クリスマスプレゼント

2019.12.24 Tuesday

0

    先週、知り合いから突然連絡があり、

    その知り合いの知り合いのある会社の社長が

    事務所の建設で相談に乗ってくれる建築士を探しているとのこと。

    その知り合いが私の以前からの仕事振りを知っているので推薦してくれたらしい。

    直接は伝えなかったが、心の中でそれ以上の褒め言葉はないなと感謝した。

    早速その方と連絡を取り合い、会社に伺った。

     

    いろいろと話を聞き、今回の事務所建設までの経緯や

    事務所建設の理由を説明してくれた。

    経緯を聞くだけでもかなり苦労されてきたことが十分伝わったが、

    さらに事務所建設の理由が今までお世話になっている社員に

    より良い環境を用意したいとのこと。

    事務所建設の理由としてそれ以上の良い理由はないだろう。

    来年の早い時期に提案プランを持って伺うことを約束して

    会社を後にした。

     

    設計の仕事をしていて思うが、仕事は生活のため、自尊心のため、

    いろんな目的を含んではいる。

    ただ、突き詰めていくと、思いを持った人の熱い気持ちに触れて

    この人のために役立ちたいという気持ちが一番強い。

    設計や建築のことに詳しくはない建築主のぼんやりしたものを

    具体的な形にしていって喜んでもらえるのは本当にうれしいことだ。

    今回のように建築主自体も自分以外の人のために役立ちたいと思っているなら

    なおさら私も頑張らねばと思わされる。

    まだ設計依頼を受けたわけではないが、

    こんな案件の話がこの年末に来てくれたことは

    クリスマスプレゼントをもらったような気分になる。

    精一杯、良い設計を行うだけだ。

    スポンサーサイト

    2020.07.28 Tuesday

    0
      関連する記事
      コメント
      コメントする