プロフェッショナル

2016.11.23 Wednesday

0

    JUGEMテーマ:人生論

    いつも見ているテレビ番組がある。

    TBSの「情熱大陸」やNHKの「プロフェッショナル」等である。

    やはりがんばっている人の姿を見ると、こちらも力がもらえるような気がする。

    ただ、私は建築設計を業とし、弁護士を目指して法律を勉強しているが、

    何故か建築家や弁護士の方よりは別の業種の方の回が非常に興味を持って見ている。

     

    先週、NHKの「プロフェッショナル」で鮮魚店店主の門川安秀さんという方の回だった。

    魚の一流の目利きの方で60歳を超え、なお魚についての知識を習得し、

    別業種である三ツ星レストランのシェフに業種は違えど負けたくないとおっしゃっていた。

    最後にこの方の思うプロフェッショナル像として

    「最初から最後まで手を抜かんことやろね、仕事に対して」

     

    私は心に残ったいろんなプロフェッショナルの思う

    プロフェッショナル像の発言を自分の手帳にメモし、

    たまに見返している。

    「完璧はありえないが、それを目指す人」

    「才能とは努力を継続できる力」

    「今の仕事が次の仕事に繋がること」

    「現状に満足せずもっと上を目指すこと」

    「諦めるスイッチは切ってしまうこと」…

    もっと素晴らしい言葉はたくさんあるが、

    上記はその一部である。

     

    私は今年の4月から自分の設計事務所を始めるにあたり、

    「建築のプロフェッショナルとして、新たな価値観を提案する」

    という目標を掲げ、HPにも記載する予定である。

    以前から考えていた目標だが、「プロフェッショナル」という言葉が

    曖昧な気がして何かもやもやしていた。

    だが、鮮魚店店主の門川安秀さんという方の回を見てふと思ったが、

    「プロフェッショナル」という言葉には一言で表すことができないぐらい

    いろんな意味、それこそ私自身の手帳にいくつも書いてきている

    プロフェッショナル像があるので、一言では片づけられないのが当然という

    ことが分かってもやもやがなくなったような気がした。

    改めて、「建築と法律のプロ」になりたいと強く思った。

     

    スポンサーサイト

    2020.05.20 Wednesday

    0
      コメント
      コメントする