もう終わらないかもしれない

2019.10.09 Wednesday

0

    敷地外の下水管敷設に関していろいろと問題があると

    業者さんより連絡があり、現場打合せを行った。

     

    敷地近くの歩道。

    敷地から最終接続桝まで約60m程度あり、

    何か所か試掘して地中状況を調べた上で

    関係課とやり取りをし、申請は下りている。

    ただ、業者さんと現場で打合せすると

    試掘した以外の所で水道管、ガス管、電気配線等が

    場当たり的に施工されており、複雑に上下左右に入り乱れている。

    役所からは新設する下水管は基本的に真っすぐ通すように指導があったが、

    現状の状況からするとそれが難しい。

    そこで、担当課にすぐに連絡を入れ、急遽、業者さんにも同行してもらって

    打合せをすることになった。

     

    役所に着き、担当者と打合せを行い、

    現状の説明を口頭と写真を見せながら行った。

    業者さんからすると地中の埋設物がある以上、下水管を敷設する位置は

    これ以上どうしようもないが、予測していた通り、

    ある程度は理解してもらったが、一部、既存の構築物や配管をやり替えてでも

    計画内容を修正するように指示があった。

    さらにそうなると舗装復旧の面積も当初の1.5倍程度に増えることになる。

    主に役所と業者さんのやり取りで、約1時間程度の打合せだったが、

    お互い譲らず無言の時間が長かった。

    私は散々このやり取りをしてきているからどんな結論になるかは予測できたが、

    私の方もほぼ無言でやり取りを見守った。

    ただ、設計者も施工者も役所の指導を無視することはできないので、

    結局、役所の指導を飲み込まざるを得ないことになった。

    しかし、そうなると当初見込んでいた予算からまた増額となる。

    元々、役所の指導に基づいてこの下水管も新設することになり、

    大幅な増額工事となったが、さらに増額となる。

    そして、この担当課にはすでに1年半以上通っているが、

    また申請の修正が必要となることになる。

     

    役所との打合せが終わり、いつもの帰り道で

    この申請はもう終わらないかもしれないと思えた。

    建築主の言い分も分かる。役所の言い分も分かる。

    施工業者の言い分も分かる。

    ただ、それぞれの中間にいる私がそれを解決に導くしかない。

    これだけ長期間携わっているから誰が悪い、これが悪い等はもう思わないが、

    解決しない限り、関係者それぞれが困ることになる。

    増額になる費用を私が負担することもできないし、

    役所の内規を私が変更することもできないし、

    施工業者の手間を私が負担することもできないが、

    設計者としてそれぞれの言い分を踏まえて、

    この問題を解決に近づけていくことはできると思うし、

    逆にそれしかできない。

    設計者として最後まで諦めずに当たっていきたい。

    スポンサーサイト

    2019.12.12 Thursday

    0
      関連する記事
      コメント
      コメントする