今日で三日目

2019.09.12 Thursday

0

    JUGEMテーマ:建築・設計・デザイン

    リノベーション案件で一昨日は建築主と打合せ、

    昨日は施工者と現場打合せ、今日は構造設計者と現場打合せを行った。

    三日連続の打合せや検討であるが、完成時期や施工者の段取りを考えると

    焦ることなく急いでいく必要がある場面である。

    意匠設計者である私からしてもいくつか構造的に悩む部分があったので、

    いつも依頼している構造設計者にも現場へ来てもらって、検討、打合せを行った。

     

    1階柱と2階柱位置がずれており、

    梁もそれに合わせて通りが微妙にずれている。

     

    中央の柱に4方向から梁が取り付いている。

    構造設計者と力の加わり方を既存構造と計画構造とを照らし合わせながら、

    屋根→2階→1階→土台、とそれぞれ検討していった。

    本当は屋根荷重から土台までできる限り、垂直に力がかかっている方が

    構造的にはシンプルで強いが、検討し始めると何か所かはあみだくじのように

    複雑に力が行ったり来たりに加わっていることが分かってきた。

     

    木造の耐震補強は規定があるので、

    それに則って検討していけば一応は対処できる。

    ただ、それはあくまで数字上の話で

    構造的なバランスがより重要だと思う。

    熊本地震で耐震等級3の住宅が倒壊したのが良い例である。

    最近は古い木造の建物をリノベーションして

    カフェや店舗に再利用している例も多くあるが、

    多くの例が見るからに地震が来ても大丈夫かなと思えるような感じで、

    耐震補強すらしていない案件も多いように思う。

    ウィトルウィウスの「強・用・美」ではないが、

    建築はただ見栄えが良いだけでも良くないし、

    構造的に強いからと言って、柱や壁が多い、四角い箱を作れば良い訳でもない。

    また、使い勝手が悪くても良くない。

    それらのバランスが良くて、初めて良い建築だと思う。

    「強・用・美」よりもさらにコストの要素も重要である。

    コスト度外視ならどうとでもできるだろうが、

    そんな案件はあり得ない。

     

    構造設計者と現場打合せして、検討すべき内容がはっきりしてきたが、

    だからこそ悩む内容も増えた。

    だが、ここでしっかり悩むことがこの建物にとって

    より良いことだと信じて、しっかり検討したいと思う。

    スポンサーサイト

    2019.12.12 Thursday

    0
      関連する記事
      コメント
      コメントする