    小学校低学年でも理解できるようなことを仕事でも同様に手を抜かず行っていると、

    良い結果が得られるということである。

    この1軒目も以前の私の仕事ぶりを知っている方の紹介で頂いた。

    他にもいくつか紹介を頂いている。

    毎回、5時間かけて反省会をしないかもしれないが、

    設計をして引き渡して終わりを繰り返していると私に未来はないことは分かるので、

    これからも自分にも他人にも真摯な姿勢で設計というものに向き合いたいと思う。

     

    施主検査が終わっても、引き渡しまでにその内容をしっかり補修してもらい、

    引っ越し後もしばらくは何かしらの問題は発生すると思うので、

    建築主が新たな生活に馴染むまでは気を引き締めて対応していくつもりだ。

     

     

     

    スポンサーサイト

    2020.02.15 Saturday

    0
      関連する記事
      コメント
      コメントする