プロポーザルの応募資格

2019.11.07 Thursday

0

    以前から応募が可能で興味があるプロポーザルは参加するようにしている。

    事務所開設後、年に1,2件程度は応募資格が「一級建築士事務所であること」等のように

    ハードルが低いものがあるので、それらは参加している。

    過去に一度だけ優秀作品賞は頂いたが、それは最優秀作品賞ではない。2位である。

    プロポーザルは仮に500社が応募して2位を取ろうが、500位だろうがどちらも結局同じで

    1位を取らない限り、実際に提案した建物が建つことはない。

     

    また、ほとんどのプロポーザルは主に自治体が市庁舎や図書館等の公共建築物で

    かつ、規模が大きいものが多いので、

    そもそもの応募資格が「過去に5000岼幣紊了堋舎の設計の実績があること」や

    「3000屬凌渊餞曚寮澤廚坊箸錣辰燭海箸あること」等、

    小規模の事務所ではとても応募資格に合致しないような条件が多い。

    実際、小規模な設計事務所では規模や用途で対応が難しい所もあるとは思う。

    だが、横の繋がりで小さい設計事務所が寄せ集まって、

    設計共同体としては対応可能ではないかと考えているが、

    やはりその応募資格がネックとなって参加すらできないことがほとんどである。

     

    それでもプロポーザルは人知れず募集していたりするので、

    数日置きにネット検索で参加できるものがないか探している。

    そして、今日たまたま見つけた募集しているプロポーザルに興味が湧いた。

    ただ、どうせかすりもしない応募資格かと読み進めていくと

    この10年で300岼幣紊量畋し築物の実績と記載がある。

    あっ、先月末に500屬諒〇禹楡澆完成したから要件に当てはまる、と喜んだ。

    ただ要項を読み進めていくとその10年は今年の夏までと記載があった。

    喜んだのも束の間、気分が落ち込んだ。

    どうにかならないのかと再度じっくり要項を読むと

    300岼幣紊量畋し築物の「実績」ではなく、

    「基本設計と実施設計の実務経験」とあった。

    やった、今年の2月末には設計が終わって、3月から着工しているから

    応募資格に合致する、と再び喜んだ。

    ただ、参加できるだけであって1位を取れるかは別物だ。

    それでもほとんどのプロポーザルのスタートラインにさえ立てないことが常なので、

    そのスタートラインに立てる機会を持てることはとてもうれしい。

     

    いつかは美術館の設計をしたいと思う。

    わらしべ長者ではないが、なかなかスタートラインに立てないプロポーザルで、

    そして、なかなか簡単には結果が出せない強豪の多い中で1位を取る

    それを繰り返す中で設計者としても鍛えられ、

    その数少ないチャンスや苦闘がいつか美術館の設計に結び付くように考えている。

    チャンスを得たのならば、迷わず全力で当たって戦うのみだ。

    スポンサーサイト

    2019.11.14 Thursday

    0
      コメント
      コメントする