年賀状

2020.01.02 Thursday

0

    JUGEMテーマ:人生論

    年が明けて年賀状が来た。

    小さい頃は面倒くさくて

    何故のんびりしたいのにわざわざ机に向かって

    書き物をしなければいけないのか分からず、

    親に言われるまま、泣きながら書いていた気がする。

    当たり前だが、大人になってようやく苦痛を伴わずに

    学生時代の友人や親戚等に年賀状を書くようになった。

     

    今年もたくさん年賀状が来ていたが、例年と違って

    今まで設計に携わった案件の建築主や施工者からの

    年賀状がとても多かった。

    今年の春で開業して丸4年。

    そして、5年目が始まる。

    ちょっとずつ仕事を通して関わる人達が増えたのだなと

    感慨に耽っていた。

     

    建築主からの年賀状には

    「人生を過ごしていく家づくりを田中さんに

    お願いしてよかったと思っています。」

    「新居が快適すぎます〜」等、書いてあった。

    今まで精一杯、設計に取り組んで来て

    私の力や理解の足りない所もあっただろうし、

    それがために建築主や施工者にも迷惑を掛けた部分もあると思う。

    ただ、その度にそれをそのままにせずに

    私自身をより良くするためにいろいろと

    建築主や施工者にも質問したりして勉強させてもらってきたように思う。

    年賀状なので形式的な文面にはなることは前提としても

    私が設計したことに対してそのように年賀状を送ってきてくれることが

    とてもうれしく思う。

    40歳を過ぎてもまだまだ勉強が必要だと考えている私だが、

    さらに勉強させてもらいつつも

    より良い設計という仕事でこれまで関わってきた人達にも

    これから関わる人達にも還元できるように今年1年もがんばって行きたい。

    スポンサーサイト

    2020.07.09 Thursday

    0
      コメント
      コメントする