建築と法律のプロフェッショナルとして、新たな価値観を提案したい

2019.08.05 Monday

0

    JUGEMテーマ:人生論

    誰しもそうだと思うが、

    がんばっていれば、楽しい時もあるし、悩む時もある。

    私も定期的に壁にぶち当たる、もしくは

    壁にぶち当たったような気分になることがある。

    最近は特に役所とのやり取りでそう思うことが多かった。

    また、今は日々忙しくしているが、

    忙しいがゆえに私の考える設計へ私自身が向かっているのかどうかが

    なんとなく分からなくなっているような気がした。

    改めて自分の立ち位置は今どこなのか、

    どこに向かっているのかを紙に書き出してみた。

     

    ノートにいろいろと書き出してみた。

    私の設計事務所の原理原則とは何なのか、

    今の私は何をしていて、何ができていないのか。

     

    HPに事務所のコンセプトは書いているが、

    私の手帳には10年以上前から弁護士資格もいつか取るつもりで

    その文章には「法律」の文言も入っている。

     

    「建築と法律のプロフェッショナルとして、新たな価値観を提案する。」

     

    自分で考えた文章だが、改めて、その一語、一語を考えてみた。

    私は「建築と法律のプロフェッショナル」なのか。

    「新たな価値観」とは何なのか。

    「提案する」とは誰への提案なのか。

    根源的にそれらを私自身がどのように考え、

    日々の出来事に対してどのように実践しているのか等を思いつくまま書き出した。

    いろいろと考えた結果、

    今の私は結局、その掲げるコンセプトに対して、

    時間を大切に扱い、最大限の努力がまだ出来ていないという結論になった。

    そもそもまだ予備試験に合格できていない。

    基本設計、実施設計、確認申請、工事監理、

    それぞれの業務内容や注意すべきことも自分なりにまとめたのに、

    それが実行できていない。

    建築、法律を含めた多様な知識や価値観の幅が広がっていない。

    そして、何よりそれらの大前提となる、

    「時間」を大切にできていないことが問題だと思った。

     

    役所とのやり取りもこちらからすれば

    ちゃぶ台をひっくり返すようなことをされて、

    ただただ苛立っていたが、

    よくよく考えてみればこちらから詳しく丁寧にやり取りをしても、

    最後は相手方のルールに則って、ある意味、相手任せになっていたように思う。

    そうなると、相手のルールで相手の価値観に基づいた結論しか出てこないから、

    その結論に従わざるを得ない。

    当然、私の望む結論にならないことも出てくる。

    そうであれば、時間の無駄のないように私が相手を誘導し、

    私の望む対応を促すようにすれば良かったのだと思う。

    時間を何よりも重視するならそう考えれていなかった私に非がある。

    もちろん、そういったやり方をしてもいつもうまくいかないかもしれないが、

    その時間を無駄にする負担分は相手方に任せて、

    時間の無駄がないようなやり方を私はすれば良いだけだ。

     

    心の底から、建築と法律のプロフェッショナルとして、新たな価値観を提案したいなら、

    それに向けて最大限の努力ができるように、

    時間を大切に扱うことをしっかり頭を使って実践していかなければならない。

    スポンサーサイト

    2019.10.19 Saturday

    0
      コメント
      コメントする