真面目に、正直に、一生懸命に

2019.10.19 Saturday

0

    現場からいろいろと質疑があり、

    また、依頼していた照明のプレゼンボードが完成したので、

    現場打合せと建築主との打合せを行った。

     

    既存の火打ち梁。

    この部屋は勾配天井にするので、既存の火打ち梁が見えてくる。

    ボードで囲って隠してしまうことも可能だが、

    建物の完成イメージからするとそぐわないので、

    建築主に報告相談の上、方針を決定することとした。

     

    既存のサッシを取り外し、新規のサッシを設置した。

    ただ、サッシ上の既存の水切りを撤去するのか、そのまま利用するのかを

    現場で施工者とも相談したが、雨漏りリスクやコストのことを考えると

    既存水切りはそのままにして、新たに水切りを被せた方が

    メリットが大きいとの結論になったので、

    建築主に報告の上でそのように施工することにした。

     

    その他諸々の施工者からの質疑応答を行い、

    予定していたよりも時間がかかってしまったが、

    いろいろと解決することができ、

    現場が順調に進みそうなので、打合せをして良かった。

    施工者からの質疑や現場打合せを求められると

    必ず足を運ぶようにしているが、その点を施工者から感謝されることが多い。

    私からすると図面をきっちり書いたとしても

    その意図や内容が100%伝わると思っていないので、

    施工者から現場打合せを逆に求められる方がありがたい。

    施工者もしっかり考えてくれている裏返しでもある。

    設計事務所によっては現場に足を運ぶことは非効率と考える事務所もあるらしいし、

    施工者も図面の意図をちゃんと理解せず施工してしまう施工者もいるが、

    そういう部分は手を抜いても結局お互いが困ることになるので、

    そんなやり取りを今後も大切にしたいと考えている。

     

    その後、建築主と現場での内容や照明に関しての打合せを行った。

    現場からの質疑に関して説明していると

    建築主も現場へ足を運んでくれているようだが、

    どんなことが行われているか良く分からないとのことだったので、

    次回の現場打合せは建築主にも来てもらうことになった。

    私も同行して現場で説明すれば多少は理解が進むはずである。

    全てを理解することは無理でも多少の内容と設計者や施工者の姿勢は伝わると思う。

     

    建築主との雑談の中で建築主がある試験の合格を目指して

    以前から勉強しているということは知っていた。

    ただ、いろいろと話していると私が司法試験の勉強をしていることも

    一つのきっかけになっていると聞き、驚いた。

    話は変わるが、私の事務所の所員が来年には独立する。

    独立後もいろいろと手伝ってもらう予定だが、

    以前に雑談をする中で独立を目指す理由を聞くと

    私が独立してがんばっていることも理由の一つらしい。

    私自身はこうなりたいからこれをがんばらなければ、と

    手探りで一人黙々とすべきことを行っているが、

    知らないうちに私以外の人に何かしらプラスの影響を与えているとしたら

    それはうれしいことだ。

     

    設計の仕事も現場の打合せも試験勉強も

    いろいろと自分なりにやり方を試したが、

    結局、私には真面目に、正直に、一生懸命に、

    私がすべきことに取り組むことが一番、性に合っていると思う。

    うまく行かないこともあるし、なかなか結果が出てこないこともあるが、

    めげずにそのやり方を貫いていきたい。

    スポンサーサイト

    2019.11.14 Thursday

    0
      関連する記事
      コメント
      コメントする