工事は進んでいく

2019.11.14 Thursday

0

    最近の毎週の仕事として、リノベーション現場へ向かった。

    今日も施工者に加え、建築主にも現場へ足を運んでもらって

    現場で説明し、いろいろなことを決定していった。

    現場で説明するのが一番分かり易いので、足を運んでもらえるのはありがたい。

     

    外壁の焼杉の一部を張り終えていた。

    焼杉の内側はシルバータイベックを採用している。

    一般的に住宅の断熱は断熱材のみの話になりがちだが、

    シルバータイベックは遮熱性があり、

    断熱の計算には数値としては出てこないが、実質的に断熱の効果が高い。

     

    一番手前の梁が元々の構造梁で

    それ以外は今回設置の化粧梁である。

    元々の構造梁は見た目がくすんでざらついた印象だったが、

    サンダー掛けをすることで印象がかなり変わった感じになった。

    計画では表面を突板で巻く等を考えていたが、建築主との相談の結果、

    このままで行こうということになった。

     

    新設の階段と鉄製手摺。

    階段は木製で明るさのことも考慮してストリップ階段とした。

    建物のコンセプトから手摺もシンプルな形状とした。

     

    現場へ毎週来ているが、

    来る度に建物が完成に向かっているのを感じる。

    建設業界も他の業界と同様に高齢化と人手不足で

    施工者も当初工程に合わせていくことですら苦労していたが、

    工程が遅れ気味になったり、取り戻したりしながら

    工事がここまで進んできた。

    元々、建築主の引っ越しを師走始めに予定していた。

    だが、シロアリの被害等もあって工事が始まってすぐに遅れてしまったが、

    なんとか年内には引っ越しまでは済ませることができそうだ。

    工事も後半だが、建築主と施工者の橋渡し役として、

    引っ越しされるまでしっかりその役目を果たしていきたいと思う。

    スポンサーサイト

    2019.12.12 Thursday

    0
      関連する記事
      コメント
      コメントする