働き方改革

2019.12.13 Friday

0

    JUGEMテーマ:人生論

    数日前に約1年やり取りしている申請に関して

    あとは申請が下りるのを待つだけという状態になった。

    実際、役所の人からそう言われていた。

    しかし、昨日、連絡があり、多少の修正をお願いしたいとの連絡があった。

    こちらからすると、その多少の修正を約1年やってきて

    毎回、何をチェックしているのかと怒りたくなったが、

    ぐっとこらえて作業予定を変更してすぐにその相手方の所へ向かった。

     

    着いて話を聞くと、相手方から書類を出す直前に連絡があった修正内容が

    私の方で一部修正しきれていなかったため、

    修正が必要とのことだった。

    こちらの修正がしきれていなかったので、しょうがないと思いつつ、

    3か所程度の数字の修正を行った。

    5分もかからずに終わった。

    そして、時間に余裕があったので、

    ここ数年、役所との申請等でのやり取りに違和感があったので、

    思い切ってその違和感を具体的に聞いてみた。

    ちなみにその役所の担当者はまだ話の分かる人との印象だったので、

    聞く価値があるのではと思ったので、聞いてみた。

     

    約10年前は私が非住宅の設計を主に担当していたので、

    いろんな役所に申請等でやり取りが多かった。

    ただ、今振り返っても、ここ数年のようにやたら時間がかかったりすることもなかったし、

    役所からチェックが終わったとの連絡はちゃんと来ていたが、今はないことの方が多い。

    そして、以前はこちらから連絡しても明らかにその書類の審査が

    放置されているような雰囲気を感じることもなかったが、最近は何度かあった。

    また以前はそのやり取りしている申請に関しては役所の方がやはりしっかりしているとも感じたし、

    ある意味、頼れる存在だった。

    しかし、ここ数年は役所の人の言い方や指示の出し方がいい加減だったり、

    間違っていたりしたので、困ることも多く、嫌な気分になることも多かった。

    そして、何故そうなったのかの私なりの仮の答えはすでにあった。

     

    10年前に比べると、役所の人員自体が少なくなっていて、

    業務を十分に行えていないのではないか、

    また、優秀な人は昇進して担当者レベルではそうではない人が残っている状態なのではないか、

    そして、年々、書類の量が増えて以前よりも全てに時間がかかっているのではないか、

    さらにはそれらの結果として、外部に委託せざるを得ない状況で

    審査体制の質が落ち、その割に効率が上がっていないのではないか、等。

    多少、失礼な内容も含まれていたが、一個ずつ聞いてみた。

    すると、苦笑いしつつも、ほぼ全てその通りとのことだった。

    それを言い当てた自分にうれしくもなったし、納得もしたが、

    それ以上に将来に対して不安を感じた。

     

    最近はニュース等でも働き方改革として国やいろんな会社等の取り組みが取り上げられている。

    ただ、共通しているのは残業しない、とか、AIを利用して効率化する等、

    すごく小さな部分でかつ、目に見えて分かり易い部分に焦点が当たっているように思う。

    だが、本当に必要なのは理想は全体の仕組みを変えることだろうが、

    いきなりそれは難しいとしても、

    目に見えない、もしくは、見えにくい部分を変えていくことが重要なのではと思う。

    役所の例で言えば、人員が少なくなっていくのは変えられない現実としても

    そもそも書類の量を減らしたり、

    外部に委託せざるを得ない仕組みを変える仕事の仕方にしたりすることは可能だと思う。

    ただ、私も会社員時代、似たようなことを会社に対して思っていたし、

    それらは成果としては見えにくいが実際に働いている人からすると

    とても働きやすい環境を作ることになるだろうし、

    それに関わる人達にとってもプラスになると思う。

     

    役所とのやり取りやそれに対して思うことの結論として、

    世界は変わり続けているのに日本はあまり変わっていっていないように思う。

    それこそ、人口が減り始めたり、働き手も減り始めているのに

    今までと同じやり方で突き進んでいるように思う。

    きっとそれには限界があるだろうし、すでに限界が近づいてきているような気がする。

    そして、それは私自身にも当てはまる。

    私は設計を仕事にしているのだから、

    設計に関しての知識、経験を積んでいけば良いと思うが、

    世の中が変化している以上、やみくもに設計だけをやっていてもそれだけでは足りないように思う。

    こんな時だからこそ、地味だが、新たにBIMを始めようとしたり、

    設計以外の知識を得ようと日々、経済や哲学の本を読んだりしている。

    どれもすぐに目に見えて変化は分からないが、

    設計者が設計だけをしていても今後、厳しくなっていくように思う。

    司法試験合格を目指しているのもそんな理由のためだ。

    まだ具体的に設計と何かが具体的に結びついて

    新たな価値を生み出せるかの答えは見つかっていないが、

    根拠はないけども方向性はあっているような気がする。

    本当に小さな規模での変化ではあるが、

    きっとこんな小さな規模でもいつか世の中のためになると信じている。

    スポンサーサイト

    2020.07.09 Thursday

    0
      コメント
      コメントする