令和元年度改正建築物省エネ法説明会

2019.11.30 Saturday

0

    省エネ法が改正され、今までは大規模な建物が主な対象だったが、

    戸建て住宅も省エネ仕様に関しての説明が建築主に対して必要になるとのことで、

    説明会の申し込みを行い、参加してきた。

     

    説明会の会場の様子。

    定員に対して申し込みは定員にすぐに達して締め切りになった。

    実際、広い会場だったが、満席状態で関心の高さが伺われた。

     

    説明会で配布された資料。

    配布されて中身を確認したが、

    あまりの資料の多さに始まる前からげんなりした。

     

    説明を聞きながら、配布資料に目を通していったが、

    これだけ資料が多いが、内容がかなり被っている。

    よくよく見ると作成元が微妙に違っているので、

    似たような部署が似たような書類を作っているのが目に浮かんで、

    なんとなくかなり無駄な資料に思えてきた。

     

    説明会は2部構成で全部で3時間だったが、

    今後変わっていく具体的な内容を1部で説明してもらって静聴した。

    ただ、資料に書かれている内容の通りで

    内容も資料に目を通して、今後の公的機関から発信される情報を

    チェックしていけば対応出来そうな内容だったので、

    1部が終わった時点で会場を後にした。

     

    以前にフラット35を省エネ仕様で出すことがあり、

    省エネ計算がエクセルでもできると以前に参加した説明会でも聞いていたので、

    その時はエクセルで自分で全て計算し、提出した。

    ただ、分かりきった部分の標準仕様の詳細図を作図して、

    添付書類として作成しなければならなかったり、

    仮に結果の数値を1.00を満たせばよい所、

    0.80で十分クリアしているが、

    検査機関と0.80か0.81かの計算の仕方で違いが出て、

    何度もやり取りをしたことがある。

    実際、省エネの計算を行って分かったのは日本の建物の断熱性能は

    ほぼ窓で決まってしまうということである。

    それ以降、省エネの計算を行ってはいないが、

    分かりきっている内容を検討するのは私自身、

    かなり苦痛に感じるのが分かったので、

    今後の対応は考えていきたいと思う。

     

    再来年から戸建て住宅でも省エネ上の対応が必要になる。

    パリ協定のCO2削減目標に対応していくために

    法律が改正されたが、今回の説明会を聞く限りは

    以前に自分で計算したほどの手間はかからずに書類作成できそうなので、

    その点は安心した。

    年々、設計図以外のいろんな書類を作ることが増えている気がするが、

    できることなら設計者は設計図作成にだけ集中させてほしいと願う。

     

     

    スポンサーサイト

    2019.12.12 Thursday

    0
      コメント
      コメントする