製作キッチン設置、転落防止建具打合せ

2016.12.20 Tuesday

0

     

    今日はお客様がご自身で仕様を決めていた製作キッチンを据え付ける日だ。

    また、建具屋さんとの階段の下り口と上り口に設置する

    転落防止用の建具の打合せのため、現場に向かった。

     

    キッチンと背面収納の据え付け風景。

    ある程度出来上がったものをぽんっと置くイメージだったが、

    現場でたくさんの部材を組み立てるということで

    朝の10時から夕方までかかるとのこと。

    面材、天板は無垢のチェリー材で仕上がっている。

    写真の引出しの面材を側面から見ると木の年輪が見えた。

    ほとんどのキッチンの面材がシート材等でくるっと巻いているものがほとんどなので、

    キッチンで木の年輪を見ることにある種の驚きがあった。

     

    食洗器の「ガゲナウ(GAGGENAU)」

    この仕事をしていてなんだが、ミーレの食洗器は1,2回見たことがあるが、

    ガゲナウの食洗器を現場で見ることは初めてだった。

    お客様が非常に熱心で、ご自分でキッチンの食洗器のメーカーの候補を絞り、

    それぞれのメーカーのショールームに足を運び、

    使い勝手も自分で確認し、疑問点を自分で洗い出し解決した上で

    このメーカーに決めた。

    そんな情熱を持った方の建物を設計できるのは設計冥利に尽きる。

    このお客様からはいろんなことを学ばさせて頂いた。

     

    鉄骨階段の木部である段板と笠木の取付完了。

    今までは鉄がむき出しだったが、

    完成形になって雰囲気が柔らかくなったような気がした。

    また、この階段の下り口と上り口にお子さんがまだ小さいので、

    転落防止用建具を設置することになっており、

    その打合せをしたが、途中お客様も来られ、

    結局、上の下り口のみ転落防止用建具を設置することになった。

    打合せでいろいろと検討することも重要だが、

    現場での打合せも非常に重要だと思った。

     

    現場からの帰り道、古い家の解体工事を行っていた。

    ふと、実家のことを思い出し、あの古い家は地震で全壊にはなっているが、

    安易に解体せず、なんとかこの手で復活させたいと改めて思った。

     

      

    スポンサーサイト

    2020.02.15 Saturday

    0
      関連する記事
      コメント
      コメントする