夜の現場

2016.12.23 Friday

0

    JUGEMテーマ:建築・設計・デザイン

    お客様が仕事帰りに現場に立ち寄ったら、

    ようやく電気が通じ照明が付いたらしく、

    あんまり現場がきれいだったので、ということで

    わざわざ写真を送ってきてくれた。

    こちらも写真を見て、送りたくなる気持ちが分かった。

     

    製作キッチンと背面収納とルイスポールセンのペンダント。

    製作キッチンは仕上げが無垢のチェリー材なので、

    写真でもその仕上りの美しさが伝わってくる。

    養生を撤去すればチークの無垢のフローリングなので、

    また雰囲気が変わるだろう。

     

    シューズクロークから玄関を見た所。

    手前のような収納はシート仕上げのランバー材で仕上げることがほとんどだが、

    今回は集成材と積層合板を塗装仕上げで製作した。

    やっぱり材料が本物だと雰囲気も違う。

    建具は特注の高さ2.6m。通常であれば建具は背が高いほど反ってしまう。

    しかし、垂れ壁を作りたくなかったので、建具を十分に補強して製作した。

    奥に見える壁仕上げはレッドシダー。

    照明も玄関の中心ではなく、そのレッドシダーを照らすように壁側に配置した。

    イメージに近い感じで照らされていて良かった。

     

    1階のトイレのモザイクタイルと間接照明。

    来客時に使うことが多いとのことだったので、

    壁一面をモザイクタイルで仕上げ、照明も全体を照らす照明は付けずに間接照明のみで

    商業施設のトイレのようなイメージで計画した。

    イメージ通りいったようだ。

     

    裏手の勝手口。

    当初、小庇は予算を抑えるため、アルミの既製品で考えていたが、

    お客様が「見えない所も手を抜きたくない」とのことで、

    他の所と同様にレッドシダーで製作した。

    お客様のこだわりを突き通して正解だった。

     

    完成まであとわずかだが、

    私の事務所の1軒目の家でこれだけ建物に情熱を持った方が施主だからこそ

    これだけの満足いく仕上りになったと思う。

    こんなにうれしい気持ちにさせてもらった施主に感謝したいと思う。

    スポンサーサイト

    2020.02.15 Saturday

    0
      関連する記事
      コメント
      コメントする