令和元年司法試験予備試験短答式結果

2019.06.29 Saturday

0

    JUGEMテーマ:法律

    5月に受験した予備試験の短答式の結果が返ってきた。

    合格には予想通り遠く及ばず、点数も去年とほぼ同じだった。

     

    この短答式は、憲法、行政法、民法、商法、民事訴訟法、

    刑法、刑事訴訟法が各30点満点で、一般教養が60点満点の

    計270点満点で、合格ラインは6割の160点前後である。

    今回の試験結果で今までと大きく違うのは、

    試験直前に憲法から民事訴訟法までは基本書、過去問の見直しが出来たが、

    刑法、刑事訴訟法が間に合わなかったが、

    民法が26点、民事訴訟法が23点で過去最高点数で

    間に合わなかった刑法と刑事訴訟法は過去最低点数だった。

    言い換えるなら、勉強時間はわずかであったが、

    勉強できた所は点数が取れて、勉強できなかった所は点数が取れなかったという

    当たり前の結果を得ることができた。

    まぐれではない結果を得たということである。

    もう6回も受験してこの結果であるし、

    まだ最初の短答式でしかないが、

    少しずつ合格への道筋が開いてきているような感じがする。

     

    去年は年明けにようやく前年の予備試験問題の見直しに手を付けるような状態だったが、

    今年はすでに憲法は終わった。

    仕事状況的に忙しくなりそうだから油断するとすぐに年明けになるかもしれないが、

    わずかな時間を見つけて少しずつでも来年の予備試験に照準を合わせ、

    準備を始めていきたいと思う。

    何事も地道に、だ。

     

    スポンサーサイト

    2020.05.20 Wednesday

    0
      コメント
      コメントする