スローダウン

2019.09.18 Wednesday

0

    JUGEMテーマ:人生論

    先日引き渡しを終えた建築主からメールが来た。

    少しずつ引っ越しを行っているとのことだったが、

    何人もの知り合いから新築の家を見せてほしいと言われ見せると、

    みんなテンションが上がっていたとのこと。

    改めて、本当に良い家を設計してもらって

    ありがとうございました、と言って頂いた。

    私が図面を書いて設計を行ったが、

    私のイメージはどんな建物も建築主との合作のイメージだ。

    私だけの力だけではなく、

    建築主との打合せやその建築主の人柄がその建物の完成度を決めていると思っているから、

    第三者に建物の完成具合を褒められると

    もちろん私もうれしいが、その建築主のことも褒められているようで

    違う意味でうれしくなる。

     

    ふと気づくと今関わっている案件が一時期に比べると落ち着いてきた。

    特に今年は2年前から関わっていた3つの案件が来月を最後に全て完成する。

    事務所を開設して4年目だが、

    1年目は自分なりの型を見つけるのに四苦八苦していたが、

    2年目以降は実際に依頼された案件、計画で終わった案件、等、

    休みなく、日々夜中まで図面を書いたりメールを送ったりして、

    がむしゃらに今日に至るまで走り抜けた気がする。

    設計事務所は設計の依頼を受けて初めて仕事として成立するから、

    常に自転車操業の仕事である。

    ただ、事務所を運営しながら徐々に仕事を精査し、絞っていくことで

    ようやく落ち着いてきた気がする。

    と言っても、仕事が来ない不安は常につきまとうから

    本気で落ち着いてはいられないが。

     

    話は変わるが、少し前のニュースで老後資金は2000万必要というのがあった。

    ただ、自営業者である設計者は国民年金だけなので、

    その前提でいくと2000万では全く足りない。

    自分でも計算してみたが、えっ、という額の貯金が必要であることが分かった。

    しかし、設計事務所はサラリーマンと異なり、定年はない。

    体力と建築主にさえ恵まれれば年金生活は良くも悪くもない。

    ただ、7,80歳の設計者に若い夫婦が設計を依頼するかというと怪しいとは思う。

    だから、事務所開設後は事務所を継続していくことも考えつつ、

    老後の蓄えも必要ということが頭によぎりながら走ってきた。

    そして、仕事が落ち着いてきた最近、事務所の継続と老後生活を考えた時に

    再び走り出さなければと思ったが、ふと思った。

    たぶん今のまま、休みなく夜中まで毎日仕事をして必死に走っても

    目標とする「建築と法律のプロフェッショナル」に少しずつ近づいていくかもしれないが、

    仕事量が軽くなった今だからこそ、すべきことがあるのではないだろうか。

    もちろん、今後もインプットとアウトプットは死ぬまで続けていくだろうが、

    最近のいろんな人からの打合せのやり方の助言で

    設計事務所としてのバージョンはアップすると思う。

    ただ、私自身が考えているいくつかのすべきことに時間をつぎ込んで

    私自身をバージョンアップすることが長い目で見ると必要なことかもしれないと思う。

    先々を考えれば不安に苛まれるが、

    このタイミングで考え方や生活を敢えてスローダウンさせて

    今すべきと思うことに集中的に取り組みたいと思う。

    私自身も納得のいく、「建築と法律のプロフェッショナル」に

    より近づくことができるかもしれない。

     

    スポンサーサイト

    2019.12.12 Thursday

    0
      コメント
      コメントする