自分を時代に合わせるか、時代を自分に合わせるか

2019.10.02 Wednesday

0

    リノベーション現場で各業者さんとの打合せのため、

    現場に向かった。

    建築主にも足を運んでもらって

    現状を一緒に確認してもらった。

     

    床下地を張り、構造検討に基づいて必要な個所の補強等を始めている。

    サッシも全て交換するということでサッシ枠が一部納品されていた。

    建築主にも現場を確認してもらいながら、

    前回に現場で説明した内容からさらに細かく説明したい内容等を説明し、

    今後の工事の方向性を決めていった。

     

    かんなで木材を削った屑。

    業者打合せや建築主との打合せの後、

    現場監督と話していたが、

    今回現場を担当してもらっている大工さんは親子である。

    主に力仕事は息子さん、

    指示を出したり、統括しているのはお父さん、という感じである。

    お父さんの方は高齢だが、この方が担当大工で良かったと話をしていた。

    今の家はプレカット工場で木材はほぼ全て加工してしまって、

    極端に言うと現場でそれを組み立てるだけのイメージである。

    昔のように現場で丸太を削って、仕口を検討しながら考えたりということはほぼない。

    以前に大工の社長の家を担当した時は手刻みで躯体を組み上げたが、

    そんな経験は今までもその1軒だけであるし、

    今後もほぼないぐらいの貴重な経験で今でも感謝している。

    そして、今回は築40年の家なので、

    今の家とは異なり、水平垂直もある意味、いい加減であるし、

    通りも通っていない部分もある。

    今の家のようにただ組み立てれば良いという訳にはならない。

    現状の梁の反り具合に合わせて下地を組む必要もあるし、

    通りが通っていない所も微妙に調整しながら工事を進めていく必要がある。

     

    大工さんの仕事一つ考えてみても以前に比べれば

    高度な技術がなくとも大工仕事が可能になってきている。

    さらに近い将来は大工という職業ではなく、

    単に組み立てる人という枠組みになるかもしれない。

    設計も昔は全て図面は手書きだった。

    私が設計を始めた頃にCADが主流になり、

    今は手書きで図面を書く設計事務所なんてあるんだろうかという感じである。

    さらに3DのCADであるBIMが徐々に浸透し、

    おそらく近い将来はBIMが主流になりそうな流れである。

    どんな仕事でも技術や時代が進展する以上、

    それに自分を合わせて行く必要がある。

    そうしないと時代に取り残されていくだけだと思う。

    ただ、反面、1周回って時代が自分に合ってくることもあると思う。

    今回の大工さんの昔ながらの技術は今では少数派なのかもしれないが、

    この技術がないと対応できない部分が多々あると思う。

     

    私も設計者として、自分を時代に合わせつつも、

    時代を自分に合わせることができるように日々の努力が必要だと思う。

    新しい技術や考えを吸収しつつも、

    手を動かして図面を書いたり、過去の建物から学ぶ気持ちを忘れず、

    一日一日を大切にしていきたいと思う。

     

    スポンサーサイト

    2019.10.19 Saturday

    0
      コメント
      コメントする