構造に関しての現場打合せ

2019.09.23 Monday

0

    またまたリノベーション現場。

    リノベーションは解体して初めて状況が把握できる。

    新築の場合は更地になった土地が敷地であり、

    計画初期段階からいろんなことを考えながら計画できるが、

    リノベーションはある程度、当たりを付けながら計画していき、

    解体して初めて敷地を見るようなものだから、

    どうしても手戻りが出てくるし、現場をずっと留めておくこともできないので、

    常に時間がない。

    この2週間は2,3日に1回ペースで現場へ来ているが、

    ここが勝負所なので、手を抜かずしっかり検討と行動をしていく。

     

    現場に資材が運び込まれていた。

    この日は現場監督や大工さんと構造補強の内容に関して打合せを行った。

     

    シロアリに食い荒らされていた水廻りの土台を撤去し、

    新設のヒノキの土台を入れ替え。

     

    この日の打合せでは一番年長者の大工さんを中心にいろいろと

    計画内容の打合せを進めたが、やはり経験者は頼りがいがあり、

    いくつか悩んでいた内容や最善の策としてどうすれば良いか等を

    説得力ある話をしてくれた。

    最終的には私から建築主に説明して、どうするかが決まるが、

    建築主、設計者、施工者、それぞれが最終の完成形を目指して

    それぞれがすべきことをしっかりしていけば、

    それぞれが納得のいく完成形へとたどり着くはずである。

    設計者は全体の責任者であり、橋渡し役でもあるから、

    その役割をしっかりと果たして行きたい。

    スポンサーサイト

    2019.12.12 Thursday

    0
      関連する記事
      コメント
      コメントする