谷口吉生

2019.10.28 Monday

0

    たまに一番好きな建物を聞かれることがある。

    迷わず答える。

    谷口吉生氏が設計した豊田市美術館、と。

     

    大学を卒業して設計事務所で働き出したのは2005年だが、

    豊田市美術館はその10年前の1995年に竣工している。

    設計事務所に建築の雑誌や本が大量に置いてあったので、

    仕事の合間に片っ端から読んでいたが、

    その中で目が留まったのが豊田市美術館である。

    また、その2005年にたまたま社員旅行で名古屋の愛・地球博を訪れることになった。

    ただ、私はせっかく豊田市の近くに行くチャンスが出来たので、

    博覧会会場に着くなり、仲の良い会社の同僚と一緒に

    博覧会会場には入らず、集合時間に間に合うように急ぎ電車を乗り継いで

    豊田市美術館へ向かった。

     

    現地へ着いて建物の外部、内部をひたすら歩き回った。

    雑誌でおおよその雰囲気や内容は分かっていたが、

    天井の高さの変化や階段の作り、建物内部から見た各室までの距離感等、

    全てがわくわくするような気持ちでじっと見たり、各室を行ったり来たりしていた。

    たぶん館内の人からは怪しまれたと思うが、それが気にならないぐらいの

    ある意味、興奮した状態だった。

    最初に訪れて15年近く経つが、今までに10回近くは訪れた。

    建物を見るためだけにこれほど訪れた場所は他にない。

    何かが引き付けて止まない。

     

    谷口氏の設計する建物はシンプルで洗練されていて、

    ある種のミニマリストとして分類されている。

    私自身、特にシンプルで洗練されている建物が好きな訳ではない。

    そして、同じ特徴を持つ建築家は多くいるが、

    何故か谷口氏の設計する建物にずっと引き付けられていた。

    他の建築家と何が違うのかが、ずっと分からなかった。

    ただ、先月、コンペも参加せず、著作物も出さない谷口氏が著書を出版した。

    「私の履歴書」(谷口吉生)

    早速購入して、短期間で3回繰り返して読んだ。

     

    谷口氏がハーバード大を卒業し、お父さんも有名な建築家で、

    その当時、日本を代表する丹下健三氏の下で建築に接していたことは知っていた。

    ただ、その本を読んで今まで知らなかった谷口氏の生の声を聞けたような気がした。

    機械工学科を卒業してから建築の道へ進んだことで大変苦労をしたこと、

    若い時は徹夜続きで建築に打ち込んでいたこと、

    今も変わらず模型を通して現実の建築の完成度を高めていること、

    どの建物にも自分が関われるようにあえて事務所の規模は小さくしていること、

    時代の流れに合わせて目新しい建築は目指さないこと、

    敷地に何度も足を運びそこから発想を得ること、

    高いハードルがあっても地道に自分がすべきことをしていくこと、

    建築主や施工者に支えられて建築を作ることを自覚していること、等。

    能力も環境も私と比較しようもないが、

    ただ思った。

    私の考えや行動と同じだ。

    だから、彼の設計する建物、特に豊田市美術館が好きなのだと妙に納得した。

    考えや行動が同じでも能力も環境も違えば結果も異なる。

    それでも私を引き付けて止まない、豊田市美術館に憧れている以上、

    その考えや行動を推し進めて、もっと必死に努力して

    豊田市美術館を超える設計をいつかしてみたい。

    そう思わせてくれた谷口吉生に感謝したい。

    スポンサーサイト

    2019.12.12 Thursday

    0
      コメント
      コメントする